64件中 11 - 20件表示
  • 神階

    神階から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    二荒神 (下野国 宇都宮二荒山神社、日光二荒山神社神階 フレッシュアイペディアより)

  • 聖闘士星矢EPISODE.G アサシン

    聖闘士星矢EPISODE.G アサシンから見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    女神の神託を実行せねば宇宙の割れることを示唆しつつ紫龍と会戦。龍の如き強大な力を振るうが、想いのこもった友からの声を力に変えた紫龍の放つ渾身の聖剣を受け敗北、グラムは刃毀れをし自身も多量の出血のため撤退した。全テ乃狭間でアイオロスに舞を依頼する。日光では二荒山神社の神橋にて謎の男との面会後、東照宮にて紫龍と遭遇し再戦する。神龍の神息(ファブニール・ブレス)で圧倒的優位に立つが、紫龍を救出した星矢と交戦。星矢の紫龍を庇う一瞬を狙っての攻撃で彼の心臓の鼓動を止めるが、紫龍の蘇生打撃で立ち上がり女神の小宇宙を受け神聖衣を纏った星矢と再び対峙。彼の放つ流星拳は永遠には続かないもので拳が止まれば星矢は倒れると判断し全て受けきるが、直後、黄金神聖衣を発現させた彼の拳でグラムを破壊され敗北、剣闘士としての刻は終わりを迎える。聖闘士星矢EPISODE.G アサシン フレッシュアイペディアより)

  • 化灯籠

    化灯籠から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    化灯籠、化け灯籠(ばけとうろう)は、栃木県の日光二荒山神社に鎌倉時代に奉納された銅灯籠(唐銅灯籠)の俗称、およびその灯籠にまつわる怪異譚。化灯籠 フレッシュアイペディアより)

  • 桑原盛員

    桑原盛員から見た神橋日光二荒山神社

    元文3年(1738年)父が没し家督を継ぐ(家禄500石)。寛保元年西の丸書院番となり、宝暦2年より進物の事を役儀とした。宝暦10年小十人頭となり、布衣を着ることを許される。宝暦13年目付となる。明和7年将軍徳川家治日光参拝に際して街道筋の検査、また、安永元年には日光の神橋の修復に携わる。安永2年(1773年)に長崎奉行を拝命、同年従五位下能登守に叙任された。安永4年に作事奉行となり、安永5年(1776年)には勘定奉行に進んだ。買米のことで怠慢とされ一時出仕を止められたが、天明8年(1788年)に大目付となった。寛政10年に西の丸留守居役となった。家督は、娘婿の盛倫(松前順広三男)が継いだ。桑原盛員 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡山 (宇都宮市)

    八幡山 (宇都宮市)から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    栃木県北西部山系は日光二荒山神社や日光東照宮を祀る日光山内から小倉山、愛宕山、茶臼山、浅間山と続き、宇都宮市北部の篠井富屋連峰を経て戸祭山、当山と続き、そしてその最南端部に明神山が位置する。日光連山および篠井富屋連峰から沸く水は、この山系に沿って鬼怒川、田川、釜川の流れとなり、鬼怒川や田川から引水された人工河川の新川や西鬼怒川とともに宇都宮市域を潤し、また田川からの引水は今市浄水場から戸祭配水場を経て、鬼怒川からの引水は松田新田浄水場を経て何れも上水として宇都宮市民に供給されるなど、宇都宮の水源となっている。当山はまた鬼怒川と田川に挟まれた宇都宮丘陵の一部を成している。宇都宮市街地は、戸祭山、当山、明神山の三峰を中心としてその山麓の平坦部に形成されている。八幡山 (宇都宮市) フレッシュアイペディアより)

  • 下毛野国造

    下毛野国造から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    日光二荒山神社 …… 栃木県日光市。祭神は二荒山神。下野国一宮。下毛野国造 フレッシュアイペディアより)

  • 篠井富屋連峰

    篠井富屋連峰から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    栃木県北西部山系は日光二荒山神社や日光東照宮を祀る日光山内から小倉山、愛宕山、茶臼山、浅間山と連なり、宇都宮市北部で篠井富屋連峰を経て宇都宮市街部の戸祭山、八幡山、明神山と続く。篠井富屋連峰 フレッシュアイペディアより)

  • 赤薙山

    赤薙山から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    赤薙山山頂には赤薙山神社があり少彦名命を祭祀する。社格は日光二荒山神社摂社。以前は赤薙山の奥に奥社があったが現在は無く、奥社跡として知られるのみ。赤薙山 フレッシュアイペディアより)

  • 猿丸大夫

    猿丸大夫から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    「猿丸大夫」という名について、六国史等の公的史料に登場しないことから、本名ではないとする考えが古くからある。さらにその出自についても、山背大兄王の子で聖徳太子の孫とされる弓削王とする説、天武天皇の子弓削皇子とする説や道鏡説、また民間伝承では二荒山神社の神職小野氏の祖である「小野猿丸」とする説など諸説あるが不明。猿丸大夫 フレッシュアイペディアより)

  • 外山 (前日光)

    外山 (前日光)から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    世界遺産に登録されている日光山輪王寺、日光東照宮、日光二荒山神社の鬼門にあたる北東に位置することから、山頂部にはこれを守護するため毘沙門堂が建てられ毘沙門天が祀られている。毘沙門堂はかつて木製であったが、現在は石製のものに造り替えられている。外山 (前日光) フレッシュアイペディアより)

64件中 11 - 20件表示

「日光二荒山神社」のニューストピックワード