135件中 11 - 20件表示
  • 扇大橋

    扇大橋から見た東京都交通局日暮里・舎人ライナー東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    荒川河口から15.5キロメートルの位置に架かる橋で、左岸側堤内地には取り付け道路の斜路があるが、右岸側では隅田川に架かる尾久橋と直接接続している。すぐ下流側には日暮里・舎人ライナーの荒川橋梁が並行して架橋されている。左右両側に自転車通行可の歩道が設けられている。橋の管理者は東京都である。また、防災拠点等に緊急輸送を行なうための、東京都の特定緊急輸送道路に指定されている。都営バスの里48系統路線の走行経路である。左岸側は足立区扇、右岸側は足立区小台で、橋名は左岸側の地名にちなむ。扇大橋 フレッシュアイペディアより)

  • 足立区

    足立区から見た東京都交通局日暮里・舎人ライナー東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    2008年(平成20年)3月30日 - 東京都交通局日暮里・舎人ライナーが開業する。足立区 フレッシュアイペディアより)

  • 大師前駅

    大師前駅から見た東京都交通局日暮里・舎人ライナー東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    2016年度の1日平均乗降人員は13,999人である。駅西方に日暮里・舎人ライナーが開通し、西新井大師西駅や江北駅の開業によってそちらに移乗したこともあり、近年の乗降人員はピーク時の半分程度まで減少している。大師前駅 フレッシュアイペディアより)

  • 都営バス巣鴨営業所

    都営バス巣鴨営業所から見た東京都交通局日暮里・舎人ライナー東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    足立区郊外と都電荒川線・山手線・千代田線の駅を直結する路線のため、終日需要が高く、全線に於いて高頻度運行がされていた。深夜バス(深夜04系統)の運行も平日の下り便は日暮里駅発基準で24:30以降まで運行されていた。現在は当系統とほぼ同一区間を並行して結ぶ日暮里・舎人ライナーが2008年3月30日に開通し、見沼代親水公園駅が舎人二ツ橋停留所付近に開業、停留所名も見沼代親水公園駅前となった。深夜バスはこのときに廃止されたが、当系統は概ね毎時2本で存続されている。同時に南千住営業所との共管となった。都営バス巣鴨営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 熊野前駅

    熊野前駅から見た東京都交通局日暮里・舎人ライナー東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    前者は日暮里・舎人ライナーの駅、後者は都電荒川線(東京さくらトラム)の停留場である。熊野前駅 フレッシュアイペディアより)

  • 自動案内軌条式旅客輸送システム

    自動案内軌条式旅客輸送システムから見た東京都交通局日暮里・舎人ライナー東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    2008年(平成20年)の東京都交通局日暮里・舎人ライナーを最後に、新規路線の建設は日本国内では行われていない。人口減少等により新規路線の建設が活発に行われていないことが大きな原因であるが、LRTやBRTなどの他の交通システムに対する助成制度が制定されたことも原因の一つである。一方、国外では現在でも多くの新規路線の建設が開始されている。開発を終了したメーカーも少なくないが、三菱重工業では現在も開発が続けられており、高速運転が可能な「Super AGT」や新型台車の開発、新興国向けにコスト半減した車両の開発などが行われており、2014年にはアメリカ・フロリダ州の主要空港すべてに AGT(APM) が導入されることが決定するなど、以後の導入も世界各国で期待されている。自動案内軌条式旅客輸送システム フレッシュアイペディアより)

  • 竹ノ塚駅

    竹ノ塚駅から見た東京都交通局日暮里・舎人ライナー東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    当駅は伊勢崎線の開業から約7か月後に当たる1900年(明治33年)3月21日に開業した。開業当初は伊興村にあったが、1932年に東京市に編入合併され、東京市で最北端に位置する駅となった。東京市が廃止されて足立区が成立した後も、当駅は東京23区で最北端に位置する駅であったが、2008年に東京都交通局日暮里・舎人ライナーが開業したことにより、東京23区内で最北端の駅は見沼代親水公園駅になった。伊興村に開設されていたのにもかかわらず、東に隣接していた竹塚村を駅名に採用したのは駅名を喚呼する時のことばの響きが良いという理由から。竹ノ塚駅 フレッシュアイペディアより)

  • 舎人公園

    舎人公園から見た東京都交通局日暮里・舎人ライナー東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    かつては鉄道駅から遠かったため、アクセスにはバスなどが必要だったが、尾久橋通り上に日暮里・舎人ライナーが開業し、東西の敷地に挟まれる位置に舎人公園駅が開業したため、アクセスしやすくなった。また、同鉄道の車両基地が公園東側敷地内地下に存在する。有料駐車場は2ヶ所にある。舎人公園 フレッシュアイペディアより)

  • 駅ナンバリング

    駅ナンバリングから見た東京都交通局日暮里・舎人ライナー東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    東京都交通局の東京さくらトラム(都電荒川線)と日暮里・舎人ライナーでは2017年11月下旬から駅ナンバリングを順次導入予定。駅ナンバリング フレッシュアイペディアより)

  • 川口市

    川口市から見た東京都交通局日暮里・舎人ライナー東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    戸塚地区の南に隣接する安行地区は植木栽培が盛んであり、川口緑化センターなどの植物に関係する施設が多い。安行の南にある新郷地区は市域東端で、中央地区周辺から移転してきた鋳物工場などの関係で工業施設が多いほか、関東広域AMラジオ局の文化放送の送信所がある。安行の北部は戸塚安行駅が近いが、この2地区には鉄道が通っていないためバス路線が非常に発達している。西に隣接する鳩ヶ谷地区を越えて中央地区の川口駅などを利用するほか、東に隣接する草加市との関わりが深く、獨協大学前駅や新田駅、草加駅を最寄り駅とする地域がある。南部では、東京都交通局日暮里・舎人ライナーの開業により、南に隣接する東京都足立区の見沼代親水公園駅も利用可能となった。川口市 フレッシュアイペディアより)

135件中 11 - 20件表示

「日暮里・舎人ライナー」のニューストピックワード