141件中 11 - 20件表示
  • フェイスリフト (車両チューニング)

    フェイスリフト (車両チューニング)から見た日本車日本車

    21世紀に入り、スポーツコンパクトと呼ばれるジャンルがアメリカ西海岸で流行となるが、これらのベース車のほとんどが日本の乗用車で、その車体も、ボディを切り刻むような改造には向いていないモノコック構造である。もとより、そのような方法で外観を大きく変更することは剛性や強度の低下と重量増をもたらし、スポコンの魅力であるパフォーマンスを大きく損なう結果となる。フェイスリフト (車両チューニング) フレッシュアイペディアより)

  • iFデザイン賞

    iFデザイン賞から見た日本車日本車

    レクサス・GS、レクサス・IS - 2007年、日本車として初めて金賞を受賞iFデザイン賞 フレッシュアイペディアより)

  • トレーリングアーム式サスペンション

    トレーリングアーム式サスペンションから見た日本車日本車

    駆動輪に用いる場合、ドライブシャフトの屈曲や伸縮が少なくなるよう、スイング軸を水平方向に偏向させる。これはセミトレーリングアームと呼ばれ、ダイアゴナルスイングアクスルに比べ、スイング軸の角度は少ない(車軸に近い)。ストローク時のスイングの軌跡から、トーとキャンバーの変化が大きい。トーはバウンド(縮み)・リバウンド(伸び)側ともに内向き(トーイン)となり、安定方向に作用する。キャンバーは 1G (静止状態)から縮むとネガティブ(ハの字)、伸びるとポジティブ(Vの字)となり、車体ロール時のタイヤの接地性を上げる効果があるが、横G限界での挙動変化はやや大きい。1950年代以降、欧州や日本の上級後輪駆動(FR)車の後輪に用いられてきたが、その後、自動車の速度の向上と重量の増加による高エネルギー化に伴い、ダブルウィッシュボーン、さらにマルチリンクに取って代わられた。トレーリングアーム式サスペンション フレッシュアイペディアより)

  • 九四式六輪自動貨車

    九四式六輪自動貨車から見た日本車日本車

    )、厳しい検査基準、頑丈な統制型エンジンなどにより、当時の国産車としては極めて良好な性能・信頼性を備えていた。また、商工省の決定した標準自動車の部品を使用しており、九三式乗用車や九三式六輪乗用車との部品の互換性も高かった。九四式六輪自動貨車 フレッシュアイペディアより)

  • ワンボックスカー

    ワンボックスカーから見た日本車日本車

    この形態の車で最も初期に登場した日本車は、1960年(昭和35年)に登場した日野・コンマースであった。構造的には縦置きエンジンを前軸前に搭載する前輪駆動(FF)のセミキャブオーバーで、従来であれば短いボンネットを持つスタイルとなるところを、前軸を運転席下に後退させエンジン部分まで運転席に取り込むことでキャブオーバースタイルとしている。商用車としては駆動方式から重積載に適さなかったことや後輪駆動に対して技術的に未熟であったことから故障が多発したことなどから、販売不振によりわずか2年ほどで生産を終了している。ワンボックスカー フレッシュアイペディアより)

  • ポンティアック

    ポンティアックから見た日本車日本車

    1970年代に入ると、オイルショックや日本車との競争などの影響を受けてダウンサイジングを進め、「サンバード」をはじめとする、シボレーやオールズモビルなどの、他のゼネラルモーターズのブランドと共通の車台を利用したコンパクトやサブコンパクトモデルを投入し、「セクレタリーカー」(若いOL向けの車)市場に向けたモデルを充実させた。ポンティアック フレッシュアイペディアより)

  • 二次空気導入装置

    二次空気導入装置から見た日本車日本車

    英語圏ではスモッグポンプ(Smog pump)やエアインジェクション(Air injection)と呼ばれる場合もあり、日本国内では二次空気噴射装置(にじくうきふんしゃそうち)や二次空気供給装置(にじくうききょうきゅうそうち)と呼ばれる場合がある。商標としてAir Injection Reactor(A.I.R.)という名称を持つものもある。日本車では1973年にロータリーエンジンがマスキー法をクリアする際に用いられたサーマルリアクター(Thermal Reactor)がこの機器に含まれる。二次空気導入装置 フレッシュアイペディアより)

  • エアスクープ

    エアスクープから見た日本車日本車

    日本車では1970年代末から1980年代初頭に掛けて、ターボチャージャー搭載車両を中心にボンネットにダミースクープが設けられる例が見られた。ターボ車へのインタークーラー装着が一般化した1980年代後半以降は、ボンネットのダミースクープが廃れた一方で、リアフェンダーなどの車体側面に装着された車両が見られた。また、S12型シルビアなど、エンジンがボンネットに収まらない場合などに、ダミースクープを設けボンネットの高さを稼ぐ場合もあった。エアスクープ フレッシュアイペディアより)

  • 排気温度計

    排気温度計から見た日本車日本車

    保安基準上は排気温度警告装置や熱害警報装置とも規定されており、警告灯若しくは警告ブザーのどちらかを装備する事が求められていた。日本車においてはメーターパネル内に警告灯を装備する例が多く、輸入車の場合は輸入業者により温度センサーと警告ブザーが後付けされる例が多かった。しかし、平成9年の保安基準改正後は排気温度の異常上昇を未然に防ぐ制御機構がエンジン制御に組み込まれている場合や、点火装置が無接点式(フル若しくはセミトランジスタ式ディストリビューターやCDI、ダイレクトイグニッションなど)の場合には、必ずしも排気温度警告装置の装着が義務付けられなくなり、現在の車両では余り見られない装備となっている。排気温度計 フレッシュアイペディアより)

  • トヨペット・スーパー

    トヨペット・スーパーから見た日本車日本車

    スーパーはトヨペットブランドの中型4ドアセダンで、前モデルのトヨペット・SF型小型乗用車に搭載されていたS型エンジンに対し、排気量を50%も増したR型エンジンを搭載したことで、動力性能が格段に向上している。当時タクシーにも多く使われ、乱暴な運転で神風タクシーと恐れられた、1950年代の純国産ハイパフォーマンスカーの代表格でもある。トヨペット・スーパー フレッシュアイペディアより)

141件中 11 - 20件表示

「新車販売台数」のニューストピックワード