前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
141件中 1 - 10件表示
  • レクサス

    レクサスから見た日本車日本車

    レクサスは、1989年よりアメリカ合衆国内で展開が開始されたトヨタ自動車の高級車ブランドである。日本の自動車メーカーによる高級車ブランドとしては、1986年よりホンダの「アキュラ」が、1989年より日産の「インフィニティ」が同様に北米市場を中心に展開している。レクサス フレッシュアイペディアより)

  • 窃盗団

    窃盗団から見た日本車日本車

    いわゆるイタリア・ドイツ・アメリカ車などのうち高級ブランドの自動車が盗まれる例が多いが、日本車でも高級車やスポーツカーの高級モデルが盗まれ、おもに日本と同じ左側通行の国々へ輸出される例が報告されている。窃盗団 フレッシュアイペディアより)

  • メーカー保証

    メーカー保証から見た日本車日本車

    一般的に有効期間は多くの国産車・輸入車は3年もしくは6万キロ(一般保証)であるが、重要部品(走る・曲がる・止まる・電子制御装置・乗員保護装置)については5年もしくは10万キロ以内(特別保証)に設定しているメーカーが多い。メーカー保証 フレッシュアイペディアより)

  • オートマチックトランスミッションフルード

    オートマチックトランスミッションフルードから見た日本車日本車

    ATFは変速機を持つ乗り物や自動車に用いられるオイルの一種であり、ギアオイルの一種ともいえる液体であるが、下記のような差異も見られる。ATFはエンジンオイルとの区別のために赤色、もしくはは緑色に着色される。ほとんどの乗り物ではATFの容量判定はエンジンが始動中にオイルレベルゲージをチェックすることで行われる。ATFはエンジンオイルと比較しても使用量が非常に多く、一般的な日本車のエンジンオイルが2-4リットルの容量に対して、ATFは6-10L前後にまで達する。オートマチックトランスミッションフルード フレッシュアイペディアより)

  • 輸入車 (日本)

    輸入車 (日本)から見た日本車日本車

    日本では、1965年に自動車の輸入が自由化された。以後、年間の新規登録台数は数万台規模で推移していたが、1980年代後半から急激に増加した。1996年、史上最高となる42万7525台でピークを迎えたが、2年後の1998年には27万5869台まで減少した。以後は日本車(国産車)と同様、ゆるやかな減少傾向となっている。2006年の新規登録台数は26万2274台であり、乗用車販売に占める輸入車のシェアは7.9%であった(以上、日本自動車輸入組合統計資料)。輸入車 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 韓国車

    韓国車から見た日本車日本車

    韓国車(かんこくしゃ)とは、韓国を拠点とする自動車メーカーが生産・販売している自動車である。また、韓国外資本の傘下であっても韓国で製造される自動車、若しくは韓国を拠点とするブランドが冠されている自動車であれば通常は「韓国車」として扱われる。所謂「アジアンカー」(日本車は別枠)の範疇に入る。韓国車 フレッシュアイペディアより)

  • 方向指示器

    方向指示器から見た日本車日本車

    1960年代、特にアメリカでは道路交通の過密化、高速化が進み、自車と周囲の安全を確保するため、より多くの情報を伝達する必要が生じた。そのため、方向指示器は、その全て(前後、左右)を同時に点滅させることで停車中であることを知らせるハザードランプとしての機能も併せ持つようになった。日本車でも輸出向けから採用が始まり、全車に普及していった。方向指示器 フレッシュアイペディアより)

  • シフトレバーの配置

    シフトレバーの配置から見た日本車日本車

    日本車では、古くはドグクラッチ式変速機を採用していたホンダ・N360の例のみであったが、2000年代以降は欧州向けとレイアウトを共通化した車種から普及が始まり、キャブオーバータイプの商用車にも広まっている。7代目 ホンダ・シビックに端を発し、現行型のマツダ・デミオ、トヨタ・ハイエース、三菱ふそう・キャンター、日産・NV200バネット、日産・NV350キャラバン、ダイハツ・ハイゼットカーゴ、スズキ・エブリイなどではMTのシフトレバー、ATのセレクターともにインパネシフトとなっている。シフトレバーの配置 フレッシュアイペディアより)

  • 国産車

    国産車から見た日本車日本車

    国産車 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺慎太郎

    渡辺慎太郎から見た日本車日本車

    雑誌「ル・ボラン」時代に福野の連載を担当したことが始まりである。渡辺が福野へ原稿の依頼をし、当初は断られるも、何度も頼み込んでようやく了解をとりつけたという。日本車のデザインに的を絞ったエッセイ「どうして日本車はカッコ悪いのか」、1台のクルマを深く掘り下げる評論「Deep Investigation」を担当。その頃、福野より部品メーカーを取材する企画が提案されたが福野自ら「この企画はCAR GRAPHIC誌(CG)じゃなきゃ無理。だから慎太郎がCGへ行け」とボツになった。渡辺慎太郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
141件中 1 - 10件表示

「新車販売台数」のニューストピックワード

  • Fujitsu Greenhouse Technology Finland Oy

  • 戦国の神刃姫X(センゴクブレイドルエックス)

  • 戦友ポイントキャンペーン