52件中 41 - 50件表示
  • 日光東照宮

    日光東照宮から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    明治元年(1869年)の神仏分離により、日光は神社の東照宮・二荒山神社、寺院の輪王寺の二社一寺の形式に分立した。現在でも、一部の施設について東照宮と輪王寺の間で帰属について係争中のものがある。1873年(明治6年)に別格官幣社に列せられ、第二次世界大戦後は神社本庁の別表神社となっていたが、1985年(昭和60年)に神社本庁を離れて単立神社となった。日光東照宮 フレッシュアイペディアより)

  • 日光市

    日光市から見た神橋日光二荒山神社

    道路元標:旧日光市の道路元標は神橋交差点(国道119号・国道120号・国道122号の交点)。日光市 フレッシュアイペディアより)

  • 神社本庁

    神社本庁から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    例:鎌倉宮・靖国神社・日光東照宮・日光二荒山神社・伏見稲荷大社など神社本庁 フレッシュアイペディアより)

  • 日光の社寺

    日光の社寺から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    日光二荒山神社(別宮本宮神社、別宮滝尾神社を含む)日光の社寺 フレッシュアイペディアより)

  • 大太刀

    大太刀から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    日光二荒山神社(栃木県) 山金造波文蛭巻大太刀 別名 祢々切丸大太刀 フレッシュアイペディアより)

  • 東武日光駅

    東武日光駅から見た神橋日光二荒山神社

    当駅限定の神橋をデザインしたSFとーぶカードを発売していた時期がある。東武日光駅 フレッシュアイペディアより)

  • 東武日光駅

    東武日光駅から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    日光山内二社一寺(二荒山神社、東照宮、輪王寺)めぐりの入口は、西参道バス停下車。世界遺産めぐり循環バスの場合は、山内に乗り入れるので、ホテル清晃苑前 - 勝道上人像前 - 表参道 - 西参道 - 神社前のどれかで下車。東武日光駅 フレッシュアイペディアより)

  • 中禅寺湖

    中禅寺湖から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    782年(天応2年)、勝道上人が男体山の登頂時に発見したといわれている。1876年(明治9年)には明治天皇が訪れた際、同湖を「幸の湖(さちのうみ)」と名付けている。1878年(明治11年)6月末に当地を訪れたイザベラ・バードは、いろは坂を上り切った山頂から見下ろす中禅寺湖の水面に映える男体山を絶賛し、また湖畔を竜頭滝方面に進む際に絶えず聞こえた小石を洗う漣と高さ5メートル弱のツツジの林が真紅の花で染まっている様子をその手紙に綴っている。当湖には従来魚はいなかったが、日光二荒山神社の記録によると1878年(明治11年)、西欧魚類の放流および養殖が開始され、日本有数の釣り場となったとある。明治中期から昭和初期にかけて、同湖周辺には欧米各国の大使館別荘が建設され、各国の外交官たちが避暑に訪れるリゾート地となる。第二次世界大戦の影響で一時衰退するが、戦後、いろは坂の開通でアクセスが容易になり、春の新緑や秋の紅葉など観光地として人気を博している。湖畔には現在もフランスやベルギーなどの大使館別荘がある。中禅寺湖 フレッシュアイペディアより)

  • 天海

    天海から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    また慶長17年(1612年)に無量寿寺北院の再建に着手し、寺号を喜多院と改め関東天台の本山とする。慶長18年(1613年)には家康より日光山貫主を拝命し、本坊・光明院を再興する。大坂の役の発端となった方広寺鐘銘事件にも深く関わったとされる。天海 フレッシュアイペディアより)

  • 権現

    権現から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    山岳信仰と修験道が融合した立山修験や白山修験、羽黒修験などでは山の名が冠されて、それぞれの神号は立山権現、白山権現、羽黒権現になっている。また日光修験の日光権現(日光二荒山神社の祭神)は、勝道上人が開基した二荒権現(ふたらごんげん)に由来する「日光」という地名が神号と結びついた事例である。権現 フレッシュアイペディアより)

52件中 41 - 50件表示

「日光二荒山神社」のニューストピックワード