812件中 41 - 50件表示
  • 浦敬一

    浦敬一から見た新疆新疆ウイグル自治区

    浦 敬一(うら けいいち、万延元年4月4日(1860年5月24日) - 1889年(明治22年)失踪)は明治時代の政治活動家、スパイ、大陸浪人。平戸藩出身。専修学校を卒業、大阪内外新報、長崎鎮西日報等で記者を務めた後、清に渡り、清国改造を唱える漢口楽善堂に参加、ロシア帝国の南下を防ぐため新疆偵察に向かい、消息を絶った。浦敬一 フレッシュアイペディアより)

  • 11月12日

    11月12日から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    1933年 - 現中国新疆ウイグル自治区、南西部のカシュガルで(第一次)東トルキスタン・イスラーム共和国独立宣言。11月12日 フレッシュアイペディアより)

  • 職貢図

    職貢図から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    高昌国(新疆ウイグル自治区・トルファン地区に存在したオアシス都市国家)職貢図 フレッシュアイペディアより)

  • ヤクブ・ベクの乱

    ヤクブ・ベクの乱から見た新疆新疆ウイグル自治区

    清朝政府は、1762年、天山山脈北部にイリ将軍府を設置し、旗人による軍政を敷いた。主にウイグル族の住むこの地域はイリ将軍統治下の回部として、藩部の一部となり、「ムスリムの土地」を意味する「回疆」もしくは「新しい土地」を意味する「新疆」と呼ばれた。一方、ムスリム社会の末端行政には、在地の有力者に官職を与え、自治を行わせる「ベグ官人制」が敷かれ、在地の社会構造がそのまま温存された。このベグ官人制は1884年の新疆省まで存続した。こうしたベグ制度の復活については、「柔構造的支配」の現れとして、清朝が満洲人による政府であり、漢化しながらも漢民族ではない「異民族」として自らを意識したうえで、チベット・モンゴル・ウイグル(新疆) との間に「多重文明圏」を形成し、華夷秩序に基づく支配構造ではなく、むしろ対等な文明共存関係であり、「柔構造」を有していたもされる。ヤクブ・ベクの乱 フレッシュアイペディアより)

  • カザフ

    カザフから見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    カザフ(, , , )は、中央アジア西北部のカザフステップに広がって居住するテュルク系民族。カザフスタンにおよそ800万人が住んで同国人口の半数を占める他、中国の新疆ウイグル自治区北西部に約130万人が住む。新疆では哈薩克族(ハザク族、カザフ族)と呼ばれ、中国の55少数民族のひとつに数えられており、イリ・カザフ自治州はカザフ人の自治州となっている。その他、アクサイ・カザフ族自治県、バルクル・カザフ自治県、モリ・カザフ自治県といった自治県が存在する。モンゴルでは最西部のアルタイ山脈周辺に分布し、バヤン・ウルギー県はカザフ人の自治州となっている。カザフ フレッシュアイペディアより)

  • 小島康誉

    小島康誉から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    愛知県名古屋市出身。佛教大学文学部仏教学科卒業。佛教大学客員教授。佛教大学ニヤ遺跡学術研究機構代表。新疆ウイグル自治区政府顧問。小島康誉 フレッシュアイペディアより)

  • カザフ語アルファベット

    カザフ語アルファベットから見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    1965年には中国政府が新疆ウイグル自治区のカザフ人のために拼音を基としたラテン文字表記が公式に採用された。1982年に廃止され、アラビア文字表記に移行した。カザフ語アルファベット フレッシュアイペディアより)

  • グルジャ市

    グルジャ市から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    グルジャ市(グルジャし)は、中央アジアの中央部のイリ地方の中心にある市。現在中華人民共和国が統治しており、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州に所属する県級市である。中国語での名称は伊寧市(イーニンし)、ウイグル語での名称はグルジャ、カザフ語での名称はクルジャ。また、イリ地方の中心でもあるため、話し言葉でイリと呼称されることも多い。グルジャ市 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    タクラマカン砂漠(中国西部 新疆黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 中国のナンバープレート

    中国のナンバープレートから見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    例:鄂A 12345(湖北省武漢市)、新A 1P234(新疆ウイグル自治区ウルムチ)、 浙B AB987(浙江省寧波市)中国のナンバープレート フレッシュアイペディアより)

812件中 41 - 50件表示

「新疆ウイグル自治区」のニューストピックワード