103件中 41 - 50件表示
  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た大谷川 (日光市)

    霊場としての日光の始まりは、下野国の僧・勝道上人(735年-817年)が北部山岳地に修行場を求め、大谷川北岸に766年(天平神護2年)に紫雲立寺(現在の四本龍寺の前身)を建てたことに始まるとされる。そして二荒山神社の創建は、上人が767年(神護景雲元年)二荒山(男体山)の神を祭る祠を建てたことに始まるとされる。この祠は現在の別宮となっている本宮神社にあたる。上人は782年(延暦元年)二荒山登頂に成功し、そこに奥宮を建てて二荒修験の基礎を築いた。その後、神仏習合の霊場として栄えることとなったと伝えられる。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た神社本庁

    日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、栃木県日光市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た国幣中社

    日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、栃木県日光市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た近代社格制度

    日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、栃木県日光市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た輪王寺

    二荒山神に現在の人格神があてられたのは12世紀頃だとされる。さらには本地垂迹説により上記のような諸仏があてられ、輪王寺では現在もこれら諸仏を祀っている。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た天台宗

    空海が訪れた際、女峰山の神を祀る滝尾神社を建てたと伝えられている。また、円仁も日光を訪れたとされ、その際に現在輪王寺の本堂となっている三仏堂を建てたといい、この時に日光は天台宗となったという。ただし、2人の来訪は史実と言えず、伝承の域は出ていない。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た中禅寺湖

    中宮祠(栃木県日光市中宮祠) - 中禅寺湖畔。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た栃木県

    日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、栃木県日光市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た本地垂迹説

    二荒山神に現在の人格神があてられたのは12世紀頃だとされる。さらには本地垂迹説により上記のような諸仏があてられ、輪王寺では現在もこれら諸仏を祀っている。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た別表神社

    1873年(明治6年)に宇都宮の二荒山神社に加えて国幣中社に追加列格した。第二次世界大戦後、神社本庁の別表神社となった。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

103件中 41 - 50件表示

「日光二荒山神社」のニューストピックワード