88件中 71 - 80件表示
  • ゆうちょ銀行

    ゆうちょ銀行から見た新銀行東京新銀行東京

    他行からATMやインターネットバンキング等で金融機関名を指定する際に、金融機関の分類キーを選択する際、「銀行」ではなく、「その他の金融機関」を選択した上で、「ゆうちょ銀行」を選択する場合がある(イオン銀行やみちのく銀行、七十七銀行、新銀行東京、北日本銀行などがそのような状況となっている)。また、ATM振込に対応していない金融機関やATM振込が可能なケースであっても、金融機関名・店名・振込先名義人をすべて手入力で行わねばならない金融機関も一部で存在する。ゆうちょ銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 信用金庫

    信用金庫から見た新銀行東京新銀行東京

    民間金融機関としてははじめて、2006年(平成18年)1月23日より新銀行東京とのATM相互出金提携を始めた。ただし、NTTデータ統合スイッチングサービスに接続している信用金庫のみの対応となっており、一時はほとんどの信用金庫と接続されていたが、解除した信用金庫もあるため、2010年(平成22年)2月15日現在、全272信金中194信金が対応している。信用金庫 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都議会

    東京都議会から見た新銀行東京新銀行東京

    2009年(平成21年)7月12日に行われた東京都議会議員選挙は、第45回衆議院議員総選挙の前哨戦と位置づけられた。東京都独自の争点は新銀行東京の経営問題、築地市場の移転問題、都立小児病院の廃止問題などであった。東京都議会 フレッシュアイペディアより)

  • 大沢悠里のゆうゆうワイド

    大沢悠里のゆうゆうワイドから見た新銀行東京新銀行東京

    このブロックのコーナー名はその都度変化している。かつてはNTTドコモ提供の「DoCoMo悠里の人生らくらくトーク」と題し、大沢がゲストに対して「あなたにとって絆とは何ですか?」という質問を必ずしていた。「悠里の人生ゆうゆうトーク」としていた時期もある。また全日警(2007年3月30日まで)、新銀行東京、リンレイなどが冠スポンサーであり、コーナー名もその都度変化した。大沢悠里のゆうゆうワイド フレッシュアイペディアより)

  • オリックス銀行

    オリックス銀行から見た新銀行東京新銀行東京

    新銀行東京元代表執行役の森田徹が取締役兼執行役員副社長に就任。オリックス銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 早稲田大学教育学部

    早稲田大学教育学部から見た新銀行東京新銀行東京

    森田徹 - 元新銀行東京代表執行役、元オリックス銀行取締役執行役員副社長早稲田大学教育学部 フレッシュアイペディアより)

  • 盛岡市

    盛岡市から見た新銀行東京新銀行東京

    津島隆一 - 新銀行東京代表執行役・東京都港湾局長盛岡市 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都庁舎

    東京都庁舎から見た新銀行東京新銀行東京

    に集約されている。上記の3店舗は窓口・ATMとも東京都庁と無関係な一般客でも利用可能であるが、三菱東京UFJ銀行本店東京都庁第二本庁舎出張所は企業内店舗の扱いとなっているため、三菱東京UFJ銀行の店舗案内1では一切公表されていない(当然、店番号検索で099と入力しても検索不可である)。その他、第一本庁舎内に東京都庁郵便局(第一本庁舎1F)、及びその他の各金融機関の店舗外ATMなどが設置されている(なお、新銀行東京のATMは2007年8月末をもって稼働を終了した)。東京都庁舎 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都

    東京都から見た新銀行東京新銀行東京

    かつて連結での財政を悪化させた要因は第三セクターの財政問題である。東京都が推進した臨海副都心開発事業では、東京テレポートセンター、東京臨海副都心建設、竹芝地域開発、東京ファッションタウン、タイム二十四の臨海関連第三セクター5社が相次いで経営破綻するなどの問題が発生し、5社の頭文字を取って「5T問題」と呼ばれた。他にも、国際貿易センター、東京臨海高速鉄道、東京都地下鉄建設、多摩ニュータウン開発センターなどの問題を抱えた。また、石原都知事の主導により中小企業金融を名目として2003年(平成15年)に設立された新銀行東京は、巨額の赤字を計上し、東京都による追加出資が必要となる事態となったが、2010年度以降黒字化、2016年に舛添要一都知事によって東京TYフィナンシャルグループに売却された。東京都 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本

    2008年の日本から見た新銀行東京新銀行東京

    新銀行東京、累積赤字削減のため、2008年度内に店舗数を6から1に削減、従業員数を現状の4分の1程度に削減する再建策を発表すると同時に、東京都に400億円の追加出資を要請。都は都議会に追加出資分を含む補正予算案を提出。3月26日に可決成立。2008年の日本 フレッシュアイペディアより)

88件中 71 - 80件表示