38件中 11 - 20件表示
  • 伊藤洋一

    伊藤洋一から見た日下公人日下公人

    『上品で美しい国家-日本人の伝統と美意識』(日下公人との共著)(ビジネス社刊、2006年5月発売、ISBN 4828412727)伊藤洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 清谷信一

    清谷信一から見た日下公人日下公人

    日下公人)『アメリカの落日――「戦争と正義」の正体』(廣済堂出版, 2002年)清谷信一 フレッシュアイペディアより)

  • 日本化

    日本化から見た日下公人日下公人

    日下公人『21世紀、世界は日本化する』PHPソフトウェアグループ 2000年2月 ISBN 978-4569610184日本化 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽の黙示録

    太陽の黙示録から見た日下公人日下公人

    この作品に対して日本国統合の象徴である天皇が一度も出ていないことをコメントした批評家もいる(日下公人など)。ただし、震災直後の避難先として皇居が登場することから、皇室は存在すると思われる。太陽の黙示録 フレッシュアイペディアより)

  • 経済評論家

    経済評論家から見た日下公人日下公人

    日下公人(元東京財団会長、多摩大学名誉教授)経済評論家 フレッシュアイペディアより)

  • 田久保忠衛

    田久保忠衛から見た日下公人日下公人

    日下公人・志方俊之・西村眞悟)『国益会議?「アメリカ一極支配時代」を日本はいかに生き抜くか』(PHP研究所, 2003年7月)ISBN 4569629237田久保忠衛 フレッシュアイペディアより)

  • 谷沢永一

    谷沢永一から見た日下公人日下公人

    日下公人 けじめをつけろ、責任者! PHP研究所 1996.5谷沢永一 フレッシュアイペディアより)

  • 小室直樹

    小室直樹から見た日下公人日下公人

    『太平洋戦争、こうすれば勝てた』(講談社、日下公人との共著、改題『大東亜戦争、こうすれば勝てた』講談社+α文庫、2001年)小室直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬島龍三

    瀬島龍三から見た日下公人日下公人

    戦後、日下公人が瀬島龍三に開戦前夜の大本営について質問した。1941年11月26日にハル・ノートが出た頃、ドイツ軍の進撃がモスクワの前面50kmというところで停止した。大本営は「この冬が明けて来年春になれば、また攻撃再開でモスクワは落ちる。」と考えていた。「本当に大本営はそう思っていたんですか?」と瀬島竜三に尋ねると「思っていた。」と。続けて「もしもドイツがこれでストップだと判断したら、それでも日本は12月8日の開戦をやりましたか?」と尋ねると、「日下さん、絶対そんなことはありません。私はあのとき、大本営の参謀本部の作戦課にいたけれど、ドイツの勝利が前提でみんな浮き足立ったのであって、ドイツ・ストップと聞いたなら全員『やめ』です。それでも日本だけやるという人なんかいません。その空気は、私はよく知っています。」と。瀬島龍三 フレッシュアイペディアより)

  • 養老孟司

    養老孟司から見た日下公人日下公人

    「バカの壁」をぶち壊せ! 正しい頭の使い方(共著:日下公人)--ビジネス社養老孟司 フレッシュアイペディアより)

38件中 11 - 20件表示