667件中 51 - 60件表示
  • ムルス・ダキクス

    ムルス・ダキクスから見た城壁城

    ムルス・ダキクス(ラテン語 : Murus Dacicus, 「ダキア人の城壁」)は、ローマ帝国征服以前にダキア王国で発達した城壁や要塞の構築理論である。それは、従来のダキア人の伝統的建築理論と、ギリシャ・ローマ建築や石工術から輸入された理論を混成させたものである。それは、それ以前にも、その時代にも、後代にも幾分似通った建築技術はあるものの、ムルス・ダキクスを独特のものとならしめている要素はある。ムルス・ダキクス フレッシュアイペディアより)

  • トッレキアーラ城

    トッレキアーラ城から見た城

    トッレキアーラ城 (Torrechiara) は、イタリア共和国エミリア=ロマーニャ州パルマ県のランギラーノにある。Pier Maria II de' Rossiにより15世紀に建てられたこの城は、このエミリア地方で最も保存が良い城のひとつとして知られる。トッレキアーラ城 フレッシュアイペディアより)

  • 奥

    から見た城館城

    江戸時代の将軍や大名の城館において妻妾が住む所。将軍の奥は大奥を参照 フレッシュアイペディアより)

  • ザントライユ城

    ザントライユ城から見た城

    ザントライユ城(Château de Xaintrailles)はフランスのロット=エ=ガロンヌ県ザントライユ(Xaintrailles)にあるである。ザントライユ城 フレッシュアイペディアより)

  • 地下聖堂

    地下聖堂から見た城

    地下聖堂(ちかせいどう、crypt)は教会堂やの床下に作られる、石造りの部屋あるいは貯蔵室である。Crypt という名称はラテン語の crypta、ギリシャ語の kryptē に由来する。礼拝堂や納骨所として利用されるのが普通で、聖人や高位の聖職者など、高貴な人物の石棺・棺・遺物などが納められている。場合によっては、通常の聖堂と同様の用途・形態をとる聖堂が、地下に位置しているだけの事から「地下聖堂」と呼ばれる事がある。地下聖堂 フレッシュアイペディアより)

  • 城の原則

    城の原則から見た城

    城の原則()は、コモン・ローに根拠をもつアメリカの刑法上の原則のことである。これにおいては,住宅等をに見立て、侵入者に対してなした防衛行為は、侵入者の死亡という結果におわっても、あるいは補充性の要件を求めないという点に於いて特色がある。城の原則 フレッシュアイペディアより)

  • 南畑村 (埼玉県)

    南畑村 (埼玉県)から見た城

    鎌倉時代には難波田(なんばた)といわれていた所で、戦国時代まで難波田城というがあった。現在、下南畑には難波田城公園がある。南畑村 (埼玉県) フレッシュアイペディアより)

  • ヌーシャテル城

    ヌーシャテル城から見た城

    ヌーシャテル城(Château de Neuchâtel)は、スイス・ヌーシャテル州の州都であるヌーシャテルにあるヌーシャテル城 フレッシュアイペディアより)

  • 雨山

    雨山から見た城

    南北朝時代には山城があったことが確認されており、現在でも当時の城跡を確認することも可能である。この城は雨山城と呼ばれており、紀州と泉州の間を結ぶ粉河街道(現在の大阪府道・和歌山県道62号泉佐野打田線)をおさえる山城として南朝方、北朝方双方いずれにも戦略上重要なであった為、北朝と南朝の間で争奪戦が繰り広げられた。現在も月見亭・千畳敷・的場・馬場跡と呼ばれる場所が残っている。雨山 フレッシュアイペディアより)

  • カラット・サラーフ・アッディーン

    カラット・サラーフ・アッディーンから見た城

    カルアト・サラーフ・アッディーン(アラビア語: Qal'at Salah El-Din、旧名ソーヌ Saone、別名サラディン城)は、シリアに築かれた十字軍時代の代表的な。シリアの港湾都市ラタキアの30km東の山中にあり、二つの深い渓谷に挟まれた峰の上に建ち、森に囲まれている。城の名は、1188年にこの城を十字軍から奪ったムスリムの武将サラーフッディーン(サラディン)にちなんでいる。2006年にクラック・デ・シュヴァリエと共に世界遺産に登録された。カラット・サラーフ・アッディーン フレッシュアイペディアより)

667件中 51 - 60件表示

「日本の城」のニューストピックワード