64件中 41 - 50件表示
  • 神橋

    神橋から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    神橋 フレッシュアイペディアより)

  • 女峰山

    女峰山から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    登山道には、日光市内から黒岩の頭、唐沢小屋を経由する長い尾根をたどるもの、霧降高原からリフトを利用し赤薙山を経由するもの、小真名子山との間の富士見峠から帝釈山を経由するものの3本がある。その中では、山岳信仰が盛んだったころの修験者の道である、日光二荒山神社からの道が主だが、道程の標高差が1800mもあり、登頂まで6時間を要する。長い尾根沿いの登山道は、登山愛好家の間で女峰の馬鹿尾根と呼ばれ親しまれている。最近は霧降高原から登る人も多く、こちらは約4時間20分を要する。女峰山 フレッシュアイペディアより)

  • 日光交通

    日光交通から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    鬼怒川温泉駅→東武日光駅→神橋→西参道日光交通 フレッシュアイペディアより)

  • 東武バス日光

    東武バス日光から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    鬼怒川温泉駅 - 小百 - 東武日光駅 - 神橋 - 西参道 - 東照宮・大猷院・二荒山神社東武バス日光 フレッシュアイペディアより)

  • 東武日光駅

    東武日光駅から見た神橋日光二荒山神社

    当駅限定の神橋をデザインしたSFとーぶカードを発売していた時期がある。東武日光駅 フレッシュアイペディアより)

  • 東武日光駅

    東武日光駅から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    日光山内二社一寺(二荒山神社、東照宮、輪王寺)めぐりの入口は、西参道バス停下車。世界遺産めぐり循環バスの場合は、山内に乗り入れるので、ホテル清晃苑前 - 勝道上人像前 - 表参道 - 西参道 - 神社前のどれかで下車。東武日光駅 フレッシュアイペディアより)

  • JR東日本107系電車

    JR東日本107系電車から見た神橋日光二荒山神社

    当初の車体塗装は公募によって決定したもので、クリーム10号を地色とし緑14号で日光線の頭文字「N」をあしらい、前位寄り雨樋下にワンポイントとして「神橋」をイメージした赤1号を配したものである。JR東日本107系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 日光の社寺

    日光の社寺から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    日光二荒山神社(別宮本宮神社、別宮滝尾神社を含む)日光の社寺 フレッシュアイペディアより)

  • 日光湯元温泉

    日光湯元温泉から見た神橋日光二荒山神社

    「日光山志」によると、中禅寺温泉湯元は中禅寺別所の西北、赤沼原(現在の赤沼)を経て三里、日光神橋より六里のところ、湯ノ湖の近くにあった。春に入っても風雪が激しく3月中は寒さが残り9月には前山が初雪となるため、毎年旧暦4月8日から同9月8日まで湯室を開いていたが、それでも白根山に残雪が残る期間は入浴する者も少なく、湯治シーズンは毎年5月末より6月頃からとなっていた。日光町方により管理され、必要な物資食料は日光町方が背に担いで運搬していた。三町から四町ほどの広さの平坦地・湯平(現在の湯元)には9軒の大きな湯屋があり、いずれも泉源のある東寄りの山際に並んで建てられており、ここから上州沼田に抜ける間道があった。日光湯元温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 日光杉並木

    日光杉並木から見た日光二荒山神社日光二荒山神社

    日光市松原町付近(日光市山内の神橋付近の杉も含むという説もある)から日光市山口付近まで日光杉並木 フレッシュアイペディアより)

64件中 41 - 50件表示

「日光二荒山神社」のニューストピックワード