前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示
  • 日本の観光

    日本の観光から見た日本の世界遺産日本の世界遺産

    日本の世界遺産に関しては厳正保護が目的であり観光化を否定してきたが、2002年にユネスコが「世界遺産と持続可能な観光プログラム」を作成し、保全費用捻出のための収益源として活用する遺産の商品化の方針を発したことで、観光商品化が公認された。これをうけ日本では地域自然資産区域における自然環境の保全及び持続可能な利用の推進に関する法律が成立し、文化遺産・文化財を含め観光の際に保全費用の徴収が可能になり、新設された日本遺産制度のような保護も含めた新たな観光スタイルが提言される。日本の観光 フレッシュアイペディアより)

  • プユニ岬

    プユニ岬から見た日本の世界遺産日本の世界遺産

    プユニ岬(プユニみさき、Cape Puyuni)は知床半島北岸にある岬。 世界遺産「知床」の構成遺産である。プユニ岬 フレッシュアイペディアより)

  • 富士山-信仰の対象と芸術の源泉

    富士山-信仰の対象と芸術の源泉から見た日本の世界遺産日本の世界遺産

    「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」(ふじさん-しんこうのたいしょうとげいじゅつのげんせん)は、2013年にUNESCOの世界遺産リストに登録された日本の世界遺産である。静岡県と山梨県にまたがる日本最高峰の富士山は、古来富士信仰が育まれた霊峰であるとともに、葛飾北斎の富嶽三十六景などに代表される芸術上の主要な題材として、日本国内のみならず国際的にも大きな影響を及ぼした景観を形成している。富士山-信仰の対象と芸術の源泉 フレッシュアイペディアより)

  • 富岡製糸場と絹産業遺産群

    富岡製糸場と絹産業遺産群から見た日本の世界遺産日本の世界遺産

    この勧告に基づいて、同年6月の第38回世界遺産委員会で正式に登録された。日本の世界遺産の中で産業遺産としては石見銀山遺跡とその文化的景観(2007年登録)に次いで2例目、いわゆる近代化遺産としては初である。富岡製糸場と絹産業遺産群 フレッシュアイペディアより)

  • 世界遺産

    世界遺産から見た日本の世界遺産日本の世界遺産

    国内では紆余曲折あった日本の参加だが、参加してすぐに重要な議論を本格化させることになる。それは「木の文化をどう評価するか」ということである。日本の世界遺産のうち、最初の文化遺産は姫路城と法隆寺地域の仏教建造物である(いずれも1993年登録)。これらはいずれも解体修理の手法で現代に伝えられてきた建造物であり、基本的にそのような修理を必要としない「石の文化」の評価基準になじまない側面があったために議論となり、それが「」の成立に繋がった(後述参照)。これは、アジアやアフリカに多い木、日干し煉瓦、泥の建築物など、多様な世界遺産を増やすことに繋がり、世界遺産の歴史の中で重要な意義を持った。世界遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 春日山 (奈良県)

    春日山 (奈良県)から見た日本の世界遺産日本の世界遺産

    また、山岳信仰の修行場・祈雨の霊場として興福寺をはじめとする奈良の僧侶たちから重んじられ、春日山石窟仏など古代から中世にかけての多くの仏教遺跡が遺されている。また、神山として殺生禁断が守られてきたため、広大な原生林(春日山原始林)が今日まで残されており、古都奈良の文化財の一部として世界遺産にも登録されている。春日山 (奈良県) フレッシュアイペディアより)

  • 佐毘売山神社 (大田市)

    佐毘売山神社 (大田市)から見た日本の世界遺産日本の世界遺産

    佐毘売山神社(さひめやまじんじゃ)は、島根県 大田市 大森町の石見銀山(大森銀山)の中に鎮座する神社。祭神は金山彦命。世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の一部である。佐毘売山神社 (大田市) フレッシュアイペディアより)

  • 熊野川

    熊野川から見た日本の世界遺産日本の世界遺産

    熊野川(くまのがわ)は、奈良県、和歌山県および三重県を流れる新宮川水系の本流で一級河川。下流の熊野本宮大社と熊野速玉大社間の流域は、「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として世界遺産に登録されている。熊野川 フレッシュアイペディアより)

  • タプタプアテアのマラエ

    タプタプアテアのマラエから見た日本の世界遺産日本の世界遺産

    フランス当局は、オセアニアの自然の聖地であるウルル=カタ・ジュタ国立公園(オーストラリアの世界遺産)、トンガリロ国立公園(ニュージーランドの世界遺産)のほか、文化的景観のロイ・マタ首長の領地(バヌアツの世界遺産)、考古遺跡のナンマトル : 東ミクロネシアの祭祀センター(ミクロネシア連邦の世界遺産)、複合遺産のパパハナウモクアケア(米国ハワイ州の世界遺産)などと比較しただけでなく、東アジアの巡礼地として富士山-信仰の対象と芸術の源泉(日本の世界遺産)、五台山(中華人民共和国の世界遺産)なども比較対象に取り入れ、その顕著な普遍的価値を主張した。タプタプアテアのマラエ フレッシュアイペディアより)

  • カンチェンゾンガ国立公園

    カンチェンゾンガ国立公園から見た日本の世界遺産日本の世界遺産

    2002年の国際自然保護連合 (IUCN) の報告書では、今後世界遺産になりうる世界の28の山が挙げられており、カンチェンジュンガ山はその一つに数えられていた(ただし、インド領内のみでなく、ネパール、中国にまたがる範囲について)。インド政府がカンチェンゾンガ国立公園を 世界遺産の暫定リストに記載したのは2006年3月15日のことで、2015年1月31日には世界遺産センターへ正式な推薦書を提出した。これに対し、世界遺産委員会の文化遺産部門の諮問機関である国際記念物遺跡会議 (ICOMOS) は、富士山-信仰の対象と芸術の源泉(日本の世界遺産)、パパハナウモクアケア(アメリカ合衆国の世界遺産)などの他の自然の聖地と比較しても、その環境や崇拝形態の違いから顕著な価値を認められるとして「登録」を勧告した。また、ヒマラヤ山脈では既に大ヒマラヤ国立公園(インドの世界遺産)、サガルマータ国立公園(ネパールの世界遺産)などが世界遺産に登録されていたが、自然遺産部門の諮問機関であるIUCN は、それらを踏まえても固有の自然美や生物多様性に顕著な価値を認められるとして登録を勧告した。カンチェンゾンガ国立公園 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示

「日本の世界遺産」のニューストピックワード