103件中 61 - 70件表示
  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た神社

    日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、栃木県日光市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た文化遺産 (世界遺産)

    1999年(平成11年) - 「日光の社寺」が世界遺産(文化遺産)に登録。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た神仏習合

    霊場としての日光の始まりは、下野国の僧・勝道上人(735年-817年)が北部山岳地に修行場を求め、大谷川北岸に766年(天平神護2年)に紫雲立寺(現在の四本龍寺の前身)を建てたことに始まるとされる。そして二荒山神社の創建は、上人が767年(神護景雲元年)二荒山(男体山)の神を祭る祠を建てたことに始まるとされる。この祠は現在の別宮となっている本宮神社にあたる。上人は782年(延暦元年)二荒山登頂に成功し、そこに奥宮を建てて二荒修験の基礎を築いた。その後、神仏習合の霊場として栄えることとなったと伝えられる。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た神階

    平安時代には836年(承和3年)の正五位下勲四等に始まって869年(貞観11年)の正二位勲四等の神階奉授の記録があるほか、『延喜式神名帳』に記載されている名神大社「下野国河内郡 二荒山神社」の記載がある。ただし、この論社には宇都宮市の宇都宮二荒山神社もあり、帰属を巡っては古くから議論がある(詳細は「二荒山神社」参照)。また、両社とも下野国一宮を称している。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た大名

    江戸時代初め、徳川家康の側近で日光山貫主となっていた天台宗の僧天海(慈眼大師)により、徳川家康を祀る東照社(日光東照宮)が江戸幕府によって創建されると、二荒山神社もまた、江戸幕府のみならず朝廷や諸大名、さらに民衆からも厚い崇敬を受けた。1619年(元和5年)には、徳川秀忠によって本殿が再建された。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た神奈備

    これらの山々は神体山、いわゆる神奈備であり、霊峰として古くから信仰されてきた。この日光の神々は「日光三山」「日光三所大権現」などと呼ばれ、親子の山と考えられてきた。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た関東平野

    関東平野北部、栃木県北西にそびえる日光連山の主峰・日光三山を神体山として祀る神社である。境内は次の3ヶ所からなる。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た猿橋

    江戸時代以前は山梨県大月市の猿橋のように、橋脚を持たない刎橋の構造であったとされるが、以後は似た構造ながらも「乳の木」は石造の橋脚で支えられている。刎橋と桁橋を組み合わせた当時としては先端的な手法であり、城郭建築等に伴う土木技術の発達が背景にある。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た田心姫命

    祭神:田心姫命 - 女峯山祭神。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た大真名子山

    大真名子山神社 - 祭神:味耜高彦根命。大真名子山山頂に鎮座。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

103件中 61 - 70件表示

「日光二荒山神社」のニューストピックワード