66件中 41 - 50件表示
  • 西山清 (ハンドボール選手)

    西山清 (ハンドボール選手)から見た日新製鋼日新製鋼

    富山県と石川県の県境である氷見市の熊無地区で生まれる。熊無保育園(現:氷見市立明和保育園)時代は大人しい真面目な少年だった。しかし、少年時代から成績は優秀であり、運動神経が抜群だった。氷見市立明和小学校時代はソフトボール部の主将を務め、氷見市立西部中学校時代は体操部所属だったが、鉄棒の大回転競技で落下事故に遭ったことを理由にハンドボールへ転向した。中学校卒業後は県内有数の進学校である富山県立氷見高等学校(商業科)に進学した。高校進学後は元全日本の主将である金原至のスパルタ指導に耐えて2, 3年でインターハイで連続準優勝した。そして3年の青森国体で優勝を経験した。筑波大学体育専門学群に進学後も2年から3年連続で関東学生リーグ得点王、さらに世界学生選手権でも得点王に輝く活躍を見せた。卒業後は日新製鋼に入社した。ルーキーシーズンより強豪大同特殊鋼の当時エースだった蒲生晴明と並び得点王に輝いた。翌年も得点王のタイトルを獲得した。全日本のメンバーとしても活躍し、98試合に出場した。五輪もロス・ソウルの2大会連続で出場した。ソウル五輪後の日本リーグで3度目の得点王を獲得した。1993年、選手兼任監督に就任する。初優勝に導いた。1997年に現役引退する。日本リーグ通算709得点を残した。2005年に母校の氷見市立西部中学校で「自分を強くするために」を熱弁した。西山清 (ハンドボール選手) フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2005年10月

    訃報 2005年10月から見た日新製鋼日新製鋼

    10月7日 - 田中茂穂、元日新製鋼副社長(* 1931年)訃報 2005年10月 フレッシュアイペディアより)

  • サンウエーブ工業

    サンウエーブ工業から見た日新製鋼日新製鋼

    2009年(平成21年)6月19日に住生活グループと資本・業務提携、第三者割当増資により同社が筆頭株主となった。さらに2010年(平成22年)4月1日には株式交換によって(一時的に)住生活グループの完全子会社となった。なお、元筆頭株主の日新製鋼は、2010年(平成22年)4月7日に住生活グループから全株式の20%を譲り受け、持分法適用関連会社として今後も資本・業務面で協力していく方針。また、2011年4月1日からは、トステム・東洋エクステリア・新日軽・INAX・初代LIXILが合併して誕生した2代目LIXILの生産子会社になった。サンウエーブ工業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本冶金工業

    日本冶金工業から見た日新製鋼日新製鋼

    冷間圧延ステンレス鋼板、及び鋼帯(磨帯鋼を除く)について、同社のほか新日本製鐵と住友金属工業(この2社は後に、ステンレス事業を新日鐵住金ステンレスとして統合)、ならびにJFEスチール・日新製鋼・日本金属工業の計6社が、かねてより各社の営業担当部長級の者による会合・営業担当課長級の者による会合などを開催し、販売価格等について情報交換を行なってきた。ちなみに、日本における冷間圧延ステンレス鋼板、及び鋼帯の販売数量のほとんどは、これら6社で占められている。日本冶金工業 フレッシュアイペディアより)

  • 東予市

    東予市から見た日新製鋼日新製鋼

    1999年(平成11年)10月:日新製鋼東予製造所操業開始。東予市 フレッシュアイペディアより)

  • 法政大学ラグビー部

    法政大学ラグビー部から見た日新製鋼日新製鋼

    山本寛 (FL、元日新製鋼ヘッドコーチ、ラグビー協会選手発掘統括マネージャー / 天理高出身)法政大学ラグビー部 フレッシュアイペディアより)

  • 第五高等学校 (旧制)

    第五高等学校 (旧制)から見た日新製鋼日新製鋼

    古賀憲介 - 日新製鋼社長、新日本製鐵副社長第五高等学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 谷啓

    谷啓から見た日新製鋼日新製鋼

    日新製鋼に勤めていた父の転勤により、生後すぐ広島に転居。5歳までに東京に戻り、小学校から横浜へ移り六浦尋常小学校へ通う。1945年4月に旧制逗子開成中学校に進学。入学式の時のブラスバンドの演奏でトロンボーンに出会い、一目惚れして、当時の音楽部(現:吹奏楽部)に入部。しかし、トロンボーンという名前を知らず、また、あの楽器はなんというのかとも聞けず、担当楽器を決める際に適当にチューバを希望し担当した。8月に敗戦を迎えると、進駐軍がジャズを持ち込み、それを聞いて「こんなに楽しい音楽があったのか」と夢中になる。また、大量に上映されたアメリカ産のコメディ映画にも夢中になる。谷啓 フレッシュアイペディアより)

  • 富士フイルム

    富士フイルムから見た日新製鋼日新製鋼

    企業名「富士」が付いてはいるが、企業系列しては芙蓉グループではなく三井グループに属し、グループの親睦会である月曜会及び綱町三井倶楽部に加盟し、又、双日・日新製鋼・トクヤマ・ダイセル・関西ペイントらとともに旧岩井財閥の企業集団である最勝会グループを形成している。主要取引銀行は三井住友銀行と横浜銀行であり、横浜銀行が全国一の地方銀行の地位を保持するのに一役買っている。富士フイルム フレッシュアイペディアより)

  • 第一勧銀グループ

    第一勧銀グループから見た日新製鋼日新製鋼

    旧財閥系企業は戦後企業集団という新しい形で再結集した。旧財閥のうち戦前の財閥時代から金融・産業両部門において殆どあらゆる分野に傘下企業を持っていた三井・三菱・住友の三大財閥はほぼそのままの形で企業集団として再結集した。だが三大財閥以外に金融部門を中心とした財閥や特定の産業部門を中心とした財閥も多数存在し、総合財閥でないこれらの財閥は銀行を中心とした金融系列に基づく企業集団を形成した。これらの融資系列を母体として登場した企業グループが芙蓉グループ・三和グループと本項目で述べる第一勧銀グループである。すなわち旧安田財閥を中心に旧浅野財閥・旧森コンツェルン・旧日産コンツェルン等を系列化して誕生したのが芙蓉グループであり、旧鴻池財閥と旧山口財閥を中心に日新製鋼・積水化学工業・帝国人絹・日本レイヨン・丸善石油等を系列化して誕生したのが三和グループであり、旧渋沢財閥を中心に旧古河財閥・旧神戸川崎財閥・旧藤山コンツェルン・旧鈴木商店系列・明治グループ等を系列化して誕生したのが第一勧銀グループである。第一勧銀グループ フレッシュアイペディアより)

66件中 41 - 50件表示

「日新製鋼」のニューストピックワード