141件中 91 - 100件表示
  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見たアクス市

    アクス地区(阿克蘇地区) - 首府:アクス市(阿克蘇市)新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た広州市

    更には、面積が広大なことから航空への依存度が高まり、烏魯木斉の空港を中心として十数の自治区内の主要地を結ぶ航空網が整備されていった。その為、今日の烏魯木斉空港は、北京、上海、広州の空港とともに、中国5大空港の一つに数えられる程の拠点空港となっている。また西アジア、アフリカ、ヨーロッパとの国際線が発着することから、中国西北地域の玄関口としての役割をはたしている。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見たパキスタン

    新疆ウイグル自治区は中国の最西部に位置しており、東部から南部にかけて、それぞれ甘粛省、青海省、西蔵自治区と省界を接している。また、インド、パキスタン、アフガニスタン、タジキスタン、キルギス、カザフスタン、ロシア連邦、モンゴル国の8カ国と国境を接し、国境線の総延長は約5,700kmに達する。国境を接する国の数は、中国の行政区分で最大である。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見たコルラ市

    バインゴリン・モンゴル(本来はオイラト族)自治州(巴音郭楞蒙古自治州) - 州都:コルラ市(庫爾勒市)新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見たゴビ砂漠

    タクラマカン砂漠やゴビ砂漠(中国北部 内モンゴル・甘粛・寧夏・陝西)、黄土高原などにおける砂漠などは、黄砂の発生地でもあり、黄砂は日本にも飛来している。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た過放牧

    新疆ウイグル自治区には、タクラマカン砂漠があるが、近年、過放牧によって草原が荒れて、砂漠化が進行している。その理由は、タリム盆地周縁のオアシス人口の急激な人口増加によるとされる。漢族の急激な入植による人口増加が主な原因とされる。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た黄土高原

    タクラマカン砂漠やゴビ砂漠(中国北部 内モンゴル・甘粛・寧夏・陝西)、黄土高原などにおける砂漠などは、黄砂の発生地でもあり、黄砂は日本にも飛来している。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見たドル

    2005年発表の政府工作報告によれば、新疆の2004年の全省生産総額(GDP)は、対前年比11.4%増の2,203億人民元である。また同年の外資導入額は2億米ドルとされている。エネルギー資源の影響でウルムチは一人当たりのGDPが43221元という内陸部の割にはGDPが高く、2020年には10000ドル以上は超える可能性がある。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た中華民国

    辛亥革命の後、清朝の版図を引き継いだ中華民国に属しながらも、漢民族の省主席によって半独立的な領域支配が行われた。これに対して1933年と1944年の二度にわたって土着のムスリム(イスラム教徒)によって民族国家東トルキスタン共和国の建国がはかられたが、国共内戦後の1949年に再び共産党支配下の中国に統一され、1955年に新疆ウイグル自治区が設置された。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見たウルムチ地窩堡国際空港

    更には、面積が広大なことから航空への依存度が高まり、烏魯木斉の空港を中心として十数の自治区内の主要地を結ぶ航空網が整備されていった。その為、今日の烏魯木斉空港は、北京、上海、広州の空港とともに、中国5大空港の一つに数えられる程の拠点空港となっている。また西アジア、アフリカ、ヨーロッパとの国際線が発着することから、中国西北地域の玄関口としての役割をはたしている。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

141件中 91 - 100件表示

「新疆ウイグル自治区」のニューストピックワード