129件中 41 - 50件表示
  • 日本車

    日本車から見た快進社

    1911年 東京府東京市麻布区(現在の東京都港区麻布)に「快進社自働車工場」(日産自動車の源流)を設立し、初のエンジンまでも含めた純国産車を開発した。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見た裕隆汽車

    台湾(中華民国)でも21世紀に入るまでは日本を含むアジア製やオーストラリア製の完成車輸入を禁止していたため、日本のメーカーは現地企業と合弁でKD生産に力を入れていた。中でも日産のモデルを生産していた裕隆汽車(ユーロン、Yulon)は1960年代から創業を始めている。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見た乗用車

    1932年 川越庸一(大同メタル創業者)が当時の大岩名古屋市長を巻き込み、1928年に提唱した、「中京デトロイト化構想」に沿い、大隈鉄工所(現・オークマ)、愛知時計電機、岡本自転車、日本車輌製造の4社共同による、国産初の乗用車「アツタ号」が完成、試作1号車を名古屋市役所が買い上げる。しかし、当時の技術力や社会、経済情勢の前に、企業化計画は頓挫した。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たアメリカ合衆国

    2013年、アメリカの高速道路安全保険協会による評価では、安全性で最高評価である「トップセーフティーピックプラス」の基準を満たした22車種のうち、16車種が日本メーカー車両であった。2014年、コンシューマー・レポートはブランド別の信頼度順位を発表し、レクサス、トヨタ、マツダ、ホンダの順に、日本勢がトップ4位まで独占した。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たブラジル

    民間輸出業者に続き、メーカーも海外輸出を再開したが、当初の輸出先は本土復帰前の沖縄、台湾、タイ、ブラジルが主であった。当初は、第二次大戦後の世界で普及途上であった一方、軍用車両生産によって日本での製造技術蓄積が進んでいたディーゼルエンジン搭載の大型トラック・バスが輸出の主力であった。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見た台湾

    民間輸出業者に続き、メーカーも海外輸出を再開したが、当初の輸出先は本土復帰前の沖縄、台湾、タイ、ブラジルが主であった。当初は、第二次大戦後の世界で普及途上であった一方、軍用車両生産によって日本での製造技術蓄積が進んでいたディーゼルエンジン搭載の大型トラック・バスが輸出の主力であった。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見た輸出

    1925年 白楊社の豊川順弥が製造した「オートモ号」2台が上海に輸出され、日本車初の輸出車となる。1台は消防の伝令車として使われた(「オートモ号」は約300台製造された。1999年、トヨタ博物館と国立科学博物館の共同プロジェクトで復元され、現在、国立科学博物館に展示されている)。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見た自由貿易

    戦後における日本車の本格的な海外輸出は、1949年(昭和24年)12月1日の外国為替及び外国貿易管理法、および輸出貿易管理令を経て、さらに翌1950年(昭和25年)4月の自動車の統制価格の廃止をもって、原材料の調達、生産、販売、値付けに関する一切の規制が取り払われ、自由化がなされるまで待たねばならなかった。また、自動車業界側は、1949年4月に「自動車輸出振興会」を設立し、トヨタ社長の豊田喜一郎を会長に据え、輸出再開の準備を進めた。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たトヨダ・AA型乗用車

    1936年 トヨタ初の生産型乗用車「トヨダ・AA型乗用車」を生産。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たライトバン

    国交のない北朝鮮や、フセイン政権時代のイラクにも、商社を通じて輸出(主にトヨタ・ハイラックスや、同メーカーハイエースなどピックアップや大人数が乗車可能なバン)されている。俗にトヨタ戦争と呼ばれるチャド政府軍対リビア軍・反政府軍によるチャド内戦や、イラン・イラク戦争の際は、両軍ともに日本車を「兵器」(テクニカル)として使用していた。日本車 フレッシュアイペディアより)

129件中 41 - 50件表示

「新車販売台数」のニューストピックワード