2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
103件中 91 - 100件表示
  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た遺跡

    なお、社伝などでは上記のように勝道上人が開祖と説明されるが、実際には太郎山神社周辺で古代の祭祀の痕跡を示す遺跡が見つかっており、相当古くから聖地として信仰対象であったことがわかっている。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た補陀落

    観音菩薩が住むとされる「補陀洛山(ふだらくさん)」が訛ったものといわれ、後に弘法大師空海がこの地を訪れた際に「二荒」を「にこう」と読み、「日光」の字を当てこの地の名前にしたとする。ただし、空海の来訪は伝承の域を出ない。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た日光三山

    主祭神は次の3柱。それぞれ日光三山の一山にあてられている。3神は「二荒山大神」と総称される。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た東武日光線

    東日本旅客鉄道(JR東日本)日光線 日光駅または東武鉄道日光線 東武日光駅から日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た神領

    江戸時代までは、神領約70郷という広大な社地を有していた。今日でも日光三山を含む日光連山8峰(男体山・女峰山・太郎山・奥白根山・前白根山・大真名子山・小真名子山・赤薙山)や華厳滝、いろは坂などを境内に含み、その広さは3,400haという、伊勢神宮に次ぐ面積を有している。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た桁橋

    江戸時代以前は山梨県大月市の猿橋のように、橋脚を持たない刎橋の構造であったとされるが、以後は似た構造ながらも「乳の木」は石造の橋脚で支えられている。刎橋と桁橋を組み合わせた当時としては先端的な手法であり、城郭建築等に伴う土木技術の発達が背景にある。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た戦場ヶ原

    室町時代後期成立とされる日光の神々についての縁起。上下二巻。男体山・赤城山に関する伝説で、男体山(栃木県)の神と赤城山(群馬県)の神がそれぞれ大蛇と大ムカデになって戦い、男体山の神が勝利をおさめたという。伝説に関して「赤沼」「戦場ヶ原」といった地名が現在も残る。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た神体山

    関東平野北部、栃木県北西にそびえる日光連山の主峰・日光三山を神体山として祀る神社である。境内は次の3ヶ所からなる。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見たシタテルヒメ

    若子神社(じゃっこじんじゃ) - 祭神:下照姫命。境内には寂光の滝がある。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た入母屋造

    元は現在の別宮・本宮神社の地に鎮座しており、移転後は「新宮」と称された。1617年(元和3年)の東照宮造営の際に現在地に移転し、社殿も一新された。現在の社殿はその時の造営のもので、八棟造の本殿や入母屋造の拝殿を始めとして11棟が国の重要文化財に指定されている(神橋含む)。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
103件中 91 - 100件表示

「日光二荒山神社」のニューストピックワード