240件中 21 - 30件表示
  • 日下公人

    日下公人から見たデロリアン

    ウィリアム・ヘイディド(他)『デロリアンの教訓 : 「突出経営」はどこで失敗したか』 ダイヤモンド社 1986年 ISBN 4478320128日下公人 フレッシュアイペディアより)

  • 日下公人

    日下公人から見た日本経済新聞社

    『デベロッパー : 住宅から都市産業へ』日本経済新聞社 1970年日下公人 フレッシュアイペディアより)

  • 日下公人

    日下公人から見た新潮社

    『経済感覚の磨き方 : 日常生活から生きた経済を発見する目のつけどころ』 新潮社 1990年 ISBN 4101207119日下公人 フレッシュアイペディアより)

  • 日下公人

    日下公人から見た小学館

    『日本人の通信簿 : 日本人は世界の優等生か?劣等生か?』 小学館 2003年 ISBN 4093874107日下公人 フレッシュアイペディアより)

  • 日下公人

    日下公人から見た日本長期信用銀行

    1955年4月 日本長期信用銀行に入行。日下公人 フレッシュアイペディアより)

  • 日下公人

    日下公人から見たテイジン

    青森県に行ってみると、原子爆弾の材料になるプルトニウムが1千何百キロと積んである。使い道としてはプルサーマル発電に使えばいい。やっとこのたび、九州の「玄海」という原発で使うようになったが、ともかくそれだけ溜まって積んである。あれは猛毒だから、中国がもし日本に「原子爆弾を打ち込むぞ。尖閣諸島はおれのものだ」と言ったら、「日本も同じだけの仕返しをします」と答えればよい。「日本に原子爆弾はないじゃないか」「そんなものなくても、プルトニウムが1千何百キロ積んである」。猛毒で、3千年ぐらい消えないプルトニウムを、水源地にばら撒けば、川の流れに流れて、もう回収できない。下流は、全部人が住めなくなる。「日本にはミサイルがない」「そんなもの要りません、旅客機から、ぱっぱと落としてもよい」。こういう話をだれもしない。それは、日本人が心の底から平和な人間だからである。これは武器に使えるとなぜ思わないのか。それは日本人の精神が「超近代」になっているからである。オバマが日本の大使に「日本を守ってやっている」と言ったとする。なんと言い返すか。「オバマさん、あなたは大統領就任式のとき、暗殺されるといけないから警戒を厳重にせよ、と言ったでしょう。そして防弾チョッキを着ていったでしょう。あの防弾チョッキは日本製ですよ。テイジンがあなたの防弾チョッキをつくっているのです。日本もあなたを守っているのです」言えばいい。日下公人 フレッシュアイペディアより)

  • 日下公人

    日下公人から見た光文社

    『グローバルスタンダードと日本の「ものさし」』 光文社 2001年 ISBN 4334007201日下公人 フレッシュアイペディアより)

  • 日下公人

    日下公人から見た時事通信社

    ロナルド・A・モース(他)『「無条件勝利」のアメリカと日本の選択』 時事通信社 2002年 ISBN 4788701790 (監修・翻訳は時事通信社編集部)日下公人 フレッシュアイペディアより)

  • 日下公人

    日下公人から見た堀紘一

    『ヒントのヒント : 柔らかな目は発想の芽 : 脳内マグマのふたをとれ』 (堀紘一) PHP研究所 1997年 ISBN 456955671X日下公人 フレッシュアイペディアより)

  • 日下公人

    日下公人から見た石平 (評論家)

    著書は100冊を超え、他の論客との対談本も多数出している。日下と対談した石平は、日下の主張を「博学多識に基づき、的確」「未来を見通す慧眼」「縦横自在にして斬新奇抜な論理展開」「当意即妙にして快刀乱麻の切れ味には、いつも『快哉』と叫びながら脱帽する思いである」と評している。日下公人 フレッシュアイペディアより)

240件中 21 - 30件表示