129件中 91 - 100件表示
  • 日本車

    日本車から見たディーゼルエンジン

    民間輸出業者に続き、メーカーも海外輸出を再開したが、当初の輸出先は本土復帰前の沖縄、台湾、タイ、ブラジルが主であった。当初は、第二次大戦後の世界で普及途上であった一方、軍用車両生産によって日本での製造技術蓄積が進んでいたディーゼルエンジン搭載の大型トラック・バスが輸出の主力であった。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たエンジン

    1935年 トヨタ自動車の創業者である豊田喜一郎がトヨタ初のトラック「トヨダ・G1型トラック」を乗用車に先駆けて完成させた。エンジン部品の鋳造には、「アツタ号」の経験も活かされている。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たイラク

    国交のない北朝鮮や、フセイン政権時代のイラクにも、商社を通じて輸出(主にトヨタ・ハイラックスや、同メーカーハイエースなどピックアップや大人数が乗車可能なバン)されている。俗にトヨタ戦争と呼ばれるチャド政府軍対リビア軍・反政府軍によるチャド内戦や、イラン・イラク戦争の際は、両軍ともに日本車を「兵器」(テクニカル)として使用していた。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見た兵器

    国交のない北朝鮮や、フセイン政権時代のイラクにも、商社を通じて輸出(主にトヨタ・ハイラックスや、同メーカーハイエースなどピックアップや大人数が乗車可能なバン)されている。俗にトヨタ戦争と呼ばれるチャド政府軍対リビア軍・反政府軍によるチャド内戦や、イラン・イラク戦争の際は、両軍ともに日本車を「兵器」(テクニカル)として使用していた。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たロシア連邦

    ロシア連邦や東南アジア、南アジア、西アジア、アフリカ諸国など、多くの国に日本で使用されていた中古車が大量に輸出されており、ロシアやモンゴル国などでは、右側通行にもかかわらず右ハンドルのままで使用されている。特に商用車などは日本語の看板が描かれたまま使われているものも多い。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たノックダウン生産

    1925年 アメリカのフォード・モーターが横浜に工場を設立し、続けて1927年にはゼネラルモーターズが大阪に工場を設立。両社ともノックダウン生産という形で大量生産を行い、太平洋戦争直前まで操業した。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見た照度

    より外貨の獲得に有利な対米輸出は、1957年のトヨタのクラウンとランドクルーザーから始まった。当時はまだ技術力が低かったため、クラウンはオーバーヒートや焼きつき、操縦安定性の欠如、灯火類の照度不足などで市場不適合の烙印を押され、改良の甲斐もなく早々と輸出中止を余儀なくされたため日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見た中華人民共和国

    中国では、2008年の「日本ブランド」(現地生産車と日本からの輸出車の合計)のシェアは21%で、外資としてトップである。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たトップ・ギア

    ただこれらのように性能や品質では評価される一方でTopGearでは度々「つまらないモノ」扱いされたりしたように「感性に訴えかける領域に関してはダメ」と言う評価を受けることも間々あり、それは北米でのサイオンブランド設立の背景にも挙がっていた。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たオーストラリア

    オーストラリアでは50%近くのシェアがある。現地工場を持つトヨタが全(アメリカ、欧州、日本、韓国)メーカーの中でトップシェアである。また、かつては日産や三菱も現地生産したこともあった。日本車 フレッシュアイペディアより)

129件中 91 - 100件表示

「新車販売台数」のニューストピックワード