667件中 91 - 100件表示
  • 十九条城

    十九条城から見た城

    十九条城(じゅうくじょうじょう)は、現在の岐阜県瑞穂市にあった戦国時代の日本の城(平城)。十九条城 フレッシュアイペディアより)

  • 禍 (伝説の生物)

    禍 (伝説の生物)から見た城

    仏教経典のひとつ『旧雑譬喩経』にある説話に出て来るもので、何一つ災禍の存在しない豊かな国の王が「わざわい(禍)というものがこの世にはあるらしい、見てみたいのでこれを求めて来い」と家臣たちに命じて探索させたところ、市場で「禍母」と呼ばれる禍を生む巨大な猪のような生物が売られており、家臣たちがそれを買って来る。禍は1日に1升・針をエサとして食べるので、王は国民に日々針を差し出させてこれを育成するが、国民はこれに疲弊してしまい国から逃散。困惑した家臣たちが禍を殺そうとするが体が鉄のように硬くなっており刀で斬ることも突くことも出来ず、薪をつみあげ火をかけて焼き殺すが、火まみれの禍がや市街を駆けまわって全てを燃やし尽してしまい、国は滅びてしまった。市場で禍を売っていた商人は天の神の化身であったという。禍 (伝説の生物) フレッシュアイペディアより)

  • 丸之内

    丸之内から見た城

    日本城郭の内部に関しては城を参照。丸之内 フレッシュアイペディアより)

  • フィレセ城

    フィレセ城から見た城

    フィレセ城(フィレセじょう)は、フランスのヴィルヌーヴ=ダスクにあるである。フィレセ城 フレッシュアイペディアより)

  • 老中奉書

    老中奉書から見た城

    宛名には「殿」を用い、発給日は年を記さず月日のみである。例外として、の修築許可証には年月日が記される。差出人となる老中の名は、序列の低い者から順に署名する。老中奉書 フレッシュアイペディアより)

  • 領邦

    領邦から見た城

    11世紀までには、ヨーロッパ各地において一定の軍事力権限を行使する実力者が現れており、より上位の権力(帝権、王権など)の下で半自立的な政権を樹立していた。彼らは、かつてのように辺境防衛の目的から築城を行うのではなく、自らの支配拠点にあたる箇所にを設けるようになり、世襲制のもとで一定の領域に対して支配力を行使するようになった。ただし、その領域的支配は封建的な人的関係に依存するものであった。領邦 フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル城

    ハビエル城から見た城

    ハビエル城 ()またはシャビエル城 ()は、スペイン・ナバーラ州にある。日本では聖人の一般的な呼称に因んでザビエル城やサビエル城と呼ばれることもある。ハビエル城 フレッシュアイペディアより)

  • ローゼンボー城

    ローゼンボー城から見た城

    ローゼンボー城()は、デンマークの首都コペンハーゲンの中心部にある小さなである。デンマーク語発音に準じた日本語表記は「ローセンボー」。ローゼンボー城 フレッシュアイペディアより)

  • 雑賀城

    雑賀城から見た城

    雑賀城(さいかじょう)は戦国時代に現在の和歌山県和歌山市和歌浦中3丁目付近に存在した日本の城(丘)。妙見山城とも呼ばれた。雑賀城 フレッシュアイペディアより)

  • 九之坪城

    九之坪城から見た城

    この城は、簗田政綱が来る以前の有力者が「此壷城(このつぼじょう)」と称してこの地に建てたを改築された建物である。九之坪城 フレッシュアイペディアより)

667件中 91 - 100件表示

「日本の城」のニューストピックワード