103件中 51 - 60件表示
  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た大月市

    江戸時代以前は山梨県大月市の猿橋のように、橋脚を持たない刎橋の構造であったとされるが、以後は似た構造ながらも「乳の木」は石造の橋脚で支えられている。刎橋と桁橋を組み合わせた当時としては先端的な手法であり、城郭建築等に伴う土木技術の発達が背景にある。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た社格

    1873年(明治6年) - 国幣中社に列格。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た神道指令

    1945年(昭和20年)12月15日 - 〈神道指令日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た女峰山

    女峰山神社 - 祭神:田心姫命。女峰山山頂に鎮座。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た日光線

    東日本旅客鉄道(JR東日本)日光線 日光駅または東武鉄道日光線 東武日光駅から日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た後撰和歌集

    後撰和歌集 - 昭和27年3月29日指定。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た赤城山

    室町時代後期成立とされる日光の神々についての縁起。上下二巻。男体山・赤城山に関する伝説で、男体山(栃木県)の神と赤城山(群馬県)の神がそれぞれ大蛇と大ムカデになって戦い、男体山の神が勝利をおさめたという。伝説に関して「赤沼」「戦場ヶ原」といった地名が現在も残る。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た丹生川上神社

    滝尾高徳水神社 - 祭神:罔象女大神。1979年(昭和54年)丹生川上神社より勧請、1998年(平成10年)現在地に遷座。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た刎橋

    江戸時代以前は山梨県大月市の猿橋のように、橋脚を持たない刎橋の構造であったとされるが、以後は似た構造ながらも「乳の木」は石造の橋脚で支えられている。刎橋と桁橋を組み合わせた当時としては先端的な手法であり、城郭建築等に伴う土木技術の発達が背景にある。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見たイチイ

    境内は本殿を始めとして7棟が国の重要文化財に指定されている。また男体山の登拝口の近くにある巨大なイチイ(A株とB株の2本)のうち、A株の樹齢は推定1,100年、B株の樹齢は推定1,000年とされ、昭和44年(1969年)10月11日にA株・B株ともに「中宮祠のイチイ」として栃木県指定天然記念物に指定されている。そのほか宝物館では、二荒山神社が所有する刀剣等の多くの宝物を展示している。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

103件中 51 - 60件表示

「日光二荒山神社」のニューストピックワード