141件中 21 - 30件表示
  • フランス車

    フランス車から見た日本車日本車

    また、現在、世界最大の自動車市場であるアメリカではフランス車の正規販売が行われていない。これは1985年のシトロエンに続き、翌々年(1987年)ルノーが子会社アメリカン・モーターズをクライスラーに売却(その後数年間は両社合弁会社経由で輸入)、さらに1991年にはプジョーが、相次いで北米市場から撤退したためである。しかし、フランス車の北米市場での総販売台数は日本車やドイツ車の比較にはならなかったものの、テレビドラマ『刑事コロンボ』の劇中に登場したプジョー403カブリオレなど、アメリカでも個性派の愛好する車としてのイメージを残していることが見受けられる。フランス車 フレッシュアイペディアより)

  • トランスファー

    トランスファーから見た日本車日本車

    トランスファーには大きく分けて2種類の内部構造があり、一つはギア駆動によって前後のドライブシャフトに駆動力を伝えるものである。副変速機構を含む非常に強固で重いユニットが大型トラックで使われるほか、横置きエンジンのトランスアクスル内に副変速機構を持たないオープンデフを内蔵し、駆動切り替えのみをプロペラシャフト中間のセンターデフかビスカスカップリングで行う比較的簡素なトランスファーが一般的な乗用車でも用いられる。この形式での日本車におけるハイパワー車の事例では、三菱・ランサーエボリューションやスバル・インプレッサが代表例である。トランスファー フレッシュアイペディアより)

  • ド・ディオンアクスル

    ド・ディオンアクスルから見た日本車日本車

    日本車では、プリンス自動車の初代スカイライン(1957年)が最初であるが、プリンスの日産合併後は途絶え、その後はホンダの小型車での採用例が多く見られる。軽貨物車のTNシリーズと、その後継となるアクティ、ストリート、小型車のロゴ、キャパ、HR-Vの各4WDなど、ホンダの後輪駆動車と四輪駆動車のなかでも、後輪を独立懸架とするまでに至らない、コストを重視した車種に採用例が多い。また、マツダではコスモスポーツに、スズキでは3代目 スズキ・エブリイで採用されたが、共に1世代のみで、後継は無い。ド・ディオンアクスル フレッシュアイペディアより)

  • ポンティアック・GTO

    ポンティアック・GTOから見た日本車日本車

    こうした動きの中、日本車メーカーの一つである三菱自動車工業は1970年と1990年の二度にわたり、GTOの名を冠する自動車を販売している。一度目は1970年の日本国内市場向けの三菱・ギャランGTOで、輸出はニュージーランドや東南アジアの一部に留まり、北米市場には登場しなかったものの、そのスタイリングはGTOに代表されるマッスルカーの影響を直接的に受けている事が明らかなものであった。二度目は1990年に北米市場への投入を強く意識して開発された三菱・GTOである。この車種は北米やカナダではポンティアックとの商標問題を避ける為に三菱・3000GTの名称で販売された。その名称は、北米のポンティアック・GTOを信奉に近い感情で見ていたマッスルカーの純粋主義者からは「ポンティアック・GTOに対する冒涜に近い行為である」と抗議を受けた。丁度、1960年代にポンティアック・GTOがフェラーリの純粋主義者から抗議を受けた時と全く同じように、である。ポンティアック・GTO フレッシュアイペディアより)

  • ダットサン・110/210

    ダットサン・110/210から見た日本車日本車

    当時の日本車とアメリカ車や欧州車の性能と品質には非常に大きな隔たりがあり、同時期に北米進出を果たしたトヨペット・クラウンRS型は、フリーウェイを走ればオーバーヒートを起こし、操縦安定性も危険なレベルとの烙印を押され、輸出を一時見合わせる事態に追い込まれていた。一方ダットサンは、フリーウェイを走行中にエンジンフードのロックが外れ、風圧で開いてドライバーの視界を遮る事故を起こすなど、トヨペットの「Toy」とならび「Tin toy」(ブリキのオモチャ)と揶揄されながらも、オースチン譲りの快活で信頼性の高いエンジンと、本来日本での悪路や過積載を考慮した頑強なフレームや脚まわりが功を奏し、次第にアメリカに受け入れられて行く。ダットサン・110/210 フレッシュアイペディアより)

  • ウニモグ

    ウニモグから見た日本車日本車

    2000年新UGN シリーズ(UGN/405: U300/U400/U500)登場。副変速機シフトレバーの表記は「Hi / Lo」ではなく、ウサギとカメの絵が描かれている。これは、識字率が低い発展途上国での使用を想定したものである。良路での最高速度は、最終減速比の低いアーバンウニモグでも約110km/h程である。排気ブレーキには日本車に見られるオン / オフスイッチは無く、右足のかかとで操作する足踏み式である。作業に適した視界を確保するため、運転装置(ステアリングホイール、計器盤、ペダル)の左右切り替えが可能である。ウニモグ フレッシュアイペディアより)

  • マーキュリー (自動車)

    マーキュリー (自動車)から見た日本車日本車

    1960年代にフォード・モーターがリー・アイアコッカ社長時代に入ると、「クーガー」などの独自のデザインを持つスペシャリティーカーを導入し、差別化に成功し販売台数を伸ばすこととなった。しかし1970年代の後半に入ると、2度にわたるオイルショックの影響で大型車やスペシャリティーカーの売り上げが減少した上、日本車との競合を受けてその車種戦略は揺れ動くこととなる。マーキュリー (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ミニチャンプス

    ミニチャンプスから見た日本車日本車

    その後、市販車も製品化された。当初はアウディV8、メルセデス・ベンツ190E Evolution1、BMW M3を皮切りに、ポルシェやフォルクスワーゲンなどドイツ車のモデルが中心であったが、徐々にイタリア車やフランス車、イギリス車といったヨーロッパ車全般、アメリカ車にその範囲を広げ、そして現在では日本車も少数ではあるが、製品化されている。ミニチャンプス フレッシュアイペディアより)

  • ビンセント・チン

    ビンセント・チンから見た日本車日本車

    1980年代初頭のアメリカ合衆国では、三大自動車メーカーの経営不振が深刻になる一方、安価でコンパクトな日本車が流入。日米自動車摩擦と呼ばれる貿易摩擦が生じた。特に、自動車および関連工場が集中するデトロイトでは問題は深刻化し、工場労働者の解雇が行われる中、日本車ひいては日本人に対して、不穏な空気が広がっていた背景がある。ビンセント・チン フレッシュアイペディアより)

  • イエローキャブ (タクシー)

    イエローキャブ (タクシー)から見た日本車日本車

    1970年代のオイルショック後にフランスのプジョー・505が輸入車として初めてイエローキャブに採用され1980年代まで使用された。日本車では、1990年代のホンダ・オデッセイ / いすゞ・オアシスが最初であり、現在はミニバンのトヨタ・シエナが前述のクラウン・ヴィクトリアに次ぐ主要車種となっている。イエローキャブ (タクシー) フレッシュアイペディアより)

141件中 21 - 30件表示

「新車販売台数」のニューストピックワード

  • Fujitsu Greenhouse Technology Finland Oy

  • 戦国の神刃姫X(センゴクブレイドルエックス)

  • 戦友ポイントキャンペーン