131件中 111 - 120件表示
  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た土曜日

    普通預金利息は、2月と8月の所定の日に1円未満は切り捨てした上で残高に付与される。所定の日とは、第3土曜日に決算し、入金は翌日の日曜日付けである。毎日の最終残高1000円以上のものを対象に、付利単位は100円。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見たしんぶん赤旗

    2008年(平成20年)3月に都議会は400億円の追加出資を自民党、公明党の賛成により可決した。『しんぶん赤旗』によると、有権者の多くは追加出資に反対している。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た請負

    中小建設業者向けの「公共工事代金債権信託」は、請負金額に対する工事出来高から請負契約に基づく前払金を差し引いた額を信託債権元本額として信託受益権を投資家に販売することにより、建設業者が前払金を使い切った後、公共工事を完成するまでのつなぎ融資の機能を持っている。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た赤字

    2006年(平成18年)6月1日、開業初年度だった2006年3月期の単独決算を発表した。経常損益は209億円の赤字であり、最終赤字も同じく209億円であった。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見たナローバンク論

    2001年(平成13年)に大前研一が石原に持ちかけたナロウバンクのような店舗を持たない仮想銀行・ネット銀行構想が切っ掛けであった。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た損益

    2006年(平成18年)6月1日、開業初年度だった2006年3月期の単独決算を発表した。経常損益は209億円の赤字であり、最終赤字も同じく209億円であった。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た資金調達

    2003年(平成15年)、石原の主導で都が策定した「東京発金融改革」を旗印に『資金調達に悩む中小企業を救済すること』を理念とした新銀行構想を打ち出した。同時期に「BNPパリバ」が日本での事業見直しを行っており、傘下の「BNPパリバ信託銀行」の売却先を検討していた。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た貸倒引当金

    2010年(平成22年)3月期決算では創立以来初めて通期で黒字を計上したものの、これは貸倒引当金取り崩しが主たる要因で、本業の儲けを示す実質業務純利益では金額は減ったものの依然として赤字が続いている。与信件数・残高、預金すべて前年よりも減らしており、縮小均衡の道をたどっている。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た監査役

    その後、石原の強い要望で「中小企業への貸し渋り対策」「ベンチャー企業向け融資」などの目的を加え、この頃から大前と大前がプロジェクトチームに参加させていたマッキンゼーとの意見対立も表面化し、当初ボランティアとして参加していた大前は2002年にプロジェクトを離脱した。結局、石原は当時トヨタ自動車会長で経団連会長だった奥田碩から紹介を受けた仁司泰正(当時の豊田通商常勤監査役)を代表に迎えた。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た台東区

    2005年(平成17年)は、4月1日に東京都千代田区大手町の本店、2005年(平成17年)5月13日に新宿出張所(新宿区)と蒲田出張所(大田区)、2005年(平成17年)7月1日に立川出張所(立川市)と上野出張所(台東区)、錦糸町出張所(墨田区)を開店させた。2006年(平成18年)度は都合9店舗体制とし、シティバンク銀行(当時は、シティバンク、エヌ・エイ)や新生銀行の都内店舗並の展開をしていく予定としていたが、2007年度の第3四半期には、3店舗がブランチインブランチ化された。2008年(平成20年)5月7日より、すべての店舗が本店(同時に、本店を大手町より従前の新宿出張所所在地に移転)にブランチインブランチ化された。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

131件中 111 - 120件表示