209件中 71 - 80件表示
  • トヨタトータルクリーンシステム

    トヨタトータルクリーンシステムから見た日本車日本車

    トヨタの排ガス対策への取り組みは、アメリカ合衆国カリフォルニア州で、州独自の自動車に対する環境規制が開始された1960年代初頭より始まった。1964年(昭和39年)に排ガス対策専門の研究部門を創設し、1968年(昭和43年)に東富士自動車性能試験場に排気ガス実験棟を建設、同年米連邦で初めて実施されたに日本車メーカーで初めて認証を取得した。1971年(昭和46年)に排ガス対策を専門とする東富士研究所を新設し、開発体制を強化していった。トヨタトータルクリーンシステム フレッシュアイペディアより)

  • 超法規的措置

    超法規的措置から見た日本車日本車

    犯人グループの要求に応じ、時の内閣総理大臣・福田赳夫が「人命は地球より重い」と述べた。この措置に対し、一部諸外国から「(日本から諸外国への電化製品や日本車などの輸出が急増していたことを受けて)日本はテロまで輸出するのか」などと非難を受けたといわれる。ただし、当時は欧米各国においても、テロリストの要求を受け入れて、身柄拘束中のテロリストを釈放することが通常であり(例、PFLP旅客機同時ハイジャック事件やハーグ事件、ルフトハンザ航空615便事件などを参照)、日本政府のみがテロに対して弱腰であったわけではない。そのため当時世界各国では、このような事件に対処するために対テロ特殊部隊の創設が進められつつある所だった。超法規的措置 フレッシュアイペディアより)

  • いすゞ・117クーペ

    いすゞ・117クーペから見た日本車日本車

    エンジンはいすゞ初の量産DOHCとなる、1.6LのG161W型エンジンを新規に開発する。型式の記号と番号の意味は、Gはガソリンエンジン、16は1.6L、1は、0から始まる開発番号で2番目に開発されたこと、Wはダブルオーバーヘッドカムシャフトをそれぞれ表す。また、エンジン開発にエンジニアのみならずデザイナーが加わったことにより、外観も非常に美しいエンジンに仕上がった。さらにこの時期、国産クーペ初となる1.95LのC190型ディーゼルエンジン搭載車が30台程度生産されている。ディーゼルエンジン搭載の高級パーソナルカーは世界的にもほとんど前例のない試みであった。いすゞ・117クーペ フレッシュアイペディアより)

  • NAVI

    NAVIから見た日本車日本車

    輸入車、とりわけフランス車とイタリア車、イギリス車とスウェーデン車などが多く取り上げられることでも知られたが、後年には日本車についても多く掲載されていた。NAVI フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺慎太郎

    渡辺慎太郎から見た日本車日本車

    雑誌「ル・ボラン」時代に福野の連載を担当したことが始まりである。渡辺が福野へ原稿の依頼をし、当初は断られるも、何度も頼み込んでようやく了解をとりつけたという。日本車のデザインに的を絞ったエッセイ「どうして日本車はカッコ悪いのか」、1台のクルマを深く掘り下げる評論「Deep Investigation」を担当。その頃、福野より自動車部品メーカーを取材する企画が提案されたが福野自ら「この企画はCAR GRAPHIC誌(CG)じゃなきゃ無理。だから慎太郎がCGへ行け」とボツになった。渡辺慎太郎 フレッシュアイペディアより)

  • ウスリースク

    ウスリースクから見た日本車日本車

    交易都市だけに中国・北朝鮮との密輸や日本車密輸、売春斡旋を行うマフィアの活動が盛んである。2004年には、ウスリースクを根拠にするマフィア幹部が自らの武勇伝や犯罪、投獄を「当事者」に演じさせた実録ドラマを地元テレビ局で放映させ、生々しい実話や実弾発射を用いたアクションなどで注目を集めた。ウスリースク フレッシュアイペディアより)

  • カー・アンド・ドライバー

    カー・アンド・ドライバーから見た日本車日本車

    特徴として、日本車・輸入車の区別をあまりせず、満遍なく紹介している。他紙でよく見られる新車スクープ記事もほとんどない。また、表紙は岡本三紀夫による自動車のイラストで、カバーガールは目次ページに登場し、アイドルやレースクイーンだけでなく女性声優も登場することがある。カー・アンド・ドライバー フレッシュアイペディアより)

  • 永遠の詩 (漫画)

    永遠の詩 (漫画)から見た日本車日本車

    死蝶四代目頭。街の無法地帯と化した「DDD(ディープ・ドゥーブ・ドライブ)」を拠点とし、3年前まで愛慎高校に「聖なるニセ物(フェイク・オブ・セイント)」という麻薬をばらまいていたが、啓人たちがDDD狩りを行って壊滅させ、現在は無法地帯を中心に売買を行っている。洋輝自身も重度の麻薬常習者で警察からもマークされており、麻薬のやり過ぎで全身が痒くなる幻覚に襲われている。喧嘩は強く、周りが止めることすらできないぐらい徹底的に潰しに行く。永遠を啓人の弟だと知ると命を狙っていくが悉く退けられた。最後は玲二とのタイマン中に落ちてきたシャンデリアの下敷きになる。愛車は二連装ライトにフレアライン塗装のヤマハ・ドラッグスター。国産車であるドラッグスターを「アメリカン」呼ばわりされることを非常に嫌っていおり、自ら「メイドインジャパンのチョッパー」と主張している。永遠の詩 (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • ストックカー

    ストックカーから見た日本車日本車

    1945年(昭和20年)の日本の敗戦、その後第二次世界大戦中も含めたそれまでの日本の道路事情や交通政策を痛罵した、1956年(昭和31年)のワトキンス・レポートを経て、当時はアメリカのハイウェイやドイツのアウトバーンでの巡航をまともに行うことすら困難とも言われた、日本車の高速走行性能や高速巡航下での耐久性向上、ひいては戦前戦中はついに達成できなかった安価で高性能な大衆車の国民への普及促進(国民車構想)を始めとする、日本のモータリゼーションの発展を悲願とし、日本の高速道路の建設に邁進していた建設族政治家を中心とした富士スピードウェイの動きとは別に、同時期の1962年(昭和37年)にレーシングカーの設計者でもあった塩沢進午により105マイルクラブが設立される。ストックカー フレッシュアイペディアより)

  • テレビ自動車学校

    テレビ自動車学校から見た日本車日本車

    自動車に興味を持ち、運転免許取得を考えている者(当時は自動車教習所に行かずに運転免許を取る者も珍しくなかった)や運転初心者のために自動車運転の基礎知識を提供する実用番組であった。『技能講座』の第2弾講座として放送開始し、NHK名古屋放送局制作で独立番組化した。10年間放送された。自動車運転の基礎知識のほかに、交通事故防止キャンペーンや、大正時代から現代までの日本の自動車の発展ぶりを特集した「国産車の歩み」も放送した。テレビ自動車学校 フレッシュアイペディアより)

209件中 71 - 80件表示

「新車販売台数」のニューストピックワード