64件中 31 - 40件表示
  • 大谷川 (日光市)

    大谷川 (日光市)から見た神橋日光二荒山神社

    大谷川は発電に利用されるため、場所により普段は水量は少なく枯れ川同然の時もある。しかし台風や大雨の際は増水する。1902年(明治35年)9月28日に関東地方を襲った台風(足尾台風)によって発生した洪水では、家屋が流され神橋が損壊するなどの甚大な被害を引き起こしている。大谷川 (日光市) フレッシュアイペディアより)

  • 大太刀

    大太刀から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    日光二荒山神社(栃木県日光市)が所蔵。 大太刀 フレッシュアイペディアより)

  • 大真名子山

    大真名子山から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    山頂には大真名子山神社の祠があり、御神体として味耜高彦根命が祀られている。社格は日光二荒山神社の摂社である。大真名子山 フレッシュアイペディアより)

  • 徳次郎町

    徳次郎町から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    奈良時代に日光の久次良一族によって日光二荒山神社を遷したとされる智賀都神社や、戦国時代に宇都宮氏家臣の新田氏(新田徳次郎)によって築城された徳次郎城、江戸時代に二宮尊徳によって設けられた二宮堰などといった歴史的構造物も残されている。徳次郎町 フレッシュアイペディアより)

  • 日光国立公園

    日光国立公園から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    歴史的建造物 - 日光東照宮、日光二荒山神社、輪王寺日光国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 渡部信

    渡部信から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    下野国壬生藩(栃木県下都賀郡壬生町)出身で日光二荒山神社や三嶋大社の宮司を務めた渡部邁の二男として生まれる。1908年(明治41年)、東京帝国大学法科大学仏法科を卒業。逓信書記官、東京帝国大学法科大学講師を経て、宮内省式部官となり、内務参事官や外務書記官を兼ねた。さらに宮内省参事官、内大臣府御用掛、大臣官房文書課長、図書頭・諸陵頭、帝室博物館総長、宮中顧問官を歴任した。渡部信 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮城の戦い

    宇都宮城の戦いから見た神橋日光二荒山神社

    その後、新政府軍は旧幕府軍と今市付近で交戦、日光山での戦いを前に前哨戦となる。しかし、日光山僧が新政府軍に戦役回避の嘆願を申し入れて来たため、司令官板垣退助は旧幕府軍に使者を送り日光山を下るよう説得。折から旧幕府軍では負傷者も増え兵の疲労も増していること、また物資も不足してきたところであったため一旦日光山を下りて会津に向かい、会津の地で再度決戦を行うことを決定、日光は戦火を免れた。このことを讃え、神橋のたもとには現在も大きな板垣退助像が立てられている。宇都宮城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 徳川埋蔵金

    徳川埋蔵金から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    日光山内(東照宮、二荒山神社など、それぞれの論により詳細な場所は異なる)徳川埋蔵金 フレッシュアイペディアより)

  • 戸祭山

    戸祭山から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    栃木県北西部山系は日光二荒山神社や日光東照宮を祀る日光山内から小倉山、愛宕山、茶臼山、浅間山と連なり、宇都宮市北部の篠井富屋連峰を経て当山、八幡山と続き、そしてその最南端部に明神山が位置する。当山はまた宇都宮丘陵の一部を成している。宇都宮市街地は、当山、八幡山、明神山の三峰を中心としてその山麓の平坦部に形成されている。また、この一連の山系の東西には、これを挟むように東に田川、西に釜川が流れる。戸祭山 フレッシュアイペディアより)

  • 東武日光軌道線

    東武日光軌道線から見た神橋日光二荒山神社

    9月15日 - 古河電工日光電気精銅所へ貨物列車直通のための専用橋が神橋のとなりに完成。翌日、電気機関車使用開始。最大4両の貨車を連結して運行。東武日光軌道線 フレッシュアイペディアより)

64件中 31 - 40件表示

「日光二荒山神社」のニューストピックワード