52件中 21 - 30件表示
  • 大宮神社 (山武市)

    大宮神社 (山武市)から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    江戸期には「借毛郷大宮」と呼ばれ、当時は借毛郷諸村のみならず広域にわたって氏子を擁していたといわれている。現在でも4月5日の春の例祭と10月17日の秋の例祭には、近郊から多くの参詣者を集める。春の例祭には、天下太平、五穀豊穣を祈願し、江戸中期に日光二荒山神社より伝わったとされる福田流の神楽、猿田彦之命・恵比寿舞・大黒舞・八幡舞・荒神式・春日舞・稲荷舞・榊葉・保食・臼女之舞・種蒔・素戔嗚尊の12座が奉納され、秋の例祭には神輿の渡御が行われる。大宮神社 (山武市) フレッシュアイペディアより)

  • 中禅寺温泉

    中禅寺温泉から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    中禅寺温泉(ちゅうぜんじおんせん)は、栃木県日光市、にある中禅寺湖の北岸、二荒山神社中宮祠付近にある温泉地。中禅寺温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 日光湯元温泉

    日光湯元温泉から見た神橋日光二荒山神社

    「日光山志」によると、中禅寺温泉湯元は中禅寺別所の西北、赤沼原(現在の赤沼)を経て三里、日光神橋より六里のところ、湯ノ湖の近くにあった。春に入っても風雪が激しく3月中は寒さが残り9月には前山が初雪となるため、毎年旧暦4月8日から同9月8日まで湯室を開いていたが、それでも白根山に残雪が残る期間は入浴する者も少なく、湯治シーズンは毎年5月末より6月頃からとなっていた。日光町方により管理され、必要な物資食料は日光町方が背に担いで運搬していた。三町から四町ほどの広さの平坦地・湯平(現在の湯元)には9軒の大きな湯屋があり、いずれも泉源のある東寄りの山際に並んで建てられており、ここから上州沼田に抜ける間道があった。日光湯元温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 日光インターチェンジ

    日光インターチェンジから見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    日光インターチェンジ(にっこうインターチェンジ)は栃木県日光市にある日光宇都宮道路のインターチェンジである。霧降高原、日光東照宮、日光二荒山神社、日光山輪王寺などへのアクセスに用いられる。日光インターチェンジ フレッシュアイペディアより)

  • 東武日光軌道線

    東武日光軌道線から見た神橋日光二荒山神社

    9月15日 - 古河電工日光電気精銅所へ貨物列車直通のための専用橋が神橋のとなりに完成。翌日、電気機関車使用開始。最大4両の貨車を連結して運行。東武日光軌道線 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷川 (日光市)

    大谷川 (日光市)から見た神橋日光二荒山神社

    大谷川は発電に利用されるため、場所により普段は水量は少なく枯れ川同然の時もある。しかし台風や大雨の際は増水する。1902年(明治35年)9月28日に関東地方を襲った台風(足尾台風)によって発生した洪水では、家屋が流され神橋が損壊するなどの甚大な被害を引き起こしている。大谷川 (日光市) フレッシュアイペディアより)

  • 日光修験

    日光修験から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    明治維新の神仏分離・廃仏毀釈によって日光修験は禁じられて一旦は途絶したものの、現在は日光山輪王寺、中禅寺、日光二荒山神社の協力で復興され、春・夏・秋の3回の峰入りを実施している。日光修験 フレッシュアイペディアより)

  • 下毛野国造

    下毛野国造から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    日光二荒山神社 …… 栃木県日光市。祭神は二荒山神。下野国一宮。下毛野国造 フレッシュアイペディアより)

  • 猿丸大夫

    猿丸大夫から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    さらにその出自についても、その名が六国史をはじめとする公的史料に登場しないことから、これは本名ではなかろうとする考えが古くからあり、山背大兄王の子で聖徳太子の孫とされる弓削王とする説、天武天皇の子弓削皇子とする説や道鏡説、また民間伝承では二荒山神社の神職小野氏の祖である「小野猿丸」とする説など諸説あるが不明。哲学者の梅原猛は、著書『水底の歌-柿本人麻呂論』で柿本人麻呂と猿丸大夫は同一人物であるとの仮説を示しているが、これにも有力な根拠は無い。猿丸大夫 フレッシュアイペディアより)

  • 門前町

    門前町から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    日光 - 栃木県日光市 - 日光東照宮、日光二荒山神社、輪王寺門前町 フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示

「日光二荒山神社」のニューストピックワード