114件中 51 - 60件表示
  • 日本車

    日本車から見たトヨタ・カムリ

    アメリカ市場での市場シェアは約35%と高い。カリフォルニア州に限ると、シェアは45%になり、41%のアメリカ車より高いシェアを記録した(2006年)。アメリカメーカーはピックアップトラックが販売の中心になっているのに対し、セダンやSUVでは日本メーカーがリードしている。2007年、全米最大の新聞であるUSAトゥディ紙が発表した「過去25年間に最もインパクトのあった自動車」では、1位・トヨタ・カムリ(1992年型)、3位・トヨタ・プリウス(2001年型)、7位・レクサスLS400(1990年型)など、トップ10のうち6車が日本車であった。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たピックアップトラック

    アメリカ市場での市場シェアは約35%と高い。カリフォルニア州に限ると、シェアは45%になり、41%のアメリカ車より高いシェアを記録した(2006年)。アメリカメーカーはピックアップトラックが販売の中心になっているのに対し、セダンやSUVでは日本メーカーがリードしている。2007年、全米最大の新聞であるUSAトゥディ紙が発表した「過去25年間に最もインパクトのあった自動車」では、1位・トヨタ・カムリ(1992年型)、3位・トヨタ・プリウス(2001年型)、7位・レクサスLS400(1990年型)など、トップ10のうち6車が日本車であった。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見た貨物自動車

    1918年 日本車初のトラック「T.G.E.トラック」が東京瓦斯電気工業(英名略称:T.G.E.)によって生産される。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たレクサス・LS

    アメリカ市場での市場シェアは約35%と高い。カリフォルニア州に限ると、シェアは45%になり、41%のアメリカ車より高いシェアを記録した(2006年)。アメリカメーカーはピックアップトラックが販売の中心になっているのに対し、セダンやSUVでは日本メーカーがリードしている。2007年、全米最大の新聞であるUSAトゥディ紙が発表した「過去25年間に最もインパクトのあった自動車」では、1位・トヨタ・カムリ(1992年型)、3位・トヨタ・プリウス(2001年型)、7位・レクサスLS400(1990年型)など、トップ10のうち6車が日本車であった。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たUSDM (自動車)

    アメリカ合衆国では、チューンアップした日本車(スポーツコンパクト:スポコン)のことをライス・バーナー(Rice burner)あるいはライス・カー(Rice car)と呼ばれ、日本のオートバイメーカーのスポーツバイクのことはライス・ロケット(Rice rocket)と呼ばれ高い人気を誇っている。特にホンダ・CR-Xやホンダ・インテグラ、ホンダ・シビック、三菱・エクリプス等の比較的小型な車両を使って派手に改造した車両が人気であり、日本車限定の違法なドラッグレースが横行していたこともある。理由として、車両自体が安価であり、修理も比較的簡単かつ燃費もアメリカンスポーツ車より優れ、尚且つチューニングパーツの種類が非常に豊富と言う事も人気の理由として挙げられる(特に日本車は、世界的に見てもアフターマーケット市場が隆盛を誇っており、北米向け市場もそうであるが、日本市場向けパーツをそのまま輸入して装着する愛好家も多数存在する)。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見た三菱・ランサーエボリューション

    イギリスやアメリカなどではスカイラインGT-Rやランサーエボリューション、インプレッサWRXなどの一部のスポーツモデルがカルト的な人気を誇っている。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たトヨタ・ハイラックス

    国交のない北朝鮮や、フセイン政権時代のイラクにも、商社を通じて輸出(主にトヨタ・ハイラックスや、同メーカーハイエースなどピックアップや大人数が乗車可能なバン)されている。俗にトヨタ戦争と呼ばれるチャド政府軍対リビア軍・反政府軍によるチャド内戦や、イラン・イラク戦争の際は、両軍ともに日本車を「兵器」(テクニカル)として使用していた。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たホンダ・CR-X

    アメリカ合衆国では、チューンアップした日本車(スポーツコンパクト:スポコン)のことをライス・バーナー(Rice burner)あるいはライス・カー(Rice car)と呼ばれ、日本のオートバイメーカーのスポーツバイクのことはライス・ロケット(Rice rocket)と呼ばれ高い人気を誇っている。特にホンダ・CR-Xやホンダ・インテグラ、ホンダ・シビック、三菱・エクリプス等の比較的小型な車両を使って派手に改造した車両が人気であり、日本車限定の違法なドラッグレースが横行していたこともある。理由として、車両自体が安価であり、修理も比較的簡単かつ燃費もアメリカンスポーツ車より優れ、尚且つチューニングパーツの種類が非常に豊富と言う事も人気の理由として挙げられる(特に日本車は、世界的に見てもアフターマーケット市場が隆盛を誇っており、北米向け市場もそうであるが、日本市場向けパーツをそのまま輸入して装着する愛好家も多数存在する)。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たトヨタ・ハイエース

    国交のない北朝鮮や、フセイン政権時代のイラクにも、商社を通じて輸出(主にトヨタ・ハイラックスや、同メーカーハイエースなどピックアップや大人数が乗車可能なバン)されている。俗にトヨタ戦争と呼ばれるチャド政府軍対リビア軍・反政府軍によるチャド内戦や、イラン・イラク戦争の際は、両軍ともに日本車を「兵器」(テクニカル)として使用していた。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たホンダ・シビック

    アメリカ合衆国では、チューンアップした日本車(スポーツコンパクト:スポコン)のことをライス・バーナー(Rice burner)あるいはライス・カー(Rice car)と呼ばれ、日本のオートバイメーカーのスポーツバイクのことはライス・ロケット(Rice rocket)と呼ばれ高い人気を誇っている。特にホンダ・CR-Xやホンダ・インテグラ、ホンダ・シビック、三菱・エクリプス等の比較的小型な車両を使って派手に改造した車両が人気であり、日本車限定の違法なドラッグレースが横行していたこともある。理由として、車両自体が安価であり、修理も比較的簡単かつ燃費もアメリカンスポーツ車より優れ、尚且つチューニングパーツの種類が非常に豊富と言う事も人気の理由として挙げられる(特に日本車は、世界的に見てもアフターマーケット市場が隆盛を誇っており、北米向け市場もそうであるが、日本市場向けパーツをそのまま輸入して装着する愛好家も多数存在する)。日本車 フレッシュアイペディアより)

114件中 51 - 60件表示

「新車販売台数」のニューストピックワード

  • Fujitsu Greenhouse Technology Finland Oy

  • 戦国の神刃姫X(センゴクブレイドルエックス)

  • 戦友ポイントキャンペーン