30件中 11 - 20件表示
  • 夢窓疎石

    夢窓疎石から見た日本の世界遺産日本の世界遺産

    世界遺産に登録されている京都の西芳寺(苔寺)および天龍寺のほか、瑞泉寺などの庭園の設計でも知られている。夢窓疎石 フレッシュアイペディアより)

  • 三保の松原

    三保の松原から見た日本の世界遺産日本の世界遺産

    2013年(平成25年)6月22日 - ユネスコの世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」(日本の世界遺産としては17件目)の構成資産に登録三保の松原 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉津温泉

    温泉津温泉から見た日本の世界遺産日本の世界遺産

    温泉津温泉(ゆのつおんせん)は、島根県大田市温泉津町(旧国石見国)にある温泉。港町でもある当地は「石見銀山遺跡とその文化的景観」の一部として世界遺産に登録されている。温泉津温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 鳴門の渦潮

    鳴門の渦潮から見た日本の世界遺産日本の世界遺産

    淡路島内3市等による「『鳴門のうず潮』世界自然遺産登録推進協議会」の発足(2012年10月)や南あわじ市と鳴門市による「『鳴門海峡の渦潮世界遺産化』推進交流会」の発足(2013年9月)など、世界遺産登録を目指した取り組みが進められている。鳴門の渦潮 フレッシュアイペディアより)

  • 白山比め神社

    白山比め神社から見た日本の世界遺産日本の世界遺産

    さらにまた、今後は先行する日本の世界遺産(各宗教施設群や自然遺産)同様に、「白山に残る美しい自然と古代からの白山信仰の文化」として、世界遺産に向けた暫定登録を目指すことが話し合われた、と云う。白山比め神社 フレッシュアイペディアより)

  • 大森 (大田市)

    大森 (大田市)から見た日本の世界遺産日本の世界遺産

    1969年(昭和44年)には「石見銀山遺跡」が国の史跡に指定され、1987年(昭和62年)には大森の町並みが種別「鉱山町」で重要伝統的建造物群保存地区として選定された。そして、2007年(平成19年)には世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の一部として登録された。伝統的建造物群保存地区は銀山川沿いの谷間に約2.8キロメートルにわたって続き、代官所跡などがある北部の町並み地区(大森地区)と南部の銀山地区に分かれている。大森 (大田市) フレッシュアイペディアより)

  • 「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

    「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群から見た日本の世界遺産日本の世界遺産

    「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群(「かみやどるしま」むなかた・おきのしまとかんれんいさんぐん)は、ユネスコの世界遺産リスト登録物件で、日本の世界遺産の中では21番目に登録された。福岡県の宗像市及び福津市内にある宗像三女神を祀る宗像大社信仰や、大宮司家宗像氏にまつわる史跡・文化財を対象とするものであり、自然崇拝を元とする固有の信仰・祭祀が4世紀以来現代まで継承されている点などが評価されている。世界遺産委員会では、航海と結びつく世界遺産の少なさを補完する物件という観点からも評価された。「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群 フレッシュアイペディアより)

  • 姫路城

    姫路城から見た日本の世界遺産日本の世界遺産

    1992年(平成4年)、日本は世界遺産条約を批准すると、世界遺産暫定リストに姫路城などを記載した。そして姫路城は最初に推薦された物件の一つとなり、1993年(平成5年)12月11日、法隆寺地域の仏教建造物とともに日本初の世界遺産(文化遺産)に登録された。後述するように、木造建築物であり抜本的な修理工事を経ている姫路城の登録は、文化財のオーセンティシティ(真正性、真実性)をどう評価するかという問題を改めて提起し、その後の世界遺産登録にも大きく影響した「奈良ドキュメント」成立につながった。姫路城 フレッシュアイペディアより)

  • 小山町

    小山町から見た日本の世界遺産日本の世界遺産

    東口本宮冨士浅間神社 - 世界遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」構成資産。小山町 フレッシュアイペディアより)

  • 彦根城

    彦根城から見た日本の世界遺産日本の世界遺産

    1992年(平成4年) - 暫定リスト登録。彦根城 フレッシュアイペディアより)

30件中 11 - 20件表示

「日本の世界遺産」のニューストピックワード