114件中 61 - 70件表示
  • 日本車

    日本車から見た日産・アルティマ

    韓国では、1988年に自動車の輸入が自由化されたものの、「輸入先多辺化(多角化)制度」と呼ばれる事実上の対日輸入禁止品目において自動車が指定されていたために、日本製自動車に限っては輸入・販売が禁止されていた1が、その間にも現地メーカーにより、三菱車やマツダ車、スズキ車などをはじめとした多くの車種が現地生産されていた。日本車の販売は、同制度が1998年6月をもって撤廃された後に開始された。日本車に乗ることに対する心理的な後ろめたさがあるとも言われたが、2005年以降はレクサスが輸入車販売の第1位となっている他、ホンダやインフィニティの販売も好調である2。近年は米韓自由貿易協定により、米国製日本メーカーの車も徐々に増えてきている(トヨタ・カムリ、トヨタ・シエナ、日産・アルティマなど)。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たホンダ・インテグラ

    アメリカ合衆国では、チューンアップした日本車(スポーツコンパクト:スポコン)のことをライス・バーナー(Rice burner)あるいはライス・カー(Rice car)と呼ばれ、日本のオートバイメーカーのスポーツバイクのことはライス・ロケット(Rice rocket)と呼ばれ高い人気を誇っている。特にホンダ・CR-Xやホンダ・インテグラ、ホンダ・シビック、三菱・エクリプス等の比較的小型な車両を使って派手に改造した車両が人気であり、日本車限定の違法なドラッグレースが横行していたこともある。理由として、車両自体が安価であり、修理も比較的簡単かつ燃費もアメリカンスポーツ車より優れ、尚且つチューニングパーツの種類が非常に豊富と言う事も人気の理由として挙げられる(特に日本車は、世界的に見てもアフターマーケット市場が隆盛を誇っており、北米向け市場もそうであるが、日本市場向けパーツをそのまま輸入して装着する愛好家も多数存在する)。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たスポーツコンパクト

    アメリカ合衆国では、チューンアップした日本車(スポーツコンパクト:スポコン)のことをライス・バーナー(Rice burner)あるいはライス・カー(Rice car)と呼ばれ、日本のオートバイメーカーのスポーツバイクのことはライス・ロケット(Rice rocket)と呼ばれ高い人気を誇っている。特にホンダ・CR-Xやホンダ・インテグラ、ホンダ・シビック、三菱・エクリプス等の比較的小型な車両を使って派手に改造した車両が人気であり、日本車限定の違法なドラッグレースが横行していたこともある。理由として、車両自体が安価であり、修理も比較的簡単かつ燃費もアメリカンスポーツ車より優れ、尚且つチューニングパーツの種類が非常に豊富と言う事も人気の理由として挙げられる(特に日本車は、世界的に見てもアフターマーケット市場が隆盛を誇っており、北米向け市場もそうであるが、日本市場向けパーツをそのまま輸入して装着する愛好家も多数存在する)。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見た三菱・エクリプス

    アメリカ合衆国では、チューンアップした日本車(スポーツコンパクト:スポコン)のことをライス・バーナー(Rice burner)あるいはライス・カー(Rice car)と呼ばれ、日本のオートバイメーカーのスポーツバイクのことはライス・ロケット(Rice rocket)と呼ばれ高い人気を誇っている。特にホンダ・CR-Xやホンダ・インテグラ、ホンダ・シビック、三菱・エクリプス等の比較的小型な車両を使って派手に改造した車両が人気であり、日本車限定の違法なドラッグレースが横行していたこともある。理由として、車両自体が安価であり、修理も比較的簡単かつ燃費もアメリカンスポーツ車より優れ、尚且つチューニングパーツの種類が非常に豊富と言う事も人気の理由として挙げられる(特に日本車は、世界的に見てもアフターマーケット市場が隆盛を誇っており、北米向け市場もそうであるが、日本市場向けパーツをそのまま輸入して装着する愛好家も多数存在する)。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たセダン

    アメリカ市場での市場シェアは約35%と高い。カリフォルニア州に限ると、シェアは45%になり、41%のアメリカ車より高いシェアを記録した(2006年)。アメリカメーカーはピックアップトラックが販売の中心になっているのに対し、セダンやSUVでは日本メーカーがリードしている。2007年、全米最大の新聞であるUSAトゥディ紙が発表した「過去25年間に最もインパクトのあった自動車」では、1位・トヨタ・カムリ(1992年型)、3位・トヨタ・プリウス(2001年型)、7位・レクサスLS400(1990年型)など、トップ10のうち6車が日本車であった。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見た商用車

    ロシア連邦や東南アジア、南アジア、西アジア、アフリカ諸国など、多くの国に日本で使用されていた中古車が大量に輸出されており、ロシアやモンゴル国などでは、右側通行にもかかわらず右ハンドルのままで使用されている。特に商用車などは日本語の看板が描かれたまま使われているものも多い。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たトヨタ・シエナ

    韓国では、1988年に自動車の輸入が自由化されたものの、「輸入先多辺化(多角化)制度」と呼ばれる事実上の対日輸入禁止品目において自動車が指定されていたために、日本製自動車に限っては輸入・販売が禁止されていた1が、その間にも現地メーカーにより、三菱車やマツダ車、スズキ車などをはじめとした多くの車種が現地生産されていた。日本車の販売は、同制度が1998年6月をもって撤廃された後に開始された。日本車に乗ることに対する心理的な後ろめたさがあるとも言われたが、2005年以降はレクサスが輸入車販売の第1位となっている他、ホンダやインフィニティの販売も好調である2。近年は米韓自由貿易協定により、米国製日本メーカーの車も徐々に増えてきている(トヨタ・カムリ、トヨタ・シエナ、日産・アルティマなど)。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たジャパンバッシング

    前述のように、1960年代以降、日本製自動車は世界各地に輸出されていたが、日本の自動車生産台数が世界一になった以降の1980年代後半頃から、いわゆる貿易摩擦(ジャパンバッシング)の激化や円高、相手国の政策上の都合(関税、輸入制限等)などにより、トヨタや日産など主要なメーカーでは、アメリカ・ヨーロッパ・南アメリカ・中国・台湾・ASEANといった、世界の主要な地域に現地生産工場を設立し、日本から技術が移管されて、現地で日本ブランドの自動車が生産される割合が多くなっている。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見た看板

    ロシア連邦や東南アジア、南アジア、西アジア、アフリカ諸国など、多くの国に日本で使用されていた中古車が大量に輸出されており、ロシアやモンゴル国などでは、右側通行にもかかわらず右ハンドルのままで使用されている。特に商用車などは日本語の看板が描かれたまま使われているものも多い。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見た朝鮮民主主義人民共和国

    国交のない北朝鮮や、フセイン政権時代のイラクにも、商社を通じて輸出(主にトヨタ・ハイラックスや、同メーカーハイエースなどピックアップや大人数が乗車可能なバン)されている。俗にトヨタ戦争と呼ばれるチャド政府軍対リビア軍・反政府軍によるチャド内戦や、イラン・イラク戦争の際は、両軍ともに日本車を「兵器」(テクニカル)として使用していた。日本車 フレッシュアイペディアより)

114件中 61 - 70件表示

「新車販売台数」のニューストピックワード