前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
141件中 1 - 10件表示
  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た胡錦濤

    2009年にはウイグル人と漢民族の対立が激化し、ウイグル騒乱が発生。武装警察の介入もあって、世界ウイグル会議によると死者800人、中国当局によると死者156人となる惨事となった。これにより中国は報道規制をし、また主要国首脳会議(ラクイラ・サミット)に参加するためにイタリアを訪問していた胡錦濤(中国国家主席)が「新疆ウイグル自治区の情勢」を理由にサミットをキャンセルして三日後に急遽帰国するにまでに至った。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た青海省

    新疆ウイグル自治区は中国の最西部に位置しており、東部から南部にかけて、それぞれ甘粛省、青海省、西蔵自治区と省界を接している。また、インド、パキスタン、アフガニスタン、タジキスタン、キルギス、カザフスタン、ロシア連邦、モンゴル国の8カ国と国境を接し、国境線の総延長は約5,700kmに達する。国境を接する国の数は、中国の行政区分で最大である。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た油田

    新疆は石油と天然ガスの埋蔵量が豊富で、これまでに38カ所の油田、天然ガス田が発見されている。新疆の油田としては塔里木(タリム)油田、準葛爾(ジュンガル)油田、吐哈(トゥハ)油田が3大油田とされ、独山子(トゥーシャンツー)、烏魯木斉(ウルムチ)、克拉瑪依(クラマイ)、庫車(クチャ)、塔里木の5大精油工場で原油精製も行われている。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た高田純 (物理学者)

    新疆ウイグル自治区ではロプノール核実験場の付近を中心に、1964年から46回の中国による核実験が行われており、放射能汚染による地域住民の健康状態や、農作物への被害が指摘されている。高田純は同地域の調査をし、19万人が死亡しており、健康被害者は129万人と推計している。また、ウイグル人の医師は、中国政府はこの地域における放射能汚染や後遺症の存在を認めないどころか、海外の医療団体などの調査を立ち入ることも規制しており、すべてが隠蔽されていると訴えている。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見たチベット

    一部の運動組織は、新疆の中国からの分離独立を主張しており、新疆はチベットと並んで、中国の抱える民族問題のホットスポットの一つとなっている。9.11同時多発テロ事件以降は中国当局の治安体制強化もあって、中国国内では目立った騒擾事件は発生していないが、信頼できる情報源が少ないため、新疆の実情は必ずしも明らかになっているとはいえない。国外の民族運動組織は、中国政府による人権侵害事案をたびたび取り上げている。また東トルキスタンイスラム運動などといった組織が独立運動を唱えている(詳細はリンク先を参照)。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た中国人民武装警察部隊

    ※人民解放軍、武装警察に所属する軍人、および新疆生産建設兵団は含まない。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見たブドウ

    第一次産業としては、小麦、綿花、テンサイ、ブドウ、ハミウリ、ヒツジ、イリ馬などが主要な生産物となっている。特にこの地域で生産される新疆綿といわれる綿は、エジプト綿(ギザ綿)、スーピマ綿と並んで世界三大高級コットンと呼ばれ、繊維が長く、光沢があり高級品とされており、日米欧に輸出され高級シャツ、高級シーツなどに利用される。また、中国四大宝石の中で最高とされる和田玉はホータン市で産出される。この他、石油と天然ガスなどのエネルギー資源産業をはじめ、鉄鋼、化学、機械、毛織物、皮革工業が発達している。主要な工業地域として烏魯木斉、克拉瑪依、石河子(シーホーツ)、伊寧(イーニン)、喀什(カシュガル)が挙げられる。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た主要国首脳会議

    2009年にはウイグル人と漢民族の対立が激化し、ウイグル騒乱が発生。武装警察の介入もあって、世界ウイグル会議によると死者800人、中国当局によると死者156人となる惨事となった。これにより中国は報道規制をし、また主要国首脳会議(ラクイラ・サミット)に参加するためにイタリアを訪問していた胡錦濤(中国国家主席)が「新疆ウイグル自治区の情勢」を理由にサミットをキャンセルして三日後に急遽帰国するにまでに至った。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た上海市

    更には、面積が広大なことから航空への依存度が高まり、烏魯木斉の空港を中心として十数の自治区内の主要地を結ぶ航空網が整備されていった。その為、今日の烏魯木斉空港は、北京、上海、広州の空港とともに、中国5大空港の一つに数えられる程の拠点空港となっている。また西アジア、アフリカ、ヨーロッパとの国際線が発着することから、中国西北地域の玄関口としての役割をはたしている。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見たアメリカ同時多発テロ事件

    一部の運動組織は、新疆の中国からの分離独立を主張しており、新疆はチベットと並んで、中国の抱える民族問題のホットスポットの一つとなっている。9.11同時多発テロ事件以降は中国当局の治安体制強化もあって、中国国内では目立った騒擾事件は発生していないが、信頼できる情報源が少ないため、新疆の実情は必ずしも明らかになっているとはいえない。国外の民族運動組織は、中国政府による人権侵害事案をたびたび取り上げている。また東トルキスタンイスラム運動などといった組織が独立運動を唱えている(詳細はリンク先を参照)。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
141件中 1 - 10件表示

「新疆ウイグル自治区」のニューストピックワード