51件中 21 - 30件表示
  • 日新製鋼

    日新製鋼から見た日本興業銀行

    合併後も岩井産業や新日本製鐵(現・新日鐵住金)とは緊密な関係を保ち、特に後者の新日鐵住金は筆頭株主であった。また、前者との関係から最勝会グループにも属している。三和グループの社長会である三水会及び三和グループの親睦会であるみどり会のメンバーでありながら、旧長銀や旧興銀とも緊密な関係にあった。日新製鋼 フレッシュアイペディアより)

  • 日新製鋼

    日新製鋼から見た産業技術短期大学

    優秀な社員を兵庫県尼崎市の産業技術短期大学(1962年一般社団法人日本鉄鋼連盟が設立)に派遣して、人材育成を行っている。具体的には、「製造現場における知識創造と人材の多機能育成政策・綿密な能力開発策のひとつとして、企業内選抜を経て中堅技術者への昇進に結びつく産業技術短期大学への派遣を行う政策の実行」であり、このような人材育成形態(教育訓練形態)を「オフ・ザ・ジョブ・トレーニング・OFF-JT」という。日新製鋼 フレッシュアイペディアより)

  • 日新製鋼

    日新製鋼から見た千代田区

    日新製鋼株式会社(にっしんせいこう、英文表記:Nisshin Steel Co., Ltd.)は、東京都千代田区丸の内に本社を置く高炉メーカーである。新日鐵住金グループ。日新製鋼 フレッシュアイペディアより)

  • 日新製鋼

    日新製鋼から見た丸の内

    日新製鋼株式会社(にっしんせいこう、英文表記:Nisshin Steel Co., Ltd.)は、東京都千代田区丸の内に本社を置く高炉メーカーである。新日鐵住金グループ。日新製鋼 フレッシュアイペディアより)

  • 日新製鋼

    日新製鋼から見た東京都

    日新製鋼株式会社(にっしんせいこう、英文表記:Nisshin Steel Co., Ltd.)は、東京都千代田区丸の内に本社を置く高炉メーカーである。新日鐵住金グループ。日新製鋼 フレッシュアイペディアより)

  • 日新製鋼

    日新製鋼から見たステンレス鋼

    1959年(昭和34年)に日本鐵板と日亜製鋼の二社が合併して誕生した。そして1962年(昭和37年)、呉製鉄所に第1号高炉を建設し、以後は圧延および連続鋳造設備を備えた銑鋼一貫のメーカーとして活動している。高炉メーカーとしての規模は日本国内で第4位。表面処理鋼板やステンレス鋼板といった高付加価値な薄板部門に強みを発揮している。商品ブランド名は月星印。日新製鋼 フレッシュアイペディアより)

  • 日新製鋼

    日新製鋼から見た此花区

    大阪製造所 大阪工場 - 大阪府大阪市此花区桜島二丁目日新製鋼 フレッシュアイペディアより)

  • 日新製鋼

    日新製鋼から見た大学 (書物)

    1959年(昭和34年)4月1日 - 日本鐵板が日亞製鋼を合併し、日新製鋼株式会社に社名変更、大学 \(書物\)の「日々新、又日新」から。日新製鋼 フレッシュアイペディアより)

  • 日新製鋼

    日新製鋼から見た太倉市

    1996年(平成8年)10月 - 中国の江蘇省太倉市に合弁会社を設立。日新製鋼 フレッシュアイペディアより)

  • 日新製鋼

    日新製鋼から見た市川市

    塗装・構造部材研究所 - 千葉県市川市高谷新町日新製鋼 フレッシュアイペディアより)

51件中 21 - 30件表示