1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
85件中 81 - 85件表示
  • 東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    東京都交通局日暮里・舎人ライナーから見たはるかぜ (コミュニティバス)

    はるかぜ(足立区コミュニティバス)東京都交通局日暮里・舎人ライナー フレッシュアイペディアより)

  • 東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    東京都交通局日暮里・舎人ライナーから見た東京臨海新交通7000系電車

    日暮里・舎人ライナーの車両である300形は、前面デザインが若干異なるが、ゆりかもめ7000系の6次車にも通じるデザインである。なお、当初はロングシートを主体に採用することが予定されたが、後にクロスシート主体に変更された。これは、ロングシートにすると定員以上の乗客が列車に乗り込んでしまうため、安全上の措置と発表された。しかし、日を追うごとにラッシュ時の混雑が激しくなってきたため、2009年8月29日のダイヤ改正に併せてロングシートを一部採用した新型車両の導入が発表された。既存の車両も順次新型車両の仕様に準じたロングシート化が行われており、2010年10月現在01 - 03, 08 - 12編成の8本がロングシート改造を施されている。東京都交通局日暮里・舎人ライナー フレッシュアイペディアより)

  • 東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    東京都交通局日暮里・舎人ライナーから見た足立小台駅

    路線建設と同時に見沼代親水公園・江北・足立小台の各駅に交通広場が整備され、タクシーと路線バスの乗降場が設置されている。東京都交通局日暮里・舎人ライナー フレッシュアイペディアより)

  • 東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    東京都交通局日暮里・舎人ライナーから見た東京都

    日暮里・舎人ライナー(にっぽり・とねりライナー)は、東京都荒川区の日暮里駅と足立区の見沼代親水公園駅を結ぶ東京都交通局が運営する案内軌条式鉄道(新交通システム)路線である。東京都交通局日暮里・舎人ライナー フレッシュアイペディアより)

  • 東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    東京都交通局日暮里・舎人ライナーから見た運輸政策審議会答申第7号

    最寄りの東武伊勢崎線・大師線やJR京浜東北線、東京地下鉄南北線から遠く、東京23区内の他地域と比べて鉄道系公共交通の便が良くなかった足立区西部の谷在家(やざいけ)・舎人(とねり)地区とJR山手線の駅を結ぶために、1985年(昭和60年)7月の運輸政策審議会答申第7号「東京都における都市高速鉄道を中心とする交通網の整備に関する基本計画について」で建設路線として位置付けられたものである。このため、当初は地下鉄7号線(現在の南北線)の一部として計画されていたが、財政問題や採算性などから尾久橋通り上の新交通システムに変更された。通勤時の渋滞により定時運行のできない路線バスに代わる新しい交通機関として、期待があった。東京都交通局日暮里・舎人ライナー フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
85件中 81 - 85件表示