131件中 41 - 50件表示
  • 新銀行東京

    新銀行東京から見たICカード

    東京都は2004年(平成16年)4月1日にBNPパリバ信託銀行(1999年(平成11年)設立)を買収し、業態再編にて「新銀行東京」と商号変更。2005年(平成17年)4月1日に新銀行東京(本店は東京都千代田区大手町)を開業した。中小企業・ベンチャー企業向け融資、ICカードの活用を中心とした利便性の高い金融サービスの提供を東京都内で開始した。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た利息

    普通預金利息は、2月と8月の所定の日に1円未満は切り捨てした上で残高に付与される。所定の日とは、第3土曜日に決算し、入金は翌日の日曜日付けである。毎日の最終残高1000円以上のものを対象に、付利単位は100円。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た普通預金

    普通預金利息は、2月と8月の所定の日に1円未満は切り捨てした上で残高に付与される。所定の日とは、第3土曜日に決算し、入金は翌日の日曜日付けである。毎日の最終残高1000円以上のものを対象に、付利単位は100円。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た東京都議会

    2009年(平成21年)7月、東京都議会議員選挙1週間前に、四半期黒字見通しという記事が産経新聞に載った。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た預金

    2008年度以降預金残高を200億円まで段階的に削減する方針が打ち出されているが、信用組合の下位クラスかそれ以下の規模に縮小してまで存続させることの意義についても疑問が示されている。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た決算

    2006年(平成18年)6月1日、開業初年度だった2006年3月期の単独決算を発表した。経常損益は209億円の赤字であり、最終赤字も同じく209億円であった。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た株式

    成立の経緯から東京都が1000億円を出資、民間企業数社も出資(当初目標額は500億円)し、資本金・資本準備金計1187億円で発足していた。また株式の84.22%を東京都が保有していた。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た公約

    2003年に東京都知事石原慎太郎の選挙公約(中小企業対策)に基づき、ほぼその即断で、既存のBNPパリバ信託銀行を公有化する手法で発足したことから、一部では石原銀行とまで評される。「銀行」の名称が末尾に付かない唯一の銀行である。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見たシティバンク銀行

    2005年(平成17年)は、4月1日に東京都千代田区大手町の本店、2005年(平成17年)5月13日に新宿出張所(新宿区)と蒲田出張所(大田区)、2005年(平成17年)7月1日に立川出張所(立川市)と上野出張所(台東区)、錦糸町出張所(墨田区)を開店させた。2006年(平成18年)度は都合9店舗体制とし、シティバンク銀行(当時は、シティバンク、エヌ・エイ)や新生銀行の都内店舗並の展開をしていく予定としていたが、2007年度の第3四半期には、3店舗がブランチインブランチ化された。2008年(平成20年)5月7日より、すべての店舗が本店(同時に、本店を大手町より従前の新宿出張所所在地に移転)にブランチインブランチ化された。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た信用金庫

    1月23日 - 信用金庫とのATM相互利用提携開始(ただし、NTTデータスイッチングサービスへ接続している金庫に限る)。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

131件中 41 - 50件表示