前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
113件中 1 - 10件表示
  • 都電荒川線

    都電荒川線から見た東京都交通局日暮里・舎人ライナー東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    かつて東京都23区内を中心に多距離・多路線を展開していた都電路線の大半が廃止された後も、唯一現存する路線である。東京都23区内で営業を行う軌道線は、日暮里・舎人ライナー、ゆりかもめの軌道扱いの部分をのぞけば、当線と東急世田谷線を残すのみとなっている。都電荒川線 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都地下鉄建設

    東京都地下鉄建設から見た東京都交通局日暮里・舎人ライナー東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    都営地下鉄大江戸線環状部の早期建設及び早期開業を主な目的として、1988年7月28日に設立された。1993年3月には、日暮里・舎人ライナーの建設も事業目的に追加された。東京都地下鉄建設 フレッシュアイペディアより)

  • 都営バス巣鴨営業所

    都営バス巣鴨営業所から見た東京都交通局日暮里・舎人ライナー東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    2008年3月30日の東京都交通局日暮里・舎人ライナー開業に合わせ、一部便が江北駅始発となった。2010年には江北橋下経由が廃止となっている。都営バス巣鴨営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 都営バス

    都営バスから見た東京都交通局日暮里・舎人ライナー東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    東京都交通局内にバスを担当する「自動車部」(都電・都営地下鉄と日暮里・舎人ライナーは電車部)があり、バスの輸送人員は日本一の神奈川中央交通に次いで全国2位。都営バス フレッシュアイペディアより)

  • 堀之内 (足立区)

    堀之内 (足立区)から見た東京都交通局日暮里・舎人ライナー東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    当地域内に鉄道路線は存在せず、鉄道駅もない。かつて、この地域は他の足立区西部地域と同様に鉄道空白地帯であったが、2008年3月30日に日暮里・舎人ライナーが開業し、近隣地域に駅が設けられた。堀之内 (足立区) フレッシュアイペディアより)

  • 東京都道・埼玉県道58号台東鳩ヶ谷線

    東京都道・埼玉県道58号台東鳩ヶ谷線から見た東京都交通局日暮里・舎人ライナー東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    日暮里・舎人ライナー(ほぼ全線が本道路上の高架線)東京都道・埼玉県道58号台東鳩ヶ谷線 フレッシュアイペディアより)

  • 入谷 (足立区)

    入谷 (足立区)から見た東京都交通局日暮里・舎人ライナー東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    町域全体が鉄道交通機関から距離的に隔絶された鉄道空白地帯に属していたが、2008年3月30日に日暮里・舎人ライナーが開業し、山手線および東京地下鉄千代田線などへ連絡の利便性が飛躍的に向上したため、入谷の住生活・住環境は大きく発展することが見込まれている。入谷 (足立区) フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た東京都交通局日暮里・舎人ライナー東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    都営地下鉄・都営バス・都電荒川線・日暮里・舎人ライナーの全線に、1日限りで何回でも乗車できる。大人700円・小児350円。これは、東京地下鉄線およびJR線に比べて地下鉄普通運賃が割高であることや、都営バスの広い路線網から、割安に利用できる機会の多いものである。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 大師前駅

    大師前駅から見た東京都交通局日暮里・舎人ライナー東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    2010年度の1日平均乗降人員は14,465人である。駅西側に日暮里・舎人ライナーが開通し、西新井大師西駅や江北駅の開業によってそちらに移乗したこともあり、乗降人員が減少した。近年の一日平均乗車人員推移は下記の通り。大師前駅 フレッシュアイペディアより)

  • 舎人公園

    舎人公園から見た東京都交通局日暮里・舎人ライナー東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    かつては鉄道駅から遠かったため、アクセスにはバスなどが必要だったが、尾久橋通り上に日暮里・舎人ライナーが開業し、東西の敷地に挟まれる位置に舎人公園駅が開業したため、アクセスしやすくなった。また、同鉄道の車両基地が公園東側敷地内地下に存在する。有料駐車場は2ヶ所にある。舎人公園 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
113件中 1 - 10件表示