209件中 91 - 100件表示
  • 可変バルブ機構

    可変バルブ機構から見た日本車日本車

    現在最も普及している可変バルブ機構。クランクシャフトに対してカムシャフトを進角・遅角させることで、バルブタイミングを変化させる。リフト量・作用角は変化しない。主にバルブオーバーラップを最適にコントロールするために使用される事が多かったが、現在では遅閉じミラーサイクルエンジンにおける吸気閉弁時期の調整という役割も担っており、一般的なエンジンでも遅閉じによる燃費向上はオーバーラップの調整とともに重要となっている。作動方式には潤滑系のオイル圧力を使用するものと電力(磁力)によるものがある。初期の油圧式はヘリカルスプライン方式のものでコスト・耐久性・サイズの関係で一部の車両のみに採用されるに留まったが、シンプルな構造で低コストなベーン方式が開発された事で一気に普及した。現在の油圧式は基本的にこのベーン方式となる。吸気と排気のどちらかに適用する場合、吸気効率の改善を目的とし吸気側のみを可変とする事が多いが、内部EGR等による効果を重視し排気側のみを可変とした例もある。2000年代中盤からは日本車の中?大排気量エンジンを中心に排気側にも普及し、2010年代以降は安価な小排気量車でも吸排気の双方に装備されるものが多くなっている。可変バルブ機構 フレッシュアイペディアより)

  • 寒冷地仕様

    寒冷地仕様から見た日本車日本車

    日本車ではトヨタ、日産、スズキ、ダイハツ、三菱自動車などのメーカーが設定している。酷寒冷地である北海道内で販売される新車ではオプション品ではなく初めから寒冷地仕様が標準装備化されており、標準車と比較して価格設定が数万円程度高くなる。寒冷地仕様 フレッシュアイペディアより)

  • キャブレター

    キャブレターから見た日本車日本車

    自動車用としては高性能エンジン用のウェーバーやソレックスをはじめ、多くのアメリカ車と日本車の一部のダウンドラフトキャブレターにみられる。今日ではこのタイプのキャブレターを製造するメーカーは少なくなっているが、日本国内ではオーイーアール(OER)が旧式のソレックスなどの更新向けにこのタイプのキャブレターの製造販売を続けている。オートバイにおいては、ハーレーダビッドソンが1989年までこの形式のキャブレターを使用し続けていた。また、戦前から戦後間もなくにかけて使用されたリンカート(Linkart)キャブレターは、日本製の陸王でも日本気化器のライセンス生産品が搭載されていた。しかし、陸王が倒産した1960年代からは、日本製オートバイではこの形式のキャブレターが採用されることはなくなった。キャブレター フレッシュアイペディアより)

  • レクサス・LSハイブリッド

    レクサス・LSハイブリッドから見た日本車日本車

    2007年(平成19年)5月17日、LSにハイブリッド仕様の「LS600h」と同ロングホイールベース車の「LS600hL」を追加。「LS600hL」の本体価格(税込)は1,330万円と1,510万円(リヤセパレートシート仕様)の2タイプで、発表当時は日本車の最高価格車であった(量産仕様の日本車としての最高額は、その後発売の「LFA」の3,750万円である)。また、「LS600h」標準グレードの本体価格はガソリンエンジン車の「LS460」と比べてみると、AWD機構や、世界初採用で発売当初は高額であったLEDヘッドランプの搭載を考慮すると、ハイブリッド化に伴う純増分は100万円強となる。レクサス・LSハイブリッド フレッシュアイペディアより)

  • トランク (自動車)

    トランク (自動車)から見た日本車日本車

    ハッチバックを除くと、日本車の日本国内専売車には、これらの目隠しが省かれているものが多く、高額なステーションワゴンやSUVでもネットを装備しているものはほとんどない。トランク (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • サスペンション

    サスペンションから見た日本車日本車

    キャブオーバー型の大型貨物自動車のなかには、車軸のサスペンション以外にフレームとキャビンの間に緩衝装置を設けるキャブサスペンションを持つ物が多い。日本製トラックでは1981年(昭和56年)に日野自動車製の車両で初めて導入された。キャブサスペンションはコイルばねや空気バネ、懸濁液方式などが用いられており、車軸のサスペンションの耐荷重性能強化と乗り心地の向上という相反する要素を両立するために採用されている。エンジン出力や積載量の割にホイールベースが短い牽引自動車のトラクターでは、キャブのピッチングを抑えることができる。サスペンション フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ・フェロー

    ダイハツ・フェローから見た日本車日本車

    スペース効率の不利を押して縦置きエンジン配置とした手堅いFR方式で、既に実績のある軽トラックのハイゼット用ZL型2ストローク空冷2気筒ガソリンエンジンを水冷化し、23 PSに強化したZM型エンジンを新開発して搭載した。サスペンションにはコイルスプリングによる4輪独立懸架を導入したが、前輪は一般的なウィッシュボーン式であったのに対し、後輪にダイアゴナル・スイングアクスルを採用したのが特異な点であった。日本車ではいすゞ・ベレット以外に先例がなく、以降の採用例もない。ダイハツ・フェロー フレッシュアイペディアより)

  • 旧車

    旧車から見た日本車日本車

    日本で用いられる、旧車、ノスタルジックカーといった言葉については、年式に明確な線引きは存在せず、日本車のみをいう場合もあれば、欧米の車も含まれる場合もある。各人や専門誌、販売業者などの主観によって、ある世代の人にとっては旧車とされない車両が、より若い世代にとっては旧車と捉えられる例も見受けられる。また、日本でヒストリックカーというと、モータースポーツでの活躍歴や、特別に歴史的価値があるものに限定されることがあるが、これも基準が明確ではない。日本クラシックカー協会が主催するイベントの参加基準では、原則的に1975年までに生産された車両としており(2013年時点)、日本車を中心とした自動車愛好家にとっての目安の一端が伺われる。サイドカーや一部トライクといった、現在の日本社会において一般的ではない車種も旧車に含まれる場合がある。特殊な例では、非常に古い設計のまま長年に渡って製造され続けている現行車や、生産終了した車種を復刻したレプリカ車などを含むかどうかで判断が分かれる。旧車 フレッシュアイペディアより)

  • iFデザイン賞

    iFデザイン賞から見た日本車日本車

    レクサス・GS、レクサス・IS - 2007年、日本車として初めて金賞を受賞iFデザイン賞 フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・カルタス

    スズキ・カルタスから見た日本車日本車

    1991年(平成3年)、マイナーチェンジで内外装の変更があり、リアコンビネーションランプが当時のアメリカ車によく見られたグリッドモールド(格子柄)から日本車風の上下2分割レンズの水平基調になり、リアナンバー位置もリア・ガーニッシュからバンパー下部に変更された。内装は一新され、アメリカ車風の独特のダッシュボードが、この当時の一般的な日本車風になった。後に限定車の『エレッセ』仕様が販売された。CM出演者は大江千里に変更。スズキ・カルタス フレッシュアイペディアより)

209件中 91 - 100件表示

「新車販売台数」のニューストピックワード