667件中 41 - 50件表示
  • 谷川繁次

    谷川繁次から見た城

    明治元年(1868年)6月6日、新政府より命じられた奥州出兵(戊辰戦争・磐城の戦い・二本松の戦い)のため第一陣の一員となる。同月10日出陣、海路途中銚子湊(千葉県銚子市)で滞陣して同月21日平潟(茨城県北茨城市)に上陸。6月22日より関田(福島県いわき市)で大江文左衛門率いる仙台藩兵並びに平藩兵と戦う。同月24日、植田(福島県いわき市)では敵の奇襲が来る前に軍と共に関田に引揚。同月27日、薩摩藩兵・大村藩兵とともに海岸沿いの道を進軍し泉藩(福島県いわき市)攻略に加わる。同月29日、湯長谷(福島県いわき市)に着陣。同年7月13日、磐城平城攻城戦に加わり翌日落城のために入城した。同年7月25日、三春(福島県三春町)出兵に加わる。同月27日三春藩降伏のため三春に滞陣。同月28日、小浜(福島県二本松市)を出て翌29日に阿武隈川を渡河して二本松城攻略に加わった。谷川繁次 フレッシュアイペディアより)

  • 男鹿石

    男鹿石から見た城

    間知石、の石垣の復元(駿府城(静岡県)、上山城(山形県))男鹿石 フレッシュアイペディアより)

  • 本田館

    本田館から見た城

    本田館(ほんでん やかた/ほんだ やかた)は、武蔵国児玉郡北堀村(現在の埼玉県本庄市、大字北堀の字本田)の地に築かれていた武家。北堀堀の内234に堀・土塁などの跡が見られる(本庄台地上、自然堤防)。外堀の規模は不明だが、内堀は東西約80m、南北約100mほどの規模と考えられている。武蔵七党の一角を占める児玉党を構成していた本庄氏が築いたものと推定されている。本田館 フレッシュアイペディアより)

  • ラジオ・バンブーブレード〜文武両道!

    ラジオ・バンブーブレード〜文武両道!から見た城

    広橋から「大名」と付けられる。由来は、霊が見えるスタッフから阪口の背後霊が「年貢が払えなかった農民」だと言われたことと、阪口本人がを好きなため。ラジオ・バンブーブレード〜文武両道! フレッシュアイペディアより)

  • 篠山あかり

    篠山あかりから見た城

    日本のが大好きで、一部で「お城アイドル」「城ドル」と呼ばれている。篠山あかり フレッシュアイペディアより)

  • 中野城 (出羽国)

    中野城 (出羽国)から見た城

    中野城(なかのじょう)は、山形県山形市にあった日本の中野城 (出羽国) フレッシュアイペディアより)

  • 越中三大山城

    越中三大山城から見た城

    越中三大山城(えっちゅうさんだいやまじろ)は日本の越中国(富山県)にあったのうち、以下の三つを指したものである。越中三大山城 フレッシュアイペディアより)

  • ラーナック城

    ラーナック城から見た城

    ラーナック城(Larnach Castle)は、ニュージーランド南島オタゴ半島にある城、館。ニュージーランドに建造された2つののうちの1つ。同じダニーデンに建設されたカールギル城は、現在は廃墟になっており、ニュージーランド唯一の現存する城である。城は、ダニーデン市の中心からおよそ10kmの距離にある。ラーナック城 フレッシュアイペディアより)

  • ムニホヴォ・フラジシチェ

    ムニホヴォ・フラジシチェから見た城

    文献には1279年に初出。市内のムニホヴォ・フラジシチェ城(Schloss Mnichovo Hradiště)はゴシック期の要塞跡にヴァーツラフ・ブドヴェツ(Václav Budovec z Budova)が建設したルネサンス様式のを基礎とするもので、17世紀はじめにヴァルトシュタイン家の所有となり、カネヴァーレ(Canevalle)の手によってバロック様式に改築された。 ヴァルトシュタイン家の出身でイチーンで暗殺されたアルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインの遺骸は、1723年、この城内にある聖アンナ礼拝堂に移された。ムニホヴォ・フラジシチェ フレッシュアイペディアより)

  • キキア

    キキアから見た城壁城

    スリリの跡を継いでアッシリア王となった。中アッシリア王国時代の王アッシュール・リム・ニシェシュの碑文では初めてアッシュール市の城壁を造営した王として称えられている。だがそれが史実であるのかどうか確認はされていない。死後アキアが王位を継いだ。先王、次王との間の関係が王名表に記されておらず、血縁関係であったのかわかっていない。キキア フレッシュアイペディアより)

667件中 41 - 50件表示

「日本の城」のニューストピックワード