47件中 11 - 20件表示
  • 青木雄二

    青木雄二から見た日下公人日下公人

    「マネー」より「ゼニ」や!(ダイヤモンド社、2001年2月、ISBN 978-4478600313)日下公人との共著。青木雄二 フレッシュアイペディアより)

  • Voice (雑誌)

    Voice (雑誌)から見た日下公人日下公人

    堺屋太一、天谷直弘、日下公人、藤岡和賀夫、牛尾治朗、長谷川慶太郎、岡崎久彦、大前研一などを執筆者として創刊する。Voice (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤貫

    伊藤貫から見た日下公人日下公人

    - 中西輝政、日下公人、平松茂雄、櫻井よしこ、西岡力、伊藤貫、兵頭二十八による論考・鼎談を収録。伊藤貫 フレッシュアイペディアより)

  • 経済評論家

    経済評論家から見た日下公人日下公人

    日下公人(元東京財団会長、多摩大学名誉教授)経済評論家 フレッシュアイペディアより)

  • ドーモ君 (福地泡介の漫画)

    ドーモ君 (福地泡介の漫画)から見た日下公人日下公人

    作者の死後、『「ドーモ君」の見た平成ニッポン - 日本経済新聞の4コマで読む平成の動き』(日下公人著、福地泡介画 PHP研究所 ISBN/EAN: 9784569553146)という単行本が1996年8月に出版された。ドーモ君 (福地泡介の漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 瀬島龍三

    瀬島龍三から見た日下公人日下公人

    日下公人が瀬島龍三に開戦前夜の大本営について質問した。1941年11月26日にハル・ノートが出た頃、ドイツ軍の進撃がモスクワの前面50kmで停止し、大本営は「冬が明けて来年春になれば、また攻撃再開でモスクワは落ちる。」と考えていた。「本当に大本営はそう思っていたんですか?」と瀬島龍三に尋ねると「思っていた。」と。続けて「もしもドイツがこれでストップだと判断したら、それでも日本は12月8日の開戦をやりましたか?」と尋ねると、「日下さん、絶対そんなことはありません。私はあのとき、大本営の参謀本部の作戦課にいたけれど、ドイツの勝利が前提でみんな浮き足立ったのであって、ドイツ・ストップと聞いたなら全員『やめ』です。それでも日本だけやるという人なんかいません。その空気は、私はよく知っています。」と答えた。瀬島龍三 フレッシュアイペディアより)

  • 高山正之

    高山正之から見た日下公人日下公人

    『日本はどれほどいい国か 何度でも言う、「世界はみんな腹黒い」』(PHP研究所、2008年) ※日下公人と共著高山正之 フレッシュアイペディアより)

  • 田久保忠衛

    田久保忠衛から見た日下公人日下公人

    日下公人・志方俊之・西村眞悟)『国益会議?「アメリカ一極支配時代」を日本はいかに生き抜くか』(PHP研究所, 2003年7月)ISBN 4569629237田久保忠衛 フレッシュアイペディアより)

  • 宮脇淳子

    宮脇淳子から見た日下公人日下公人

    『日本人がつくる世界史』日下公人共著 KADOKAWA 2015宮脇淳子 フレッシュアイペディアより)

  • 今村均

    今村均から見た日下公人日下公人

    日下公人『組織に負けぬ人生。 不敗の名将・今村均大将に学ぶ』PHP研究所 ISBN 4-569-61740-9今村均 フレッシュアイペディアより)

47件中 11 - 20件表示