64件中 21 - 30件表示
  • 柿沼竹雄

    柿沼竹雄から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    下野国都賀郡鹿沼町(現栃木県鹿沼市)出身。今宮神社社家・柿沼雅雄の長男として生まれる。祖父、日光二荒山神社宮司・柿沼広身の薫陶を受けた。柿沼の教育のため一家で東京に移住。柿沼竹雄 フレッシュアイペディアより)

  • 日光修験

    日光修験から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    明治維新の神仏分離・廃仏毀釈によって日光修験は禁じられて一旦は途絶したものの、現在は日光山輪王寺、中禅寺、日光二荒山神社の協力で復興され、春・夏・秋の3回の峰入りを実施している。日光修験 フレッシュアイペディアより)

  • 明神山 (宇都宮市)

    明神山 (宇都宮市)から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    栃木県北西部山系は日光二荒山神社や日光東照宮を祀る日光山内から小倉山、愛宕山、茶臼山、浅間山と連なり、宇都宮市北部の篠井富屋連峰を経て戸祭山、八幡山と続き、そして当山はその最南端部に位置する。当山はまた宇都宮丘陵の一部を成している。明神山の名称の由来は、山頂(臼が峰)に鎮座する宇都宮二荒山神社の別称である宇都宮明神であり、この宇都宮明神を拝するように当山の南麓平地部には宇都宮城(平城)が築かれ、その歴代城主であった宇都宮氏一族は当神社の社職であった。明神山は古来からの俗称であるが、現在では宇都宮二荒山神社と合わせてふたあらさんや二荒の杜とも呼ばれている。三角点が無いため正式な標高は不明であるが、約135m程度である。明神山 (宇都宮市) フレッシュアイペディアより)

  • 刎橋

    刎橋から見た神橋日光二荒山神社

    そのほか、日光の神橋では、刎橋と桁橋を組み合わせた構造を取っている。刎橋 フレッシュアイペディアより)

  • 瑞雲院

    瑞雲院から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    江戸幕府初代征夷大将軍・徳川家康の側近で有名な南光坊天海の出自のひとつに、古河公方・足利高基と瑞雲院の子の説(宇都宮一族説)が存在するが、天海の出自に関する説は多数あり、どれも確証を得られるものではない。また、天海が慶長18年(1613年)に家康より日光山貫主を拝命し、本坊・光明院を再興した際に揉め事がなかったのは、天海が古河公方の末裔あるいは宇都宮一族だった可能性があったからすんなり迎え入れられたとする説もある。瑞雲院 フレッシュアイペディアより)

  • 日光インターチェンジ

    日光インターチェンジから見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    日光インターチェンジ(にっこうインターチェンジ)は栃木県日光市にある日光宇都宮道路のインターチェンジである。霧降高原、日光東照宮、日光二荒山神社、日光山輪王寺などへのアクセスに用いられる。日光インターチェンジ フレッシュアイペディアより)

  • 足尾台風

    足尾台風から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    また、日光中宮祠では土石流が発生。中禅寺湖に流れ込んだ土砂が3mの高波を起こし、旅館などで被害者を出した。この波は華厳滝を越えて大谷川に流れ込み、神橋、大谷橋が流失。含満ヶ淵の「並び地蔵」も流失した。裏見滝はこの台風がもとで姿を変えたという。足尾台風 フレッシュアイペディアより)

  • 大宮神社 (山武市)

    大宮神社 (山武市)から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    江戸期には「借毛郷大宮」と呼ばれ、当時は借毛郷諸村のみならず広域にわたって氏子を擁していたといわれている。現在でも4月5日の春の例祭と10月17日の秋の例祭には、近郊から多くの参詣者を集める。春の例祭には、天下太平、五穀豊穣を祈願し、江戸中期に日光二荒山神社より伝わったとされる福田流の神楽、猿田彦之命・恵比寿舞・大黒舞・八幡舞・荒神式・春日舞・稲荷舞・榊葉・保食・臼女之舞・種蒔・素戔嗚尊の12座が奉納され、秋の例祭には神輿の渡御が行われる。大宮神社 (山武市) フレッシュアイペディアより)

  • 中禅寺温泉

    中禅寺温泉から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    中禅寺温泉(ちゅうぜんじおんせん)は、栃木県日光市、にある中禅寺湖の北岸、二荒山神社中宮祠付近にある温泉地。中禅寺温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県の観光地

    栃木県の観光地から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    日光市 - 日光東照宮、日光二荒山神社、日光山輪王寺、華厳滝、中禅寺湖、コウシンソウ自生地、日光杉並木、中禅寺(坂東三十三箇所)など。栃木県の観光地 フレッシュアイペディアより)

64件中 21 - 30件表示

「日光二荒山神社」のニューストピックワード