209件中 61 - 70件表示
  • 排気再循環

    排気再循環から見た日本車日本車

    ガソリン機関では本格的なクールドEGRを採用することはあまり多くはなかったが、日本車ではトヨタ・プリウス(ZVW30)の2ZR-FXE型、レクサス・RX(GYL1#)の2GR-FXE型、マツダ・デミオ(DE)のP3-VPS型など燃費を重視した車両から採用されはじめ、後には軽自動車を含め多くの機種に採用されるようになった。また、クールドEGRではない外部EGRにおいても本格的な熱交換部位はなくとも、EGR装置に簡易的な熱交換部位を設けたり、流入経路を工夫するなど、クールドEGRとは言えないまでも何らかの形でガス温度の低下を図っている場合も多い。クールドEGRはノッキング対策にも有効であり、従来は点火時期を遅角(熱効率悪化)させることでノッキングを回避していた領域においても点火時期を維持する事ができ、省燃費性の向上には欠かせない技術となっている。排気再循環 フレッシュアイペディアより)

  • 北朝鮮タンクローリー不正輸出事件

    北朝鮮タンクローリー不正輸出事件から見た日本車日本車

    社長は、北朝鮮平壌の商社である「朝鮮白虎7貿易会社」からメールで注文を受け、仲介役の中国大連の貿易会社を通じ、2008年1月17日に神戸税関六甲アイランド出張所長に対し、規制対象外の韓国に輸出するなどと虚偽の申告を行い、1月28日に神戸港から国産(日産ディーゼルと日野自動車)中古タンクローリー2台を、実体のない韓国の運送会社への輸出とみせかけて「朝鮮白虎7貿易会社」に向けて、不正に輸出したとされている。毎日新聞によると、北朝鮮に運ばれる直前に釜山の税関で北朝鮮向けの「通過貨物」として申請されたが却下されたとしている。韓国の荷受先関係者は「(容疑者から)2台を北朝鮮に送るよう指示された」と説明しているという。北朝鮮タンクローリー不正輸出事件 フレッシュアイペディアより)

  • カーテシーランプ

    カーテシーランプから見た日本車日本車

    灯火色については、日本車では透明色の採用が多い。それに対しアメリカ車やドイツ車では赤色を用いるケースも少なくない。カーテシーランプ フレッシュアイペディアより)

  • いすゞ・ベレル

    いすゞ・ベレルから見た日本車日本車

    駆動方式は後輪駆動。エンジンは直列4気筒OHV・1,500cc72馬力と2,000cc85馬力のガソリンエンジンおよび、エルフのエンジンを用いた直列4気筒2,000cc55馬力のディーゼルエンジン。1962年11月発表の2,000ccガソリンエンジン車であるスペシャルデラックスでは、国産乗用車としては初のツインキャブエンジン(95馬力)を搭載した。中でもディーゼルエンジンは量産乗用車としては「日本初」の事例で、昭和37年度「機械学会賞」を受賞している。いすゞ・ベレル フレッシュアイペディアより)

  • オペル

    オペルから見た日本車日本車

    第二次世界大戦前の時期においては1927年に大阪市大正区に工場とともに設立された「日本ゼネラル・モータース」が販売を行なった。しかし同大戦の勃発に伴い1941年に閉鎖となった。戦後は1950年代から東邦モーターズが日本総代理店となり、輸入、販売が行われた。1960年代には日本車に対する商品力が低下、さらに排気ガス規制への不適合から1976年末をもって輸入が中断された。オペル フレッシュアイペディアより)

  • ポルシェ・928

    ポルシェ・928から見た日本車日本車

    内装はメーターパネル全体がハンドルと一緒にティルトし調整できるシステムを採用している。T字型のなだらかで乗員を包むデザインのダッシュボード形状は、2代目ソアラやZ32日産・フェアレディZやNSX等1980年代中盤以降の日本車に多く採用された。ポルシェ・928 フレッシュアイペディアより)

  • 速度計

    速度計から見た日本車日本車

    日本国内向けに販売されている国産車では表示の単位はキロメートル毎時 (km/h) であるが、マイル単位が主流の国ではマイル毎時 (MPH) で表されることも多く、キロメートル毎時とマイル毎時を併記した(デジタル表示の場合は単位を切り替え可能な)速度計もある。速度計 フレッシュアイペディアより)

  • 排気ブレーキ

    排気ブレーキから見た日本車日本車

    日本国内向けの日本車の場合、操作はステアリングコラムの側面(ターンシグナルスイッチの反対側。ワイパースイッチやハザードスイッチと兼用の車種もある。)に設けられたレバーで行い、下に押し下げる(いすゞ、日野、UD(日デ)の旧式車)か、上に引き上げる(ふそう、UDの現行車)ことで作動する。アクセルペダルまたはクラッチペダルを踏むと解除される。欧州車では床にスイッチがあり、右足のかかとで踏んでいる間だけ排気ブレーキが作動するものもある。このスイッチはアクセルペダルから完全に足を離さないと(スロットルを全閉にしないと)操作できない位置にある。フューエルカット機能が無い古い車両は排気ブレーキの作動中にディーゼル排気微粒子 (DEP) を多く排出し、ブレーキ解除時に排気管から黒煙を吹き出した。近年ではほとんどの車両が、アクセルペダルを踏んだ状態で排気ブレーキが作動しないようになっている。排気ブレーキ フレッシュアイペディアより)

  • 部品カタログ

    部品カタログから見た日本車日本車

    国産車については、通常日本国内の自社系列ディーラー網で販売される(された)自社ブランドの車種が収録される。海外自動車メーカーによって製造された輸入車については同メーカーの作成する国際版部品カタログが主に用いられる。部品カタログ フレッシュアイペディアより)

  • オールズモビル (自動車)

    オールズモビル (自動車)から見た日本車日本車

    さらに「アキュラ」や「レクサス」、「インフィニティ」ブランドの登場をはじめとする、1980年代後半以降の日本車の中高価格帯への移行の影響をもろに受けたことや、1990年代に登場したGMの新ブランドである「サターン」のように若い高学歴なホワイトカラー層や、若年ファミリー層の支持を受けられなかったこと、1990年代以降は販売台数の低迷が深刻化していた。オールズモビル (自動車) フレッシュアイペディアより)

209件中 61 - 70件表示

「新車販売台数」のニューストピックワード