141件中 91 - 100件表示
  • 日本とインドネシアの関係

    日本とインドネシアの関係から見た日本車日本車

    1970年代、日本の製造業者、そのなかでも特に電機部門、はインドネシアに工場の建設を開始し、このことは新しい日本人移民、主に日本企業の管理者や技術者、の波を奨励した。日本の自動車業界もまた、インドネシア市場への展開を開始し、現在、日本の自動車業界はインドネシア市場で最大の割合を占めている。同時に、日本の消費者製品もインドネシア市場への展開を始めた。日本とインドネシアの関係 フレッシュアイペディアより)

  • 水平対向2気筒

    水平対向2気筒から見た日本車日本車

    日本車においてはトヨタ・パブリカやトヨタ・スポーツ800、トヨタ・ミニエース、コニー・360に搭載された空冷水平対向2気筒が代表例である。水平対向2気筒 フレッシュアイペディアより)

  • ノンシンクロトランスミッション

    ノンシンクロトランスミッションから見た日本車日本車

    1929年、キャデラックのアール・A・トンプソンによって、自動車の変速機のシンクロナイザー機構(シンクロメッシュ)が発明され、日本車でも1936年のトヨダ・AA型乗用車に採用されるなど世界中の自動車に広まっていった。この機構は変速ギア自体は常に噛み合った状態(コンスタントメッシュ、constant-mesh)でインプットシャフトと共に回りつづけており、車軸に繋がっているメインシャフト(アウトプットシャフト)への回転の伝達を、変速ギア側面にドグクラッチを噛み込ませることで制御していた。当時のシステムは現在でいうところのドグミッションをベースに、ドグクラッチとシフトフォークの間に真鍮製リングを追加して、リングの摩擦抵抗によってインプットシャフトの回転数を加減速させてメインシャフトと同調させるものであり、コーンとスリーブを用いたより近代的なシンクロメッシュは、1952年のポルシェ・356のポルシェシンクロの登場を待たねばならなかった。しかしながらこれ以降、自動車の主要な変速機の分類はオートマチック、マニュアル、そしてノンシンクロトランスミッションの3種類に明確に分割されるようになった。これらの分類は一部の内燃機関車やハイブリッドカー、或いは電気自動車に搭載される無段変速機の登場により更に細分化されるようになった。乗り物の開発の際にはこれらの変速機の中から動力を最も効率よく伝達するために、そして車両総重量とエンジンパワーに見合った耐久性を有する意味でも最適な構造のものが選定される事になる。ノンシンクロトランスミッション フレッシュアイペディアより)

  • サスペンション

    サスペンションから見た日本車日本車

    キャブオーバー型の大型貨物自動車のなかには、車軸のサスペンション以外にフレームとキャビンの間に緩衝装置を設けるキャブサスペンションを持つ物が多い。日本製トラックでは1981年に日野自動車製の車両で初めて導入された。サスペンション フレッシュアイペディアより)

  • 2ストローク機関

    2ストローク機関から見た日本車日本車

    1970年代まではヨーロッパの小型車や日本の軽自動車を中心に2ストロークエンジンが数多く存在したが、排出ガスの規制強化を機に大幅に減少した。本格的な4輪自動車では、1990年代初頭に東ドイツのトラバントが製造終了されたことでほぼ絶滅したと言える。それ以降も東南アジアでは三輪タクシーなどには採用例があるが、欧州車、日本車共に、2007年現在、2ストロークエンジン搭載の四輪車は製造されていない。2ストローク機関 フレッシュアイペディアより)

  • レクサス・LS

    レクサス・LSから見た日本車日本車

    従前、北米の高級車市場はキャデラックやリンカーンといった米国メーカーや、メルセデス・ベンツやBMWといった西ドイツメーカーの独壇場であり、あくまで大衆車の域を出なかった日本車メーカーが割って入る余地はないと思われていた。しかし、トヨタは1980年代初頭から徹底したマーケティングを行った結果、日本特有の「もてなしの心」、具体的には圧倒的な静粛性や快適性、高品質を追求することで新規参入余地はあると判断。初代LSの開発がスタートした。レクサス・LS フレッシュアイペディアより)

  • ターボチャージャー

    ターボチャージャーから見た日本車日本車

    日本車では1979年の日産・セドリック / グロリアに初採用され、1980年代の後半には、トヨタ自動車の多くの車種にターボチャージャーを採用するグレード(主にスポーツグレード)が展開されていた。この当時は3ナンバーと5ナンバーの自動車税の差が著しく、高級車であっても2,000cc以下のエンジン搭載車がラインナップに加えられるのが普通であり、小排気量車に高級車/スポーツカーとして相応しい大馬力を付与する手段として重宝された。また、メーカー側でも、ターボ車は高馬力であるばかりか、燃費性能にも優れていると、盛んに宣伝した事から、大いに販売を伸ばした。ターボチャージャー フレッシュアイペディアより)

  • ディーゼル自動車

    ディーゼル自動車から見た日本車日本車

    2007年(平成19年)9月、新長期規制(同)が継続生産車にも適用開始(当初は新規生産車のみが対象)された。それに先立つ同年7月、トヨタ・ランドクルーザープラド(ディーゼル仕様)の販売終了をもって、日本国内で販売される日本車(乗用車)のディーゼル乗用車は消滅した。その後1年あまり、新長期規制に適合したディーゼル乗用車は日本車には存在しておらず、輸入車を含めたすべての乗用車のうち、当時販売されたのはメルセデス・ベンツ Eクラス 320CDI(新長期規制適合)のみとなり。トヨタ1、ホンダ2、マツダ3など各メーカーが規制に対応したディーゼル乗用車の開発を進めている状況であった。ディーゼル自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 食玩

    食玩から見た日本車日本車

    2002年(平成14年) - ダイドードリンコが缶コーヒー、「ダイドーデミタスコーヒー」のおまけとして自動車雑誌「NAVI」が監修した国産旧車のミニカーを採用し、以後、同業他社も期間限定で追随している。食玩 フレッシュアイペディアより)

  • アッシリア人

    アッシリア人から見た日本車日本車

    1965年にはアメリカでの移民数の出身国割り当て規定が移民国籍法から削られたことにより、著しい数のカルデア教会の信徒がイラクからバアス党の圧制を逃れてデトロイトに移住。彼らは当初地元企業のフォード社の期間工として働いていたが、後に日本車との抗争や不況などの様々な要因でフォード社が不振に陥ると雇用が減少、取り残されたアッシリア人難民は商店を営むようになった。さらに1967年にアフリカ系アメリカ人によるの後、ユダヤ人商店主がデトロイトから逃げ出すと同時にアッシリア系商店の件数は増加していった。1980年代にはイラクのフセイン大統領(当時)がデトロイトのカルデア・カトリック教会に25万ドルを寄付したことが知られているが、これはバアス党がアッシリア人の反乱防止を計画して行ったこととされている。アッシリア人 フレッシュアイペディアより)

141件中 91 - 100件表示

「新車販売台数」のニューストピックワード