前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
131件中 1 - 10件表示
  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た胡錦濤

    2009年にはウイグル人の暴動が発生。 主要国首脳会議(ラクイラ・サミット)に参加するためにイタリアを訪問していた胡錦濤(中国共産党総書記)が「新疆ウイグル自治区の情勢」を理由にサミットをキャンセルして三日後に急遽帰国するにまでに至った。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た油田

    新疆は石油と天然ガスの埋蔵量が豊富で、これまでに38カ所の油田、天然ガス田が発見されている。新疆の油田としては塔里木(タリム)油田、準?爾(ジュンガル)油田、吐哈(トゥハ)油田が3大油田とされ、独山子(トゥーシャンツー)、烏魯木斉(ウルムチ)、克拉瑪依(クラマイ)、庫車(クチャ)、塔里木の5大精油工場で原油精製も行われている。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た青海省

    新疆ウイグル自治区は中国の最西部に位置しており、東部から南部にかけて、それぞれ甘粛省、青海省、西蔵自治区と省界を接している。また、インド、パキスタン、アフガニスタン、タジキスタン、キルギス、カザフスタン、ロシア連邦、モンゴル国の8カ国と国境を接し、国境線の総延長は約5,700kmに達する。国境を接する国の数は、中国の行政区分で最大である。ユーラシア大陸の到達不能極に位置する。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た主要国首脳会議

    2009年にはウイグル人の暴動が発生。 主要国首脳会議(ラクイラ・サミット)に参加するためにイタリアを訪問していた胡錦濤(中国共産党総書記)が「新疆ウイグル自治区の情勢」を理由にサミットをキャンセルして三日後に急遽帰国するにまでに至った。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た中国

    その一方で、中国から西域と呼ばれたこの地域は中国との政治的・経済的な繋がりも古くから有しており、漢代と唐代には、中国の直接支配下に置かれた時期もあった。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た唐太宗

    唐太宗貞観十四年(640年)、唐軍が高昌を占領し、西州を設置した。また可汗浮図城において庭州を設置した。同じ年、高昌で安西都護府を設置。後庫車へ遷し、安西大都護府へ転換。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た隋煬帝

    隋煬帝大業五年(609年)、楊広が自ら隋軍を指揮して吐谷渾を征服、今の新疆南東部を実効支配し始めた。中原王朝が西域の実効支配もその時期から始めた。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た中国共産党

    大躍進政策とその影響による飢饉のため、中国全土で数千万人ともいわれる、大規模な死者を出した。自治区の経済及び住民生活も大打撃を受けた。1962年には、中国共産党による支配に絶望した国境地帯の住民7万人以上がソ連領内に逃亡した。また、1966年には自治区内に文化大革命が波及。こと文革にかんしては、少数民族を多く抱える同自治区の闘争は中国の他地域と比較してある程度は抑制されていたというが、それでも一部で行なわれたモスクの破壊や紅衛兵同士の武装闘争により、混乱に拍車がかかった。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た上海市

    更には、面積が広大なことから航空への依存度が高まり、烏魯木斉の空港を中心として十数の自治区内の主要地を結ぶ航空網が整備されていった。その為、今日の烏魯木斉空港は、北京、上海、広州の空港とともに、中国5大空港の一つに数えられる程の拠点空港となっている。また西アジア、アフリカ、ヨーロッパとの国際線が発着することから、中国西北地域の玄関口としての役割をはたしている。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た生体認証

    文化大革命が終結し、言論統制の緩和がなされた1980年代には、ウイグル族住民の中で、新疆ウイグル自治区における民族自治の拡大を求める動きが見られた。また、国外の汎トルコ主義者が独立を主張する動きも見られた。しかし、このような動きを中国政府は厳しく取り締まっている。2001年のアメリカ同時多発テロ以降、世界的な反テロ・反イスラム的な潮流が強まったことや、経済発展を遂げた中国本土から同自治区への漢民族移民が増えたことで、民族問題と当局による弾圧はともに深刻化の一途を辿っている。特に2016年に、前チベット自治区党委書記のが新疆ウイグル自治区の党委書記に着任して以降、新疆ウイグル自治区は中国全土への導入も見据えて全車両にGPS追跡装置の設置を義務付け、顔・目・指紋・DNA・声紋などあらゆる生体認証を駆使した「完全監視社会」の実験場と化してると欧米メディアや人権団体は報じてる。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
131件中 1 - 10件表示

「新疆ウイグル自治区」のニューストピックワード