52件中 31 - 40件表示
  • 神橋

    神橋から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    神橋 フレッシュアイペディアより)

  • 東武100形電車 (軌道)

    東武100形電車 (軌道)から見た神橋日光二荒山神社

    塗装は日光の山々を表す若草色を基調とし、日光のシンボルの一つである神橋を表す朱色の帯を巻いた専用塗装であった。東武100形電車 (軌道) フレッシュアイペディアより)

  • 刎橋

    刎橋から見た神橋日光二荒山神社

    そのほか、日光の神橋では、刎橋と桁橋を組み合わせた構造を取っている。刎橋 フレッシュアイペディアより)

  • 宗像三女神

    宗像三女神から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    日光二荒山神社 - 栃木県日光市鎮座宗像三女神 フレッシュアイペディアより)

  • 日光杉並木

    日光杉並木から見た神橋日光二荒山神社

    日光市松原町付近(日光市山内の神橋付近の杉も含むという説もある)から日光市山口付近まで日光杉並木 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮城の戦い

    宇都宮城の戦いから見た神橋日光二荒山神社

    その後、新政府軍は旧幕府軍と今市付近で交戦、日光山での戦いを前に前哨戦となる。しかし、日光山僧が新政府軍に戦役回避の嘆願を申し入れて来たため、司令官板垣退助は旧幕府軍に使者を送り日光山を下るよう説得。折から旧幕府軍では負傷者も増え兵の疲労も増していること、また物資も不足してきたところであったため一旦日光山を下りて会津に向かい、会津の地で再度決戦を行うことを決定、日光は戦火を免れた。このことを讃え、神橋のたもとには現在も大きな板垣退助像が立てられている。宇都宮城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 東武バス日光

    東武バス日光から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    JR日光駅 → 東武日光駅 → ホテル清晃苑 → 勝道上人像 → 表参道 → 西参道 → 大猷院二荒山神社前 → 神橋 → 東武日光駅 → JR日光駅東武バス日光 フレッシュアイペディアより)

  • 下野国

    下野国から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    河内郡 二荒山神社 - 論社に宇都宮二荒山神社と日光二荒山神社の2社。詳細は「二荒山神社」を参照下野国 フレッシュアイペディアより)

  • 利根川

    利根川から見た神橋日光二荒山神社

    利根川流域の土砂災害で顕著なものとしては1783年(天明3年)の浅間山大噴火による吾妻川火山泥流災害(死者1,500人以上)、1910年の明治43年8月洪水による吾妻川・烏川流域の土石流災害(死者212人)、1935年(昭和10年)9月の烏川土石流災害(死者51人)、カスリーン台風による赤城山土石流災害(死者420人)が挙げられる。また渡良瀬川流域では足尾銅山から排出される亜硫酸ガスによる煙害や鉱石巻上げの動力源として薪炭を使用するための森林乱伐、さらに1887年(明治20年)4月8日の松木大火によって源流部は草木が全く生育しない禿しょ地になっていた。このため洪水による土砂被害は著しく現在の渡良瀬遊水地付近にあった赤麻沼は堆砂が激しくなった。日光の大谷川流域では稲荷川を中心とした男体山系の崩壊が著しく、1902年(明治35年)には足尾台風による大谷川・稲荷川の土砂災害や洪水で死者156人を出し、日光東照宮の神橋が流失した。以後も大雨による土砂災害が反復して襲ったほか、1949年(昭和24年)12月には直下型の今市地震が発生し思川上流域で425箇所におよぶ土砂崩落が発生した。そして鬼怒川上流部では現在の五十里ダム上流部に当たる海尻付近で1683年(天和3年)10月20日に発生した南会津地震により、男鹿川右岸の葛老山が380万m3に及ぶ量の地滑りを起こし、高さ70mの天然ダムが誕生。ダムは40年にわたり男鹿川を堰き止めその総貯水容量は6,400万m3と現在の五十里ダムよりも大きい貯水池を形成し、付近の五十里集落が水没する被害を出したほか1723年(享保8年)9月9日集中豪雨によってダムが決壊、現在の宇都宮市にまで濁流が押し寄せる被害を与えている。利根川 フレッシュアイペディアより)

  • 利根川

    利根川から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    現在利根川水系で最大の水力発電所は出力120万kWの玉原発電所である。事業者としては東京電力のほか公営企業の群馬県企業局と栃木県企業局がある。特に多目的ダムの水力発電事業に参加しており、八ッ場ダムの水力発電事業は群馬県企業局が事業者である。民間企業では日本カーリットが同社群馬工場への送電を目的として利根川筋に広桃発電所を有するほか、足尾銅山間瀬原動所以来大谷川・渡良瀬川流域で水力発電事業を展開していた古河グループ系列・古河電気工業の子会社である古河日光発電が、関連企業への送電などを目的とする水力発電所を有している。特殊な所では日光二社一寺(日光東照宮、日光二荒山神社、日光山輪王寺)の自家発電用として二社一寺協同組合が管理する滝尾発電所が存在する。なお水力発電所の所在には流域偏在があり、利根川本流・吾妻川・片品川・渡良瀬川・鬼怒川流域に多く存在する一方、烏川流域は神流川を除く(烏川・鏑川・碓氷川)と少ない。また流域が平地主体の江戸川・中川および常陸利根川流域には水力発電所が存在しないが、小貝川については霞ヶ浦用水の南椎尾調整池と小貝川間を結ぶ導水管の落差を利用したマイクロ水力発電として出力110kWの小貝川発電所が水資源機構によって2011年(平成23年)筑西市において運用を開始した。利根川 フレッシュアイペディアより)

52件中 31 - 40件表示

「日光二荒山神社」のニューストピックワード