586件中 81 - 90件表示
  • カルピン県

    カルピン県から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    カルピン県(?けん)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区アクス地区に位置する県。カルピン県 フレッシュアイペディアより)

  • 鎮西

    鎮西から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    鎮西県 - 新疆ウイグル自治区にかつて存在した県。鎮西 フレッシュアイペディアより)

  • イリ地方

    イリ地方から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    現在、イリ河の上流部(東部)は中国領(新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州)、下流部(西部)はカザフスタン領(アルマトイ州)となっている。イリ地方 フレッシュアイペディアより)

  • チャパル

    チャパルから見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    しかし、オロスとチャパルの争いは時を経るに従ってオゴデイ家の分裂を促進させ、そこにドゥアのチャガタイ家と、懐寧王カイシャン率いる元のモンゴル高原駐留軍が介入した。オゴデイ家の本拠地ジュンガリア(現在の新疆ウイグル自治区北部)は西のイリ川渓谷地方を本拠地とするドゥアの軍と東のアルタイ山脈を越えて侵入してきたカイシャンの軍によって挟み撃ちされる形勢になり、1306年にカイシャン軍がジュンガリアを平定した。これにより、旧オゴデイ家領の遊牧民はドゥアの保護下に入り、いまや邪魔者としてドゥアに追われる身となったチャパルは1310年ついに元に投降した。このころ大元ウルルの皇帝となっていたカイシャンはチャパルの来帰を喜び、曽祖父クビライの時代に中国内のカイドゥの領地として設定されていた河南省南部の地を授け、汝南に住まわせた。チャパル フレッシュアイペディアより)

  • 西北科学考査団

    西北科学考査団から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    西北科学考査団(せいほくかがくこうさだん、英:The Sino-Swedish Expedition、スウェーデン語:Svensk-kinesiska expedition)とは、1927年-1935年に、中国西北方の新疆省や寧夏省を調査探検した学術調査隊のことである。通称「中国=スウェーデン遠征隊」。中国側では「中国科学協会連盟下の北西中国への科学使節」。西北科学考査団 フレッシュアイペディアより)

  • 車師

    車師から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    車師国は現在の中華人民共和国新疆ウイグル自治区トルファン地区に存在したオアシス都市国家で、その王都(前王国)は交河城といった。交河城は現在、交河故城と呼ばれ、その遺跡が残っている。交河故城はトルファンの市街から西へ約10km、トルファン盆地の西端にある。東西は最大が330m、南北約1600m、東西を2つの河に挟まれた台地上にあり、天然の要塞となっている。車師 フレッシュアイペディアより)

  • 莎車

    莎車から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    莎車(呉音:しゃしゃ、漢音:さしゃ、拼音:Shāchē)は、中国(東トルキスタン)にかつて存在したオアシス都市国家。現在の中華人民共和国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヤルカンド県にあたり、タリム盆地の西に位置する。一時期はタリム盆地一帯を支配したこともあった。莎車 フレッシュアイペディアより)

  • 包子

    包子から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    江蘇省、浙江省、上海市で話される呉語の多くは中身のある包子と無いものを区別せずに「饅頭」と称するので、「肉饅頭」や「豆沙心饅頭」などと称する包子がある。新疆ウイグル自治区のウイグル料理でもマンタ(饅頭)と称する。包子 フレッシュアイペディアより)

  • クムトラ石窟

    クムトラ石窟から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    クムトラ石窟(クムトラせっくつ、中国語:、Kùmùtŭlā Shíkū)は、中華人民共和国新疆ウイグル()自治区アクス()地区クチャ()県にある仏教石窟寺院の遺跡群。現在は112の石窟が確認されており、中華人民共和国全国重点文物保護単位の一つに指定されている。クムトラ千仏洞とも呼ばれる。クムトラ石窟 フレッシュアイペディアより)

  • ハミ駅

    ハミ駅から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    ハミ駅(ハミえき・哈密駅)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区クムル地区クムル市天山北路に位置する中国国鉄ウルムチ鉄路局が管轄する駅である。ハミ駅 フレッシュアイペディアより)

586件中 81 - 90件表示

「新疆ウイグル自治区」のニューストピックワード