前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示
  • 小室直樹

    小室直樹から見た日下公人日下公人

    左右の政治対立図式では保守系に分類されることが多い。渡部昇一や西尾幹二、日下公人らとの対談本も多く刊行しており、また熱心な改憲論者であった。しかしそうした反面、政治学方面での師匠であった(戦後左派の教祖的存在である)丸山眞男を生涯尊敬するなどの面もあって、かならずしもまったくの保守主義陣営の論者だったというわけではない(横田喜三郎のことは戦後最悪の犯罪的学者として罵倒している)大東亜戦争については、善悪論や事実論で論じるよりも、日本陸軍が指導者個人の意思を離れて、組織として独立して歯止めがきかなくなっていったという理論を中心に提唱しているが、これは丸山の政治論と山本七平の日本文化論を折衷したものである。小室直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 渡部昇一

    渡部昇一から見た日下公人日下公人

    WiLL2008年7月号の日下公人との対談において、「…ですが美智子様が皇室に入られたために、宮中に仕えていた女性がみんな辞めてしまったそうです」と発言したことについて宮内庁より説明を求める抗議を受けている。宮内庁によれば、そのような事実はなく「その根拠,理由などを承知したく」渡部に要求している。また、同誌において渡部は「ですから、皇太子殿下が一番大切な時期にイギリスに4年も留学なさったというのは、長すぎます」と発言している点についても宮内庁は「当時の徳仁親王殿下が英国に留学なさったのは、昭和58年6月から昭和60年10月までの約2年間です」とその発言が正確性を欠いたものであることを指摘している。渡部昇一 フレッシュアイペディアより)

  • WiLL (雑誌)

    WiLL (雑誌)から見た日下公人日下公人

    2008年7月号に記載した渡部昇一と日下公人の対談、2008年8月号に記載した西尾幹二の記事「これが最後の皇太子さまへの御忠言」、が「昭和天皇、今上天皇、皇后美智子、皇太子徳仁親王、女官について書かれている内容が虚偽である」として宮内庁より抗議を受け誌上での訂正を求められる。WiLL (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 元気出せ!ニッポン

    元気出せ!ニッポンから見た日下公人日下公人

    第1回(2月7日) 「マスコミの悲観論に洗脳されないために」ゲスト 評論家 日下公人元気出せ!ニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 人材開発

    人材開発から見た日下公人日下公人

    日下公人 『人材開発の技術 : 人を発掘し、登用する会社が21世紀の優秀会社人材開発 フレッシュアイペディアより)

  • ワック・マガジンズ

    ワック・マガジンズから見た日下公人日下公人

    2008年7月号の渡部昇一と日下公人の対談のなかで「美智子様が皇室に入られたために、宮中に仕えていた女性がみんな辞めてしまったそうです」と発言したが、宮内庁から渡部にその根拠や理由などを要求されている。また「皇太子殿下(徳仁親王)が一番大切な時期にイギリスに4年も留学なさったというのは、長すぎます」との発言についても、宮内庁は約2年間であるとして、虚偽情報であることを指摘している。ワック・マガジンズ フレッシュアイペディアより)

  • 惠隆之介

    惠隆之介から見た日下公人日下公人

    日下公人は惠の2012年の著書『誰も語れなかった沖縄の真実』について「凡百の沖縄論を圧倒する広い視野と高い見識と精緻な事実認識」と評価した。惠隆之介 フレッシュアイペディアより)

  • 田母神論文問題

    田母神論文問題から見た日下公人日下公人

    この号も「総力特集:誰も語らぬ田母神問題の本質?『戦後』の呪縛が日本を自壊させる?」として、日下公人、佐藤守、花岡信昭、百地章、乾正人、濱口和久の論考を掲載している また正論は田母神の主張を繰り返し掲載している他、田母神の主張に賛同する現職自衛隊幹部の覆面座談会を掲載している。田母神論文問題 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカの戦争と外交政策

    アメリカの戦争と外交政策から見た日下公人日下公人

    日下公人『人間はなぜ戦争をやめられないのか?平和を誤解している日本人のために』祥伝社アメリカの戦争と外交政策 フレッシュアイペディアより)

  • 呉善花

    呉善花から見た日下公人日下公人

    日本の文化力が世界を幸せにする(2004年 PHP研究所) 日下公人と共著呉善花 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示