97件中 51 - 60件表示
  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た別表神社

    1873年(明治6年)に宇都宮の二荒山神社に加えて国幣中社に追加列格した。第二次世界大戦後、神社本庁の別表神社となった。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た大月市

    江戸時代以前は山梨県大月市の猿橋のように、橋脚を持たない刎橋の構造であったとされるが、以後は似た構造ながらも「乳の木」は石造の橋脚で支えられている。刎橋と桁橋を組み合わせた当時としては先端的な手法であり、城郭建築等に伴う土木技術の発達が背景にある。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た社格

    1873年(明治6年) - 国幣中社に列格。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た神道指令

    1945年(昭和20年)12月15日 - 〈神道指令日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た神宮寺

    中宮祠として、社殿が中禅寺湖畔に鎮座する。勝道上人により、782年(天応2年)の奥宮創建に続いて784年(延暦3年)に創建された。社名は、山頂・山麓の中間に位置することによる。この時、同時に中禅寺も当社の神宮寺として創建された。現在の社殿は1699年(元禄12年)の造営。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た神仏分離令

    1868年(慶応4年3月) - 〈神仏分離令日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た女峰山

    女峰山神社 - 祭神:田心姫命。女峰山山頂に鎮座日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た東武日光駅

    最寄駅:JR東日本日光線 日光駅または東武鉄道日光線 東武日光駅日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た深沙大将

    奈良時代末、勝道上人の日光開山に際して、深砂大王が2匹の大蛇をして橋となし、その上に菅が生じたとされる。橋の異称はこの伝承による。また、この伝承からこの頃に創建されたと考えられているが、詳しくはわかっていない。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た史跡

    1998年(平成10年) - 「日光山内」が国の史跡に指定される。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

97件中 51 - 60件表示

「日光二荒山神社」のニューストピックワード