113件中 41 - 50件表示
  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た決算

    2006年(平成18年)6月1日、開業初年度だった2006年3月期の単独決算を発表した。経常損益は209億円の赤字であり、最終赤字も同じく209億円であった。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た融資

    中小企業向けの融資、一般顧客のICカードの活用を中心とした利便性の高い金融サービスを東京都内で提供できる銀行として、2004年(平成16年)4月1日に買収したBNPパリバ信託銀行(1999年(平成11年)設立)を、業態再編にて「新銀行東京」と商号変更した上で、1年後の2005年(平成17年)4月1日に開業。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た株式

    成立の経緯から東京都が1000億円を出資、民間企業数社も出資(当初目標額は500億円)し、資本金・資本準備金計1187億円で発足している。株式の84.22%を東京都が保有する。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た公約

    2003年(平成15年)に東京都知事石原慎太郎の選挙公約(中小企業対策)に基づき、ほぼその即断で、既存のBNPパリバ信託銀行を公有化する手法で発足したことから、一部では「石原銀行」とまで評される。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見たローソンATM

    2006年(平成18年)3月26日 - みずほ銀行とのATM相互利用提携開始(同時に、みずほ銀行管理機に限り、イーネット・ローソンATMとの接続開始)新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見たシティバンク銀行

    2006年(平成18年)度は都合9店舗体制とし、シティバンク銀行(当時は、シティバンク、エヌ・エイ)や新生銀行の都内店舗並の展開をしていく予定としていたが、2007年度の第3四半期には、3店舗がブランチインブランチ化された。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た信用金庫

    2006年(平成18年)1月23日 - 信用金庫とのATM相互利用提携開始(ただし、NTTデータスイッチングサービスへ接続している金庫に限る)新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た三菱東京UFJ銀行

    設立経緯から、全国銀行協会(全銀協)の役員から非難・反発を浴びた。同協会には非加盟である。ATMも、MICS(全国キャッシュサービス)には接続されていない。特に、三菱東京UFJ銀行の相談役・三木繁光や、全銀協会長・三井住友銀行頭取・日本郵政社長などを務めた西川善文といった「郵政民営化は銀行に対する民業圧迫」、「自治体による金融機関の設置は時代錯誤」とする論者の反発が強かったとされる。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見たネット銀行

    設立時の経緯から信託銀行に区分されているが、金融庁の分類では「新たな形態の銀行等」として、ネット銀行など、新規参入銀行とともに位置付けられている。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た埼玉銀行

    2007年3月期決算発表と同時に、豊田通商出身の代表執行役・仁司泰正が2007年(平成19年)6月22日に退任し、後任を旧埼玉銀行出身で元りそな銀行取締役(関連会社の副社長に出向後、りそなグループ外の会社の取締役を務めていた)の森田徹とする人事を発表した。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

113件中 41 - 50件表示