141件中 61 - 70件表示
  • 日産・ダットサントラック

    日産・ダットサントラックから見た日本車日本車

    当時の日本車とアメリカ車の性能や品質には非常に大きな隔たりがあり、同時期に北米進出を果たしたトヨペット・クラウンRS型は、フリーウェイを走ればオーバーヒートを起こし、操縦安定性も危険なレベルとの烙印を押され、輸出を一時見合わせる事態に追い込まれていた。ダットサンは、フリーウェイを走行中にエンジンフードのロックが外れ、風圧で開いてドライバーの視界を遮る事故を起こすなど、トヨペットの「Toy」とならび「Tin toy」(ブリキのオモチャ)と揶揄されながらも、オースチン譲りの快活で信頼性の高いエンジンと、本来日本での悪路走行や過積載を考慮した頑強なフレームや脚まわりが功を奏し、次第にアメリカに受け入れられて行く。日産・ダットサントラック フレッシュアイペディアより)

  • ウスリースク

    ウスリースクから見た日本車日本車

    交易都市だけに中国・北朝鮮との密輸や日本車密輸、売春斡旋を行うマフィアの活動が盛んである。2004年には、ウスリースクを根拠にするマフィア幹部が自らの武勇伝や犯罪、投獄を「当事者」に演じさせた実録ドラマを地元テレビ局で放映させ、生々しい実話や実弾発射を用いたアクションなどで注目を集めた。ウスリースク フレッシュアイペディアより)

  • 可変バルブ機構

    可変バルブ機構から見た日本車日本車

    現在最も普及している可変バルブ機構。クランクシャフトに対してカムシャフトを進角・遅角させることで、バルブタイミングを変化させる。リフト量は変化しない。主にバルブオーバーラップを最適にコントロールするために使用される。作動方式には潤滑系のオイル圧力を使用するものと電力(磁力)によるものがある。当初は吸気側のみを可変としたものが主流であったが、2000年代中盤からは日本車の中?大排気量エンジンを中心に排気側にも普及し、2010年代以降は安価な小排気量車でも吸排気の双方に装備されるものが多くなっている。可変バルブ機構 フレッシュアイペディアより)

  • フォード・ジャパン

    フォード・ジャパンから見た日本車日本車

    1994年、アメリカ製マスタングと欧州製モンデオを日本へ投入し、フォルクスワーゲン・ゴルフを標的とした比較広告展開を行うなど積極的に低価格を強調して、国産車並みの低価格で販売した。GM系のシボレーやオペルなどを輸入していたヤナセも追随してシボレー・カマロを大幅値下げし、オペル・ヴィータは150万円台のグレードを投入した。1996年に輸入フォード車の販売台数が、21000台の最高記録を達成して低価格路線は短期的には成功するが、フォード=廉価車というイメージを持たせリセールバリューにも影響するなどの弊害をもたらし、輸入車にプレミアム性を求める市場において中・長期的観点では結果的に失敗であった。フォード・ジャパン フレッシュアイペディアより)

  • グラン・トリノ

    グラン・トリノから見た日本車日本車

    フォードの自動車工を50年勤めあげたポーランド系米国人コワルスキーは、妻を亡くし、愛車グラン・トリノのみを誇りに、日本車が台頭し東洋人の町となったデトロイトで隠居暮らしを続けていた。頑固さゆえに息子たちにも嫌われ、限られた友人と悪態をつき合うだけであり、亡き妻の頼った神父をも近づけようとしない。コワルスキーを意固地にしたのは朝鮮戦争での己の罪の記憶であった。グラン・トリノ フレッシュアイペディアより)

  • シンクロメッシュ

    シンクロメッシュから見た日本車日本車

    1928年にアメリカのキャデラックの技術者であるアール・A・トンプソンが開発し、市販車両には1929年のCadillac 341Bに初採用。日本車では1936年のトヨダ・AA型乗用車にも採用されるなど、その後イナーシャロック式が登場するまで世界中の多くの車両に採用され、自動車の大衆への普及に非常に大きな貢献を果たした。シンクロメッシュ フレッシュアイペディアより)

  • シボレー・コバルト

    シボレー・コバルトから見た日本車日本車

    コバルトは北米市場において最も売れたGMのコンパクトカーであったキャバリエと、日本車をベースに開発されたプリズムの統合後継車種であり、2004年から2005年モデルとして販売が開始された。シボレー・コバルト フレッシュアイペディアより)

  • 初心運転者標識

    初心運転者標識から見た日本車日本車

    尚、マグネットタイプの場合ボディパネルが鉄板以外で出来ているケース(国産車の例:BNR34スカイラインGT-R(CFRP)やZE1インサイト(アルミニウム)などのボンネット)には当然使えない。またパネルに凹凸が多い場合(例:HE21Sラパン後部)、走行中に落下・紛失することが考えられる。そもそも垂直な鉄板の面が極端に小さい場合(例:AE90系カローラセダン後部)や著しく湾曲している場合(例:AE90系スプリンターセダン後部)貼り付け面積が小さすぎて使用できない。また吸盤タイプの場合スモークガラス仕様車だと外部から認識されにくい。これらの点を考慮し、使用するクルマに合わせてどちらにするか選択する必要がある。初心運転者標識 フレッシュアイペディアより)

  • 高齢運転者標識

    高齢運転者標識から見た日本車日本車

    尚、マグネットタイプの場合ボディパネルが鉄板以外で出来ているケース(国産車の例:BNR34スカイラインGT-R(CFRP)やZE1インサイト(アルミニウム)などのボンネット)には当然使えない。またパネルに凹凸が多い場合(例:HE21Sラパン後部)、走行中に落下・紛失することが考えられる。そもそも垂直な鉄板の面が極端に小さい場合(例:AE90系カローラセダン後部)や著しく湾曲している場合(例:AE90系スプリンターセダン後部)貼り付け面積が小さすぎて使用できない。また吸盤タイプの場合スモークガラス仕様車だと外部から認識されにくい。これらの点を考慮し、使用するクルマに合わせてどちらにするか選択する必要がある。高齢運転者標識 フレッシュアイペディアより)

  • ワイルド・スピード

    ワイルド・スピードから見た日本車日本車

    『ワイルド・スピード』(原題: The Fast and The Furious)は、2001年のポール・ウォーカーとヴィン・ディーゼル出演、ロブ・コーエンが監督したカー映画。ロサンゼルスを舞台にドラッグレース(ゼロヨン)に熱中するストリート・レーサーたちを題材としたカーアクション映画である。当時のアメリカのストリート・レース文化にのっとり、スポーツコンパクトと呼ばれるカテゴリの日本車が数多く登場する。ワイルド・スピード フレッシュアイペディアより)

141件中 61 - 70件表示

「新車販売台数」のニューストピックワード