209件中 51 - 60件表示
  • シボレー・LUV

    シボレー・LUVから見た日本車日本車

    トヨタ・ハイラックス、ダットサントラック、マツダ・BシリーズとそのOEMであるフォード・クーリエ(2、3代目Courier )などの、ミニトラック市場を独占していた日本製ピックアップトラックへの対抗策として、1972年3月からアメリカ合衆国での販売が始まった。シボレー・LUV フレッシュアイペディアより)

  • ド・ディオンアクスル

    ド・ディオンアクスルから見た日本車日本車

    日本車では、プリンス自動車が1957年(昭和32年)に発売した初代スカイラインが最初であるが、プリンスの日産合併後は途絶え、その後はホンダの軽商用車と一部の4WD仕様の小型車、2000年代後半以降のトヨタの一部の4WD仕様の小型車、スズキの一部の4WD仕様の小型車などでの採用例が多く見られる。ホンダの場合は軽貨物車のTNシリーズと、その後継車、小型車のロゴとその派生車の各4WDに、トヨタの場合はBプラットフォームを用いたプロボックスとサクシード(いずれも2014年9月以降の後期型)、シエンタ(2代目以降)を除く日本国内向けモデルの各4WDに、ホンダ車やトヨタ車のなかでも後輪を独立懸架とするまでには至らない、コストを重視した車種に採用例が多い。また、リアミッドシップ(リアエンジン)レイアウトを採用したMCC smart(fortwo/roadster他)や、三菱の軽自動車iでも後輪に採用されている。その他、マツダではコスモスポーツ(FR)に、スズキでは3代目エブリイ(MR)に採用されたが、共に1世代のみとなっている。ド・ディオンアクスル フレッシュアイペディアより)

  • クルーズコントロール

    クルーズコントロールから見た日本車日本車

    1958年にクライスラーが、インペリアルに初めて採用した。日本車としては1964年に登場したトヨタ・クラウンエイトが、「オートドライブ」の名称でオプション装備として初採用した。クルーズコントロール フレッシュアイペディアより)

  • タイミングベルト

    タイミングベルトから見た日本車日本車

    ベルト側の耐久性向上も常に図られ続けている。ベルトの歯型形状は初期の台形状から、時代が進むにつれ応力が集中しないように解析して改良が進められている。また、ベルト自体の材質・構造も進化し、切れにくいように工夫されている。日本車の場合、1990年代後半には国内10年10万 km/北米10年16万 km(トヨタの例)程度まで交換不要のベルトも生まれていた。タイミングベルト フレッシュアイペディアより)

  • 西武自動車販売

    西武自動車販売から見た日本車日本車

    しかし、マツダによるユーノス系列でのシトロエン販売、スズキによるプジョー販売など、国産メーカーの輸入車販売への進出、BMWジャパンの成功に刺激された海外メーカーの日本法人設立による輸入業務直営化、更にバブル崩壊によるセゾングループ解体の影響を受け、1995年(平成7年)にはクライスラーの日本法人・クライスラージャパンセールスに吸収合併され、クライスラー100 %出資による「クライスラージャパンセールス」となった。なお、新西武自動車販売が設立され、シトロエンの輸入販売のみが2002年(平成14年)まで継続された。西武自動車販売 フレッシュアイペディアより)

  • 国家憲兵隊 (フランス)

    国家憲兵隊 (フランス)から見た日本車日本車

    2005年12月、フランス国家憲兵隊の高速道路警備隊の取り締まり車両として使用されているプジョー・306の置き換え時期が迫ったことから、その代替車として初の日本車スバル・インプレッサWRXを150台購入し準備配備されるというニュースが伝えられた。フランスではプジョー306は「追われても逃げ切れるパトカー」として知られており、その他ドイツ車をはじめとする高速車の速度違反を多数取り逃がしていたことから、それらを捕まえるためでもあると言われる。2010年からはルノー・メガーヌのスポーツバージョンである「メガーヌ ルノー・スポール」をベースとした車両も導入されている。国家憲兵隊 (フランス) フレッシュアイペディアより)

  • ダットサン・110/210

    ダットサン・110/210から見た日本車日本車

    当時の日本車とアメリカ車や欧州車の性能と品質には非常に大きな隔たりがあり、同時期に北米進出を果たしたトヨペット・クラウンRS型は、フリーウェイを走ればオーバーヒートを起こし、操縦安定性も危険なレベルとの烙印を押され、輸出を一時見合わせる事態に追い込まれていた。一方ダットサンは、フリーウェイを走行中にエンジンフードのロックが外れ、風圧で開いてドライバーの視界を遮る事故を起こすなど、トヨペットの「Toy」とならび「Tin toy」(ブリキのオモチャ)と揶揄されながらも、オースチン譲りの快活で信頼性の高いエンジンと、本来日本での悪路や過積載を考慮した頑強なフレームや脚まわりが功を奏し、次第にアメリカに受け入れられて行く。ダットサン・110/210 フレッシュアイペディアより)

  • ワンボックスカー

    ワンボックスカーから見た日本車日本車

    この形態の車で最も初期に登場した日本車は、1960年(昭和35年)に登場した日野・コンマースであった。構造的には縦置きエンジンを前軸前に搭載する前輪駆動(FF)のセミキャブオーバーで、従来であれば短いボンネットを持つスタイルとなるところを、前軸を運転席下に後退させエンジン部分まで運転席に取り込むことでキャブオーバースタイルとしている。商用車としては駆動方式から重積載に適さなかったことや後輪駆動に対して技術的に未熟であったことから故障が多発したことなどから、販売不振によりわずか2年ほどで生産を終了している。ワンボックスカー フレッシュアイペディアより)

  • イエローキャブ (タクシー)

    イエローキャブ (タクシー)から見た日本車日本車

    1970年代のオイルショック後にフランスのプジョー・505が輸入車として初めてイエローキャブに採用され1980年代まで使用された。日本車では、1990年代のホンダ・オデッセイ / いすゞ・オアシスが最初であり、現在はミニバンのトヨタ・シエナが前述のクラウン・ヴィクトリアに次ぐ主要車種となっている。イエローキャブ (タクシー) フレッシュアイペディアより)

  • 日産・プリンスロイヤル

    日産・プリンスロイヤルから見た日本車日本車

    1960年代当時成長期にあり、技術水準の向上が著しかった日本の自動車工業界では、御料車を国産車(日本車)でまかなうことが悲願とされた。同様の構想は政府レベルでも持ち合わせており、宮内庁は自動車工業会(当時)へリムジンの開発を依頼した。日産・プリンスロイヤル フレッシュアイペディアより)

209件中 51 - 60件表示

「新車販売台数」のニューストピックワード