141件中 81 - 90件表示
  • オールズモビル (自動車)

    オールズモビル (自動車)から見た日本車日本車

    アメリカでもっとも長い歴史を誇る自動車ブランドであり(1896年設立)、中高年齢層の保守層を中心に一定の支持層を確保していたものの、GM内においてのブランドの差別化(特にユーザー層が重なるビュイックと)が明確でないことや、日本車をはじめとする輸入車や1990年代に登場した「サターン」のような若いファミリー層や若年層の支持を受けられなかったことから、長期に渡り販売台数が低迷していた。オールズモビル (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・カングー

    ルノー・カングーから見た日本車日本車

    この時代、フランスではLPG自動車ブームが起こり(フランスではLPGの事をGPLと表記)、年率500%の伸びを示していた事もあり、フランスの自動車メーカー各社は全ラインナップにLPG車をラインで生産し用意し、他の欧州メーカーや日本車もフランス向けにはLPG仕様を投入することとなる。他のルノー車同様、カングーにもLPガス・ガソリン切り替え式のバイフューエル仕様が用意されていた。2009年からは、メーカーオブションでLPG自動車に仕立てている。 ルノー・カングー フレッシュアイペディアより)

  • 大気浄化法

    大気浄化法から見た日本車日本車

    1972年には1976年型の基準が定まった。窒素酸化物に対しては0.4g/マイルと規定されている。自動車の排気ガス規制法として当時世界一厳しいといわれ、クリアするのは不可能とまで言われたものであった。実際にはレシプロエンジンでは1972年に日本車メーカーのホンダがCVCCを開発してクリア、翌1973年にはマツダのロータリーエンジンもサーマルリアクターの改良によりクリアしているが、“ビッグスリー”側(ゼネラルモーターズ、フォードモーター、クライスラー)からの反発も激しく、実施期限を待たずして74年に廃案となってしまった。大気浄化法 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の国際関係

    日本の国際関係から見た日本車日本車

    日本における輸入車の販売数上位3つはフォルクスワーゲン、メルセデス・ベンツ、BMWと全てドイツ車が占める。他方ドイツでは、トヨタ、ホンダを始めとする日本車(乗用車)の市場シェアは11.6%(2006年)である。なお日本では、完成車に対する輸入関税が1978年に撤廃されているのに対して、日本車がドイツに輸入される際には10%の乗用車輸入関税を課せられる不公正な状態が続いている。日本の国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・ライオン

    ピーター・ライオンから見た日本車日本車

    現在は、欧米やオーストラリアを中心とする7カ国の自動車雑誌や自動車関連ウェブサイトに、おもに日本車や日本の自動車産業に関連した情報や新車試乗記を提供している。日本国内では、自動車雑誌『ホリデーオート』(モーターマガジン社)などへの寄稿がある。日本カーオブザイヤー(1999年より、2009-2010)選考委員を務めるほか、ワールド・カー・アワード「WCOTY」会長 (投票権もある)、国際審査員として「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」にも、それぞれ関与している。東京都世田谷区在住。ピーター・ライオン フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ車

    アメリカ車から見た日本車日本車

    アメリカ車は1970年代末以降、コンパクトで燃費の良い日本車や欧州車に都市部を中心に小型車のシェアを奪われていったが、一方で1980年代後半?1990年代にかけて米国経済は株式市場の高騰・不動産バブルに沸き、景気回復とともにミニバン、SUVなどの大型車需要が回復していった。同時にセダンなどの大型乗用車の需要も戻り、ビッグスリー各社の業績は急速に回復し売上を順調に伸ばしていった。ビッグスリーは業績回復を追い風に、大型車中心ではあるがこれまで前向きでなかった設備投資にも積極的に投資をするようになった。このため1990年代前半から2000年にかけて瞬く間にアメリカ車の技術開発が進み、他国に引けをとらない世界的な技術水準に到達することができた。が、相変わらずそれは自国市場で人気のある分野(ミニバン・SUV・大型乗用車)に限られており、一台辺りの利益率が低い小型車の研究開発には消極的であった。このことは自国市場が好景気のときは有利でも、いったん景気が後退し自国市場が特に大型乗用車の売れ行きが冷えた局面では厳しいものとならざるを得ない様相を含んでいた。アメリカ車 フレッシュアイペディアより)

  • レクサス・LFA

    レクサス・LFAから見た日本車日本車

    世界56か国で500台の限定販売となり、日本国内割り当て分は当初165台の予定であったが、最終的には約200台が販売された。販売価格は日本円で3,750万円で、これは日本車の量産モデルとしては従前の「LS600hL」(リアセパレートシート仕様で1,510万円)を大きく上回る過去最高額の自動車となった。限定販売のため通常のレクサス車とは販売方式が異なり、発表当日より予約が募られ、2010年4月に抽選により購入者が決定された。当初は発表当日から翌2010年3月21日までの半年間に渡って予約を募る予定となっていたが、反響は予想を大きく上回り、日本市場では販売予定台数に対してその数倍となる予約が集まったため、当初の予定よりも2ヶ月早い2010年1月13日をもって予約が締め切られた。また、同年1月中には購入希望者数が世界累計で500人を超えたが、日本国外においては3月半ばまで予約が受け付けられた。レクサス・LFA フレッシュアイペディアより)

  • レクサス・LSハイブリッド

    レクサス・LSハイブリッドから見た日本車日本車

    2007年5月17日、LSにハイブリッド仕様の「LS600h」と同ロングホイールベース車の「LS600hL」を追加。「LS600hL」の本体価格(税込)は1,330万円と1,510万円(リヤセパレートシート仕様)の2タイプで、発表当時は日本車の最高価格車であった(その後、量産仕様の日本車としての最高額は「LFA」の3,750万円である)。また、「LS600h」標準グレードの本体価格はガソリンエンジン車の「LS460」と比べてみると、AWD機構や、世界初採用で発売当初は高額であったLEDヘッドライトの搭載を考慮すると、ハイブリッド化に伴う純増分は100万円強となる。レクサス・LSハイブリッド フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ・フェロー

    ダイハツ・フェローから見た日本車日本車

    スペース効率の不利を押して縦置きエンジン配置とした手堅いFR方式で、既に実績のある軽トラックのハイゼット用ZL型2ストローク空冷2気筒ガソリンエンジンを水冷化し、23PSに強化したZM型エンジンを新開発して搭載した。サスペンションにはコイルスプリングによる4輪独立懸架を導入したが、前輪は一般的なウィッシュボーン式であったのに対し、後輪にダイアゴナル・スイングアクスルを採用したのが特異な点であった。日本車ではいすゞ・ベレット以外に先例がなく、以降の採用例もない。ダイハツ・フェロー フレッシュアイペディアより)

  • イタリアの警察

    イタリアの警察から見た日本車日本車

    以前からパトカーの一定台数を外国メーカーに割り当てる方針があったが、2006年からは完全な競争入札制が導入されたため、プレミアムラインに比重を置くアルファロメオやフィアットなどの自国メーカーが減り、日本車が多く導入されている。採用されるのはSUVや安価なステーションワゴンなど、イタリアのメーカーには無かった車種が多い。イタリアの警察 フレッシュアイペディアより)

141件中 81 - 90件表示

「新車販売台数」のニューストピックワード