141件中 41 - 50件表示
  • シボレー・LUV

    シボレー・LUVから見た日本車日本車

    トヨタ・ハイラックス、ダットサントラック、マツダ・BシリーズとそのOEMであるフォード・クーリエ(2、3代目Courier)などの、ミニトラック市場を独占していた日本製ピックアップトラックへの対抗策として、1972年3月からアメリカ合衆国での販売が始まった。シボレー・LUV フレッシュアイペディアより)

  • 軽トールワゴン

    軽トールワゴンから見た日本車日本車

    1980年代後半から、折からのバブル経済に後押しされる形で、ローバー・Miniやシトロエン・2CV、ルノー・4など、個性的な輸入大衆車が販売台数を大きく伸ばしており、日本車でも、新たな付加価値を持つクルマが大挙して現れたこと、そして日産が一連のパイクカーを発表したことなどが影響し、車好き以外の消費者が、車に性能や利便性以外の「個性」を求める雰囲気が広まっていた。そんな中、1990年に三菱から、6代目ミニカの派生車種であるミニカトッポが発売された。軽トールワゴン フレッシュアイペディアより)

  • 燃料コック

    燃料コックから見た日本車日本車

    現代の自動車においては自然流下式の燃料タンクは採用されずに燃料ポンプによって気化装置に供給する構造が一般的で、燃料コックが装備される車種はほとんどないが、旧い時代の自動車では燃料コックが装備されていた。比較的近年のものでは、1950年代に製造されたポルシェ・356が、「オン」、「オフ」、「リザーブ」の3ポジションを持つ燃料コックが装備されていた。日本車においても1950年代に登場したスバル・360などの車種は自然流下式の燃料タンクと燃料コックが採用されていた。また、ドイツのトラバント P601は1950年代末の形態のまま1989年のドイツ再統一に至るまで製造され、燃料コックが装備されていた。燃料コック フレッシュアイペディアより)

  • スポーツコンパクト

    スポーツコンパクトから見た日本車日本車

    しかし、日本国内においては、主にアメリカ西海岸における小型乗用車を使ったカスタム手法を日本に持ち込んだ物で、アメリカで販売される日本メーカーなどの「スポーティーカー」や、若者が手に入れられる安価な小型車(コンパクトカー)を日本やアメリカのパーツで高性能に仕上げた「チューニングカー」を指す。ホンダをはじめとした日本車が中心。これらは「スポコン」と略される事が多い。スポーツコンパクト フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー・ネオン

    クライスラー・ネオンから見た日本車日本車

    価格は本国でエアコン無しのベースモデルが9000ドルを切っていたため、当時日本のマスメディアでは盛んに「日本車キラー」と報道されたが、実際は足回りやトランクルーム内側の塗装を省略し、ドアをサッシュレスウインドウ化、後席のパワーウインドウも設定が無いなど、当時の日本車には見られない極端なコストダウンが行われており、品質や質感はトヨタ・カローラ、日産・セントラ、ホンダ・シビックに遠く及ばなかった。それだけ廉価車として割り切って企画され、生産段階でもそれを敢行した、と言う事である。クライスラー・ネオン フレッシュアイペディアより)

  • 日本のバス車両

    日本のバス車両から見た日本車日本車

    同様に公道走行を考慮しないものに、空港内の旅客ターミナルと離れた場所にある飛行機との間を結ぶランプバスがあり、ワイドボディーの国産特大車が存在する。日本のバス車両 フレッシュアイペディアより)

  • ライトニング・マックィーン

    ライトニング・マックィーンから見た日本車日本車

    モデルとなった車体に関しファンの間では、ダッジ・バイパー、チャージャー、シボレー・コルベット、フォード・マスタング等のアメリカ車から、マツダ・RX-8といった日本車まで、諸説が挙がっていた。これに対し、監督であるジョン・ラセターはロサンゼルス・タイムズの取材に、「NASCARのレーシングカーは空力のため平べったく、全く面白みがなかった。そこでストックカーと、ローラやフォード・GT40といったルマンレーシングカーの曲線美をハイブリッドして創作した。」と発言している。(2008年度SUPER GTでのマックイーンはトヨタ・MR-Sがベースである。(ライトニング マックイーン apr MR-S))ライトニング・マックィーン フレッシュアイペディアより)

  • カーヒーター

    カーヒーターから見た日本車日本車

    日本車においては戦後の1956年式トヨタ・クラウンにおいて、上位グレードであるデラックスに搭載されたのが始まりである。カーヒーター フレッシュアイペディアより)

  • J's Tipo

    J's Tipoから見た日本車日本車

    創刊は1992年(平成4年)7月、同じくネコ・パブリッシングが発行する自動車雑誌「ティーポ(Tipo)」の姉妹誌として発行された。「新旧日本車を刺激的に楽しむカー・マガジンを目指します」とし、誌名の「J's」が示すように日本車(Japanese cars)に関する話題や情報を取り扱っていた。一時の期間は月刊となっていたものの、創刊時、及び廃刊時ともに隔月刊であった。最終的な発刊形態は、奇数月26日の発売(書類上は奇数月1日発行)で、一冊定価が680円だった。J's Tipo フレッシュアイペディアより)

  • NAVI

    NAVIから見た日本車日本車

    輸入車、とりわけフランス車とイタリア車、イギリス車などが多く取り上げられることでも知られたが、後年には日本車についても多く掲載されていた。NAVI フレッシュアイペディアより)

141件中 41 - 50件表示

「新車販売台数」のニューストピックワード