97件中 31 - 40件表示
  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た論社

    日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、栃木県日光市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た日光の社寺

    ユネスコの世界文化遺産に「日光の社寺」の1つとして登録されている。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た大谷川 (日光市)

    霊場としての日光の始まりは、下野国の僧・勝道上人(735年-817年)が北部山岳地に修行場を求め、大谷川北岸に766年(天平神護2年)に紫雲立寺(現在の四本龍寺の前身)を建てたことに始まるとされる。そして当社の創建は、上人が767年(神護景雲元年)二荒山(男体山)の神を祭る祠を建てたことに始まるとされる。この祠は現在の別宮となっている本宮神社にあたる。上人は782年(延暦元年)二荒山登頂に成功し、そこに奥宮を建てて二荒修験の基礎を築いた。その後、神仏習合の霊場として栄えることとなったと伝えられる。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た神社本庁

    日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、栃木県日光市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た化灯籠

    ファイル:Nikko_Futarasan_Chinese_Lantern_M3301.jpg|銅灯籠(通称 化灯籠(ばけどうろう)、重要文化財)神苑内に立つ。火を灯すと怪しげな姿に化けたといわれ、武士が刀で斬りつけた傷が無数に残されている。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た江戸幕府

    古来より修験道の霊場として崇敬され、江戸時代になり日光東照宮等が造営されると、当社も江戸幕府に重視され、現在の、世界遺産・重要文化財に指定される主な社殿が造営された。そのほか、国宝指定の刀剣2口や、多数の刀剣等の重要文化財を有している。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た国幣中社

    日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、栃木県日光市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た日光山

    関東平野北部、栃木県北西に立つ日光連山の主峰・日光三山を神体山として祀る神社である。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た近代社格制度

    日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、栃木県日光市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た一宮

    日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、栃木県日光市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

97件中 31 - 40件表示

「日光二荒山神社」のニューストピックワード