209件中 41 - 50件表示
  • ピーター・ライオン

    ピーター・ライオンから見た日本車日本車

    現在は、欧米やオーストラリアを中心とする7カ国の自動車雑誌や自動車関連ウェブサイトに、おもに日本車や日本の自動車産業に関連した情報や新車試乗記を提供している。日本国内では、自動車雑誌『ホリデーオート』(モーターマガジン社)などへの寄稿がある。日本カー・オブ・ザ・イヤー(1999年より、2009-2010)選考委員を務めるほか、ワールド・カー・アワード「WCOTY」会長 (投票権もある)、国際審査員として「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」にも、それぞれ関与している。東京都目黒区在住。ピーター・ライオン フレッシュアイペディアより)

  • トリップメーター

    トリップメーターから見た日本車日本車

    廉価グレードや社用車向けモデルにおいては機械式のトリップメーターが2000年代まで主流であったが、その後デジタル式の量産効果による機械式との生産コストの逆転などの理由で、2010年代以降の全ての日本車にデジタル式のトリップメーターが標準装備されたため、機械式のトリップメーターは姿を消すこととなった。トリップメーター フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐平達

    五十嵐平達から見た日本車日本車

    その傍ら、1949年頃より自動車の写真撮影に取り組み、専門雑誌に寄稿するなど、自動車評論家の草分けとしても活動を開始。1950年代にはデザイナーの視点からのカースタイリング評論を中心に、1960年代には「モーターレビュー」誌の編集長として、1970年代以降は日本人と車との係わり合いを豊富な写真資料と経験を元に縦横に論じた。特に戦前の米国車や1950年代の国産乗用車、トラック、バス、当時のモータリゼーションの発展途上の状況については、自動車史家としての余人の追随を許さぬ見識を有していた。五十嵐平達 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車取得税

    自動車取得税から見た日本車日本車

    自動車関連の税制の特徴として、自家用の乗用車には高い税率が設定されており、一般の当該ユーザーには、さらに過重な多額の負担が求められている。このことが、日本は日本車に象徴される自動車産業が盛んであるにもかかわらず、国内の自動車ユーザーに過重な負担を強いて、若者の車離れを起こし、ひいては国内の自動車関連事業を衰退させている原因と考えられており、日本の自動車業界は、自動車ユーザーに対する過重な税負担是正の一つとして自動車取得税の廃止を求めている。自動車取得税 フレッシュアイペディアより)

  • 日産ブルーバード

    日産ブルーバードから見た日本車日本車

    日本国内では他社に先駆けた先進的設計と斬新なスタイリングをアピールし、オーソドックスな後輪車軸懸架構造ながらデラックスな装備を売りにするトヨペット・コロナとの「BC戦争」を競り合った。日本国外では、廉価でありながら欧州車並みに高度なスペックを備えた魅力的なセダンとして「プアマンズ・BMW」との評を得、ラリーフィールドでのタフネスな活躍ぶりとも相まって人気を高め、史上初めて北米市場でヒットした日本車となった。当時の米国では高校生が初めて乗るクルマとして人気を博し、その世代の米国人にとっては思い出深いクルマだという。続いて開発された初代フェアレディZと共に、北米輸出市場における日産(ダットサン)の躍進を実現した存在といえる。日産ブルーバード フレッシュアイペディアより)

  • 排気温度計

    排気温度計から見た日本車日本車

    保安基準上は排気温度警告装置や熱害警報装置とも規定されており、警告灯若しくは警告ブザーのどちらかを装備する事が求められていた。日本車においてはメーターパネル内に警告灯を装備する例が多く、輸入車の場合は輸入業者により温度センサーと警告ブザーが後付けされる例が多かった。しかし、平成3年の在日米国商工会議所の申し立て以降、市場開放問題苦情処理体制(OTO)を通じて熱害警報装置の設置義務の排除を求める動きが欧米より相次ぎ、結果として平成6年の欧州ビジネス協会(EBC)のOTO申し立てを受け入れる形で、失火を検知して燃料供給を停止する電子制御の導入などを条件に、平成7年に設置義務は廃止される決定が行われ、平成9年の保安基準改正後は排気温度の異常上昇を未然に防ぐ制御機構がエンジン制御に組み込まれている場合や、点火装置が無接点式(フル若しくはセミトランジスタ式ディストリビューターやCDI、ダイレクトイグニッションなど)の場合には、必ずしも排気温度警告装置の装着が義務付けられなくなり、現在の車両では余り見られない装備となっている。排気温度計 フレッシュアイペディアより)

  • アッシリア人

    アッシリア人から見た日本車日本車

    1965年にはアメリカでの移民数の出身国割り当て規定が移民国籍法から削られたことにより、著しい数のカルデア教会の信徒がイラクからバアス党の圧制を逃れてデトロイトに移住。彼らは当初地元企業のフォード社の期間工として働いていたが、後に日本車との抗争や不況などの様々な要因でフォード社が不振に陥ると雇用が減少、取り残されたアッシリア人難民は商店を営むようになった。さらに1967年にアフリカ系アメリカ人によるデトロイト暴動の後、ユダヤ人商店主はデトロイトから逃げ出す時に積極的に経営を譲ってアッシリア系商店の件数が増加した。1980年代にはイラクのフセイン大統領(当時)がデトロイトのカルデア・カトリック教会に25万ドルを寄付したことが知られているが、これはバアス党がアッシリア人の反乱防止を計画して行ったこととされている。アッシリア人 フレッシュアイペディアより)

  • エキゾーストマニホールド

    エキゾーストマニホールドから見た日本車日本車

    ディーゼルエンジンを搭載する日本車のトラックは、大型自動車の場合はV型8気筒以上の多気筒エンジンを搭載する事が多く、マフラーを交換する事でアメリカ車におけるクロスプレーンクランクシャフトのV8に特有の排気音(バブリーサウンド)に近づける事が比較的容易に行えるが、中型自動車以下の車格のトラックでは直列6気筒や直列4気筒の採用が殆どの為、これらの排気音をV8に出来るだけ近づける目的でデコトラチューナーの間でマニ割りが編み出されたものとされる。エキゾーストマニホールド フレッシュアイペディアより)

  • 琉球警察

    琉球警察から見た日本車日本車

    パトカーなどの警察車両は米軍から払い下げられた車両が使用された。初期の頃はジープで、後に乗用車になった。しかしアメリカ車であるため、道の狭い沖縄県では不向きの大きめの乗用車が多く、修理も大変であった(復帰後は日本車に随時取って代わられた。)。配色は黒塗装で、文字表記は上に「POLICE」下に「警察局」となっていた。琉球警察 フレッシュアイペディアより)

  • アイパーツ

    アイパーツから見た日本車日本車

    欧州車、アメリカ車、国産車の部品及び用品の販売と工具の販売の他、携帯電話の販売業務(auショップ、ワイモバイル)を展開する「中村オートパーツ株式会社」を母体とする。アイパーツ フレッシュアイペディアより)

209件中 41 - 50件表示

「新車販売台数」のニューストピックワード