141件中 31 - 40件表示
  • デジタルメーター

    デジタルメーターから見た日本車日本車

    日本車では1981年に登場した初代トヨタ・ソアラが、「エレクトロニック・ディスプレイメーター」の名称で初めて採用し、その後、トヨタ車ではクラウンやマークII(チェイサー/クレスタも含む)などの量産車に搭載された。そして、1980年代後半から1990年代初頭のバブル期に「デジタルは先進的で格好いい」ともてはやされ、普及した。高級車以外はほとんどがオプション設定ではあったが、高級車やスポーツカーからコンパクトカーにいたるまで、ほとんどの車種で速度計やタコメーターなどに使われた。その一方、当時は表示されなくなる故障が多く、「光があたると見にくい」、「アナログの方が直感的で判りやすい」などの意見に代表されるような、実用面での問題も残っていた。また、コストが重視されるようになったバブル崩壊後の1990年代後半以降は採用する車両も減ったが、同時期に、数字を表示するだけで、反応速度も必要とされない距離計(オドメーター・トリップメーター)には、構造が簡単で安価なデジタル式が多用されるようになった。さらに2000年代に入るとその距離計の中に燃料計も取り入れるようになる。デジタルメーター フレッシュアイペディアより)

  • オイルフィルター

    オイルフィルターから見た日本車日本車

    そのため、1990年代ごろからヨーロッパ車や日本車では廃棄物の軽減の為にスピンオン式オイルフィルターの基本構造を踏襲しながらも、フィルター本体を分解可能として内部の濾材のみを交換可能とした新型カートリッジ式オイルフィルターを採用し始めている。オイルフィルター フレッシュアイペディアより)

  • サンルーフ

    サンルーフから見た日本車日本車

    日本では1972年(昭和47年)に、マルエヌが米国のDAS社と共同開発した後着けタイプのサンルーフであるターポリン製の「オープントップ」を発表し、一般化した。日本車で初めてメーカー装着のサンルーフを装備した車種は、手動スライド式が1968年(昭和43年)6月のホンダ・N360(追加車種)、電動スライド式は1978年(昭和53年)発表の初代ホンダ・プレリュードである。サンルーフ フレッシュアイペディアより)

  • ターンフロー

    ターンフローから見た日本車日本車

    このように欠点の多いターンフローは、日本車や多くのヨーロッパ車、アメリカ車などでは高性能と高出力、或いはエンジンのコンパクト化や熱対策のために比較的早期に見切りが付けられ、一部を除いて殆どのエンジンがクロスフロー式ヘッドに移行していったが、日本やアメリカと比べてエンジン開発のための資本に乏しかったオーストラリア車やイギリス車においては、従来のターンフロー式ヘッドの性能を最大限引き出すために様々な技術的アプローチが試みられた。ターンフロー フレッシュアイペディアより)

  • シボレー・ブレイザー

    シボレー・ブレイザーから見た日本車日本車

    また、後に追加されたコンパクトサイズのいわゆる「S-10ブレイザー」は、日本製小型SUVに対抗してシボレー・S-10シリーズをベースに開発されたもので、フルサイズのK5ブレイザーとのつながりはない。やはりGMCブランドで「S-15ジミー」が姉妹車として存在するほか、オールズモビルディビジョンからも姉妹車が「ブラバダ」の車名で発売されていた。シボレー・ブレイザー フレッシュアイペディアより)

  • O-Zone

    O-Zoneから見た日本車日本車

    1983年7月22日生まれ。長身と良く通る低音ボイス、さらにはきれいなファルセットも持ち合わせ、Raduと好対照を成す。怪しい目つきで台無しにしてしまうことが時々あるが、かなりのイケメンである。ファッションにもこだわりを持ち、特別なプロモーションなどでは、ベージュのカジュアルスーツとどくろの絵が入ったピンクのTシャツで決めている。ちなみに子供の頃から日本に憧れていて、青いプラスチックの刀のおもちゃを持っていたり、忍者になりたがっていたり「七人の侍」よろしく友達を集めて7人で近所の悪ガキと決闘したこともあるほか、現在でも日本車に乗っている。さらに10歳からは合気道もやっていた。大好物はキャンディーで、これだけは最愛の妹にねだられても渡さないらしい。O-Zone フレッシュアイペディアより)

  • 小林彰太郎

    小林彰太郎から見た日本車日本車

    1954年に大学卒業後、第二次世界大戦後初の本格的な自動車雑誌であった『モーターマガジン』(日刊自動車新聞社)へ寄稿するようになり、『それでも車は動く』『ロードインプレッション』などの連載が人気となった。また、日本国産車の発展を考え、それまでのタクシー専用車や営業車の派生から決別した純オーナードライバー向けモデルの開発が必要であると主張した。小林彰太郎 フレッシュアイペディアより)

  • ドラッグレース

    ドラッグレースから見た日本車日本車

    そのわかりやすさから、競技とはまったく関係のない市販車の性能を表す一つの物差しとしてもゼロヨンのタイムが使われることがあり、かつてはメーカーがカタログスペックの一つとしてゼロヨンのタイムを掲載することもあった(少なくとも、かつての日本車や韓国車のカタログ・CMで見られることがあった。SS:スタンディングスタート4分の1マイルx秒と表記される場合もある)。ドラッグレース フレッシュアイペディアより)

  • バンパー

    バンパーから見た日本車日本車

    現在の日本車も、北米向けや北米現地生産車には5マイルバンパーが装備されており、国内向けの同型車に比べてバンパー自体も大きくなっているため、接触や衝突の可能性が高い教習車にこれを流用しているメーカーもある。(例:三菱教習車(=ランサー))バンパー フレッシュアイペディアより)

  • 輸出

    輸出から見た日本車日本車

    日本では、資源を国外から輸入し、それを加工した完成品を海外へと輸出することが多い(加工貿易)。なかでも輸送機器、自動車に関連する貿易は大きく、世界中へ輸出されている。輸出 フレッシュアイペディアより)

141件中 31 - 40件表示

「新車販売台数」のニューストピックワード