前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
209件中 1 - 10件表示
  • 方向指示器

    方向指示器から見た日本車日本車

    1960年代、特にアメリカでは道路交通の過密化、高速化が進み、自車と周囲の安全を確保するため、より多くの情報を伝達する必要が生じた。そのため、方向指示器は、その全て(前後、左右)を同時に点滅させることで停車中であることを知らせるハザードランプとしての機能も併せ持つようになった。日本車でも輸出向けから採用が始まり、全車に普及していった。方向指示器 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー

    ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーから見た日本車日本車

    1993年 - 日産・マイクラ(日本名マーチ) - 日本車初の受賞ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ車

    アメリカ車から見た日本車日本車

    しかし、1970年代初頭のオイルショックによるガソリン高騰と排気ガス規制により、アメリカが得意としていたタフでパワーのある大排気量エンジンを積んだの大きな車(いわゆる大型車)には厳しい時代となり、世情に合わせてコンパクト化・省エネ化を目指すも、1970年代の終わりから1980年代初頭にかけて、この分野を得意とする日本車やドイツ車をはじめとする欧州勢にシェアを侵食されていった。アメリカ車 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・ブレビス

    トヨタ・ブレビスから見た日本車日本車

    標準ないしオプション装備としてはエレクトロマルチビジョン、NAVI・AI-SHIFT制御付カーナビゲーション、レーダー/定速クルーズコントロール、高性能オーディオ、本革シート、ムーンルーフ、電動シート・ランバーサポート、電動リヤサンシェード、ブラインドコーナーモニター、ディスチャージヘッドランプ、ヒーター付レインクリアリングミラー、フルコンシールドワイパー、室内イルミネーションほか、乗用車では世界初となる純正5.1ch対応のDVDシステム(「ブレビス・スーパーライブサウンドシステム」・8スピーカー)や、ドライバーに合わせシート前後上下やステアリング位置のみならず、両ペダルの前後位置(「パワーアジャスタブルペダル」・70mm可動)まで設定できる「パーソナルドライビングポジションシステム」などクラスを超えた先進のものを採用していた。特に「パワーアジャスタブルペダル」は日本車のみならず世界的にも珍しい装備である。トヨタ・ブレビス フレッシュアイペディアより)

  • 窃盗団

    窃盗団から見た日本車日本車

    いわゆるイタリア・ドイツ・アメリカ車などのうち高級ブランドの自動車が盗まれる例が多いが、日本車でも高級車やスポーツカーの高級モデルが盗まれ、おもに日本と同じ左側通行の国々へ輸出される例が報告されている。窃盗団 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国車

    韓国車から見た日本車日本車

    韓国車(かんこくしゃ)とは、韓国を拠点とする自動車メーカーが生産・販売している自動車である。また、韓国外資本の傘下であっても韓国で製造される自動車、もしくは韓国を拠点とするブランドが冠されている自動車であれば通常は「韓国車」として扱われる。いわゆる「アジアンカー」(日本車は別枠)の範疇に入る。韓国車 フレッシュアイペディアより)

  • サターン (自動車)

    サターン (自動車)から見た日本車日本車

    燃費も信頼性も低いことから、オイルショック以降日本車に自国市場を侵食されていたゼネラルモーターズは、挽回策として新ブランドである「サターン」を1985年に設立し、35億ドルの投資を行い、南部テネシー州、スプリングヒルに工場を新設した。この工場建設に当たっては敷地内にあった木を別の場所に植え替えるなど環境保護に最大限配慮した。名称はアポロ計画で使用されたロケットに由来する。サターン (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • エドセル

    エドセルから見た日本車日本車

    ちなみに、1958年の一時的な不況を受けて販売が急伸したとされるフォルクスワーゲン・タイプ1は1958年式の希望小売価格(MSRP)が$1,545、同年に日本より初めて北米輸出が始まった日本車の一つであるダットサン・1000は1958年式のMSRPが$1,606だった。当時のアメリカ車にはこのような小型小排気量の輸入車に対抗するコンパクトカーが各社のラインナップに存在しなかった。アメリカ車においてこの状況が解消されるのは、AMCの(1958年)、(1959年)、そしてビッグスリーが先達の車両を十分リサーチした上で1960年に相次いで北米市場に投入したプリムス・ヴァリアント、シボレー・コルヴェア、を待たねばならなかった。いずれの車両もベースモデルのエンジンを直列6気筒や水平対向6気筒までランクダウンさせる事で2,000米ドルを切る低価格を実現しており、エンジン性能で劣る日本車や欧州車、燃費や小回りで劣るV型8気筒のフルサイズ米国車にとって強力な対抗馬となった。エドセル フレッシュアイペディアより)

  • オートマチックトランスミッションフルード

    オートマチックトランスミッションフルードから見た日本車日本車

    ATFは変速機を持つ乗り物や自動車に用いられるオイルの一種であり、ギアオイルの一種ともいえる液体であるが、下記のような差異も見られる。ATFはエンジンオイルとの区別のために赤色、もしくは緑色、あるいは青色に着色される。ほとんどの乗り物ではATFの容量判定はエンジンが始動中にオイルレベルゲージをチェックすることで行われる。ATFはエンジンオイルと比較しても使用量が非常に多く、一般的な日本車のエンジンオイルが 2 - 4 L の容量に対して、ATFは 6 - 10 L 前後にまで達する。オートマチックトランスミッションフルード フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プログレ

    トヨタ・プログレから見た日本車日本車

    品質はクラウン以上のセルシオ品質と謳われ、全車塗装は全色5層コート、吸音材を多用(静粛性向上)、装備もレーダークルーズコントロール、本革シート、高性能オーディオ等が用意され、カーテンエアバッグやNAVI・AI-SHIFTは日本車では初搭載となるなど、当時の最新のテクノロジーも盛り込まれていた。特筆に価する点として、NC300・NC250ともに本木目のパネル・ドアトリム・コンビステアリングホイール・シフトレバーノブ・ウィンカー/ワイパーレバーノブを有す「ウォールナットパッケージ」(2004年4月まではさらに本木目柄の異なる「ノーブルインテリアパッケージ」を用意)のオプションが用意されている(1998年当時、本木目の内装を持ち一般販売されていたトヨタ車はセンチュリーとセルシオのみであり、クラウンはもとより2/3代目クラウンマジェスタでさえ全車木目調である)。トヨタ・プログレ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
209件中 1 - 10件表示

「新車販売台数」のニューストピックワード