前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
113件中 1 - 10件表示
  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た石原慎太郎

    2003年(平成15年)に東京都知事石原慎太郎の選挙公約(中小企業対策)に基づき、ほぼその即断で、既存のBNPパリバ信託銀行を公有化する手法で発足したことから、一部では「石原銀行」とまで評される。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た森田徹

    森田徹(旧協和銀行出身、元りそな銀行取締役)2007年(平成19年)6月23日 - 2007年(平成19年)11月30日(代表執行役)新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た2009年

    2006年(平成18年)のキャンペーンで集めた預金のうち、2009年(平成21年)には3年定期(1.5%)が満期を迎えた。5月現在の金利は0.25%(300万未満)であるため、高金利を求める預金者は、2009年(平成21年)5月現在でもなお3年で1.5%の金利を提示している日本振興銀行に流れた。(ただし、日本振興銀は2010年9月に破綻し、初のペイオフ発動となった)。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た豊田通商

    仁司泰正(元豊田通商常勤監査役)2004年(平成16年)4月1日 - 2007年(平成19年)6月22日(ただし、2004年(平成16年)6月の委員会設置会社移行までは、代表取締役社長。以降は代表執行役)新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見たゆうちょ銀行

    2005年(平成17年)4月1日 - 千代田区大手町に本店開業(同時に、セブン銀行(当時・アイワイバンク銀行)・ゆうちょ銀行ATM(当時・郵便貯金ATM)・ビューアルッテとの提携を開始)新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見たブランチインブランチ

    2006年(平成18年)度は都合9店舗体制とし、シティバンク銀行(当時は、シティバンク、エヌ・エイ)や新生銀行の都内店舗並の展開をしていく予定としていたが、2007年度の第3四半期には、3店舗がブランチインブランチ化された。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た青島幸男

    新銀行東京のオリジナルの発想は、1995年(平成7年)に都知事選に出馬して青島幸男に敗れた大前研一のものだが、石原が作ったのはおよそ異なるもの、と大前は主張している。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た西川善文

    設立経緯から、全国銀行協会(全銀協)の役員から非難・反発を浴びた。同協会には非加盟である。ATMも、MICS(全国キャッシュサービス)には接続されていない。特に、三菱東京UFJ銀行の相談役・三木繁光や、全銀協会長・三井住友銀行頭取・日本郵政社長などを務めた西川善文といった「郵政民営化は銀行に対する民業圧迫」、「自治体による金融機関の設置は時代錯誤」とする論者の反発が強かったとされる。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た与謝野馨

    経済界では、設立理念そのものを「不良債権の温床」と批判する向きが多かった。経済閣僚であった与謝野馨も「止めるなら今」と進言するなど、政界からの批判も起こっている。「都営銀行」の設立を石原に提案した大前研一も「中小企業融資は大銀行でも不得手な領域で、素人の都が手を出せるものではない。」と強く反対したが、石原は「国や大銀行がやらないからこそ、(都が)やらなければならない。」と譲らなかった。さらには、2003年(平成15年)11月8日の記者会見で、「(都が出資した)1000億円は、将来、数兆円になる。」と石原は述べている。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た石原宏高

    主に品川区と大田区の企業に融資しており、いずれも石原の三男・石原宏高の選挙地盤であることから、身内の選挙対策ではないかとも批判されている。また、石原の提案でおこなわれている、都の若手芸術家育成事業「トーキョーワンダーサイト」から絵画3点を購入していたことも判明した。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
113件中 1 - 10件表示