209件中 21 - 30件表示
  • スポーツコンパクト

    スポーツコンパクトから見た日本車日本車

    しかし、日本国内においては、主にアメリカ西海岸における小型乗用車を使ったカスタム手法を日本に持ち込んだ物で、アメリカで販売される日本メーカーなどの「スポーティーカー」や、若者が手に入れられる安価な小型車(コンパクトカー)を日本やアメリカのパーツで高性能に仕上げた「チューニングカー」を指す。ホンダをはじめとした日本車が中心。これらは「スポコン」と略される事が多い。スポーツコンパクト フレッシュアイペディアより)

  • 水平対向2気筒

    水平対向2気筒から見た日本車日本車

    日本車においてはトヨタ・パブリカやトヨタ・スポーツ800、トヨタ・ミニエース、コニー・360に搭載された空冷水平対向2気筒が代表例である。水平対向2気筒 フレッシュアイペディアより)

  • 輸出

    輸出から見た日本車日本車

    日本では、資源を国外から輸入し、それを加工した完成品を海外へと輸出することが多い(加工貿易)。なかでも輸送機器、自動車に関連する貿易は大きく、世界中へ輸出されている。輸出 フレッシュアイペディアより)

  • 大気浄化法

    大気浄化法から見た日本車日本車

    1972年には1976年型の基準が定まった。窒素酸化物に対しては0.4g/マイルと規定されている。自動車の排気ガス規制法として当時世界一厳しいといわれ、クリアするのは不可能とまで言われたものであった。実際にはレシプロエンジンでは1972年に日本車メーカーのホンダがCVCCを開発してクリア、翌1973年にはマツダのロータリーエンジンもサーマルリアクターの改良によりクリアしているが、“ビッグスリー”側(ゼネラルモーターズ、フォードモーター、クライスラー)からの反発も激しく、73年4月にマスキー法は1年間の実施延期となり、翌74年6月には1970年改正法修正法が成立しマスキー法の正規規制値は実質的な廃案とされた上に、修正規制値の適用も更に2年間の延期となった。75年にはEPAが更に1年の実施延期を発表するなどの紆余曲折を辿った。大気浄化法 フレッシュアイペディアより)

  • フルサイズ

    フルサイズから見た日本車日本車

    対照的に当時の欧州では、戦災復興の遅れや国土の狭さなどが手伝い、アメリカのように野放図にボディサイズが肥大化することなく、小型車を中心に発展を続けた。また、自動車産業の揺籃期にあった日本でも、その道路事情の悪さから欧州車以上に小型車の開発が進み、品質も急激に向上させつつあった。フルサイズ フレッシュアイペディアより)

  • driver

    driverから見た日本車日本車

    掲載される記事は、日本車が中心である。輸入車も取り上げるが、扱うページ数は日本車よりも少ないことが多い。例外として2006年にドイツ製スポーツカー「YES!」を1年に渡ってカラー2ページで特集記事を組んだぐらいである。driver フレッシュアイペディアより)

  • シールドビーム

    シールドビームから見た日本車日本車

    自動車の前照灯改良の過程で商品化されたため、主に自動車のそれに用いられることが多く、特にアメリカ市場においては、1940年から1983年にかけての44年間、規格サイズのシールドビームの装着が義務付けられていたこともあり、欧州車や日本車もアメリカ市場向け車両は必ずシールドビームが装着されることとなっていた。しかし、規格化されたことで大きさ・形状が決まってしまい、車両デザインの幅が狭まったことで没個性化の原因の1つとされ、後により高輝度・長寿命な白熱電球等が作られたことで、自動車用のそれは新車では用いられなくなっている。また、ハロゲンランプに比べて輝度が低いこと、構造上レンズの材質がガラスに限定されるために人身事故を想定した衝突安全性を満たせないことなどから、保安基準に適合しなくなっており、日本国内メーカーでは生産が中止されて入手が困難な事例も発生している。こうした近況に対して、純正部品の供給では代替として外部形状は同じでバルブのみハロゲンバルブに交換できる構造の「セミ・シールドビーム」や、構造上はシールドビームであるが、フィラメントを白熱電球からハロゲンランプに置き換えて光量の向上を図った「シールドビーム・ハロゲン」と呼ぶ一体式が、主に角型ランプを中心に用意されている。シールドビーム フレッシュアイペディアより)

  • シフトレバー

    シフトレバーから見た日本車日本車

    古い車種ではトラクシオン・アバンや2CVなどに例がある。これらの車種では縦置きされた水平対向エンジンの前方にトランスミッションが配置されていて、トランスミッションの真上に高く立てられたレバーに水平のロッドを組み合わせており、水平ロッドの高さがダッシュボード付近になっている。日本車では、古くはホンダ・N360の例のみであったが、2000年代以降は欧州向けとレイアウトを共通化した車種から普及が始まり、キャブオーバータイプの貨物車にも広まっている。シフトレバー フレッシュアイペディアより)

  • ターンフロー

    ターンフローから見た日本車日本車

    このように欠点の多いターンフローは、日本車や多くのヨーロッパ車、アメリカ車などでは高性能と高出力、或いはエンジンのコンパクト化や熱対策のために比較的早期に見切りが付けられ、一部を除いてほとんどのエンジンがクロスフロー式ヘッドに移行していったが、日本やアメリカと比べてエンジン開発のための資本に乏しかったオーストラリア車やイギリス車においては、従来のターンフロー式ヘッドの性能を最大限引き出すために様々な技術的アプローチが試みられた。ターンフロー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー・ネオン

    クライスラー・ネオンから見た日本車日本車

    価格は本国でエアコン無しのベースモデルが9000ドルを切っていたため、当時日本のマスメディアでは盛んに「日本車キラー」と報道されたが、実際は足回りやトランクルーム内側の塗装を省略し、ドアをサッシュレスウインドウ化、後席のパワーウインドウも設定が無いなど、当時の日本車には見られない極端なコストダウンが行われており、品質や質感はトヨタ・カローラ、日産・セントラ、ホンダ・シビックに遠く及ばなかった。それだけ廉価車として割り切って企画され、生産段階でもそれを敢行した、と言う事である。クライスラー・ネオン フレッシュアイペディアより)

209件中 21 - 30件表示

「新車販売台数」のニューストピックワード