114件中 21 - 30件表示
  • 日本車

    日本車から見た豊田喜一郎

    1935年 トヨタ自動車の創業者である豊田喜一郎がトヨタ初のトラック「トヨダ・G1型トラック」を乗用車に先駆けて完成させた。エンジン部品の鋳造には、「アツタ号」の経験も活かされている。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見た豊川順弥

    1925年 白楊社の豊川順弥が製造した「オートモ号」2台が上海に輸出され、日本車初の輸出車となる。1台は消防の伝令車として使われた(「オートモ号」は約300台製造された。1999年、トヨタ博物館と国立科学博物館の共同プロジェクトで復元され、現在、国立科学博物館に展示されている)。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見た太平洋戦争

    1925年 アメリカのフォード・モーターが横浜に工場を設立し、続けて1927年にはゼネラルモーターズが大阪に工場を設立。両社ともノックダウン生産という形で大量生産を行い、太平洋戦争直前まで操業した。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たオイルショック

    戦後における日本車の本格的な海外輸出は、1957年のトヨタ・クラウン対米輸出から始まった。当時はまだ技術力が低かったため、クラウンは評判が悪くあまり売れなかった。その後各メーカーは欧米の技術を徹底的に模範、研究することで次第に評価が高まっていった。オイルショックや大気汚染問題が深刻化した1970年代に、ホンダによってCVCCが開発されるとその高い技術力や省燃費性に注目が集まるようになり、世界での評価は大きく高まった。今では燃費の良さや、工作精度の高さによる故障の少なさ、そして安価である事が評判となり、世界各国で高い人気を得るまでになっている。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たドバイ

    また、日本車に限定されるものではないが、盗難車の輸出も増え続けている。これには、自由貿易港を持ち、ジュベル・アリ・フリーゾーンでもあるドバイが存在する限り、有効な対策は無いといわれている。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見た上海市

    1925年 白楊社の豊川順弥が製造した「オートモ号」2台が上海に輸出され、日本車初の輸出車となる。1台は消防の伝令車として使われた(「オートモ号」は約300台製造された。1999年、トヨタ博物館と国立科学博物館の共同プロジェクトで復元され、現在、国立科学博物館に展示されている)。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たカリフォルニア州

    アメリカ市場での市場シェアは約35%と高い。カリフォルニア州に限ると、シェアは45%になり、41%のアメリカ車より高いシェアを記録した(2006年)。アメリカメーカーはピックアップトラックが販売の中心になっているのに対し、セダンやSUVでは日本メーカーがリードしている。2007年、全米最大の新聞であるUSAトゥディ紙が発表した「過去25年間に最もインパクトのあった自動車」では、1位・トヨタ・カムリ(1992年型)、3位・トヨタ・プリウス(2001年型)、7位・レクサスLS400(1990年型)など、トップ10のうち6車が日本車であった。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見た大阪市

    1925年 アメリカのフォード・モーターが横浜に工場を設立し、続けて1927年にはゼネラルモーターズが大阪に工場を設立。両社ともノックダウン生産という形で大量生産を行い、太平洋戦争直前まで操業した。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見た横浜市

    1925年 アメリカのフォード・モーターが横浜に工場を設立し、続けて1927年にはゼネラルモーターズが大阪に工場を設立。両社ともノックダウン生産という形で大量生産を行い、太平洋戦争直前まで操業した。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たガソリン

    1907年 日本車初のガソリン自動車「タクリー号」が吉田真太郎と内山駒之助の2人によって約10台製作される。日本車 フレッシュアイペディアより)

114件中 21 - 30件表示

「新車販売台数」のニューストピックワード