131件中 71 - 80件表示
  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た過放牧

    新疆ウイグル自治区には、タクラマカン砂漠があるが、近年、過放牧によって草原が荒れて、砂漠化が進行している。その理由は、タリム盆地周縁のオアシス人口の急激な人口増加によるとされる。漢族の急激な入植による人口増加が主な原因とされる。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た民族

    自治区内の住民はウイグル族、漢族のほか、カザフ族、回族、キルギス族、オイラト族(カルムイク族)(民族区分ではモンゴル族)などの様々な民族で構成される。また、カザフ族、キルギス族、タジク族、ウズベク族など、隣接する旧ソ連領中央アジア諸国と国境を跨って居住する民族も少なくない。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た中華人民共和国の行政区分

    新疆ウイグル自治区(新疆維吾爾自治区)(しんきょうウイグルじちく)( / )は、中華人民共和国の西端にある自治区である。1955年に設立され、首府はウルムチである。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見たウイグル

    民族構成はウイグル族のほか、漢族、カザフ族、キルギス族、モンゴル族(本来はオイラト族である)などさまざまな民族が居住する多民族地域であり、自治州、自治県など、様々なレベルの民族自治区画が置かれている。中華民国時代には、1912年から新疆省という行政区分が置かれていた。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た甘家口

    北京の新疆村(甘家口、魏公村)新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た阿拉山口駅

    1962年には蘭州と烏魯木斉を結ぶ鉄道の蘭新線が開通し、1990年には阿拉山口への延伸によってカザフスタンの鉄道に接続されたことで、中国各省と中央アジアを結ぶ鉄道の大動脈が通ることとなった。また、1999年にはコルラ-カシュガル間の南疆線も完成し、自治区最西端すなわち中国最西端までの鉄道が開通した。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見たテンサイ

    第一次産業としては、小麦、綿花、テンサイ、ブドウ、ハミウリ、ヒツジ、イリ馬などが主要な生産物となっている。特にこの地域で生産される新疆綿といわれる綿は、エジプト綿(ギザ綿)、スーピマ綿と並んで世界三大高級コットンと呼ばれ、繊維が長く光沢があり高級品とされており、日米欧に輸出され高級シャツ、高級シーツなどに利用される。また、中国四大宝石の中で最高とされる和田玉はホータン市で産出される。この他、石油と天然ガスなどのエネルギー資源産業をはじめ、鉄鋼、化学、機械、毛織物、皮革工業が発達している。主要な工業地域として烏魯木斉、克拉瑪依、石河子(シーホーツ)、伊寧(イーニン)、喀什(カシュガル)が挙げられる。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見たヤクブ・ベクの乱

    1775年以降、清のジュンガル征服(清・ジュンガル戦争)にともなってその支配下に入るに至り、「ムスリムの土地」を意味するホイセ・ジェチェン(Hoise jecen、回疆)、「新しい領土」を意味するイチェ・ジェチェン(Ice jecen、新疆)などと清朝側から呼ばれた。19世紀には各地で反清反乱が相継ぎ、ヤクブ・ベクの乱によって清朝の支配は崩れたが、左宗棠により再征服され、1884年に中国内地並の省制がひかれて新疆省となった。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た

    その一方で、中国から西域と呼ばれたこの地域は中国との政治的・経済的な繋がりも古くから有しており、代と唐代には、中国の直接支配下に置かれた時期もあった。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区から見た吐谷渾

    隋煬帝大業五年(609年)、楊広が自ら隋軍を指揮して吐谷渾を征服、今の新疆南東部を実効支配し始めた。中原王朝が西域の実効支配もその時期から始めた。新疆ウイグル自治区 フレッシュアイペディアより)

131件中 71 - 80件表示

「新疆ウイグル自治区」のニューストピックワード