187件中 91 - 100件表示
  • 城

    から見たチャシ

    北海道では城(しろ)にあたるものとして砦(チャシ)が挙げられる。これはアイヌが築いたもので、北海道の各地に存在する。基本的に城砦として使用され、アイヌ間の抗争や対和人、対ウィルタにも利用された。儀式等に用いられることもあり、機能は一概には言えない。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見たクラク・デ・シュバリエ

    12世紀の十字軍の時代には、中東におけるビザンティン、アラブの技術を取り入れ、築城技術に革新的変化がみられた。コンセントリック(集中)型と呼ばれる城は、外壁の内側にさらに内壁を加え、天守から同心円状に2重以上の壁をはりめぐらせ、内側に行く程、壁を高くして、外壁を破られても内側の防御が有利になるよう工夫されている。また、壁は厚くなり、塔はより衝撃に強い円筒型になった。代表的なものにクラク・デ・シュバリエ城、ガイヤール城がある。(図e クラク・デ・シュバリエ参照) フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た大東亜戦争

    明治時代に入ると、各地の城郭は、1873年(明治6年)に布告された廃城令による破却や管理放棄に伴う焼失、更には大日本帝国陸軍による資材の接収による崩壊などが進んだ。城跡には引き続き役所が置かれたり、新たに公園や神社が設置されたことが多かったが、主要都市ではほぼすべての城跡に大日本帝国陸軍が駐屯した。それら駐屯地となった城跡は、大東亜戦争中に米軍の標的とされ、空襲や原子爆弾等により、名古屋城、岡山城、和歌山城、広島城などの戦前に国宝(現在の重要文化財に相当)として指定されていた天守や櫓、門など、多くの現存していた江戸時代以前の城郭建築が損失した。現在は、姫路城や高知城などの12城の天守(現存12天守)や、大坂城や名古屋城などに一部の櫓や門などが現存する。また、城郭の門や櫓などは、天守に比べれば、火災や戦災を免れて残存しているものが多く、ほとんどが重要文化財に指定されている。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た洲本城

    昭和の戦前より城郭建築の復興事業、特に天守の建設が行われ、洲本城や上野城などに模擬天守、大坂城には復興天守が建てられた。昭和戦後も、昭和29年(1954年)の富山城模擬天守建設以降、「天守閣復興ブーム」や「お城復興ブーム」などと呼ばれる昭和30年代、同40年代を中心に、主に天守の復興が多く行われたが、竹下政権のふるさと創生事業が実施された1988年以降には文化庁などの方針によって史跡での再建行為が忠実なものであることが求められるようになると、平成2年(1990年)の白河小峰城三重櫓の木造復元以降は、資料に基づいた木造での復元や復興が原則となった。また、掛川城天守、熊本城の城郭建築群、篠山城大書院など、資料に基づく復元事業が行われ、この時期を「平成の復興ブーム」や「第2次復興ブーム」など呼んでいる。この時期では、天守に限らず、櫓や城門、御殿、土塁、石垣などの復元、また出土した中世・戦国の城郭を再現した事例がある。しかし、伝統的な技法での復元工事では、建築基準法や消防法等に抵触するため、門や櫓は人の立ち入りが制限されたり、天守に至っては高さや防災上の規制により建築自体ができないなどのジレンマもあったため、近代的な技法を一部導入したり、仙台城の三重櫓のように再建計画自体が断念される事例もある。復元された建物内部は、概ね郷土博物館や歴史資料館として一般開放されていることが多い。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た銃眼

    Image:Deshengmen.JPG|北京城徳勝門甕城の箭楼。多数開いた窓は銃眼 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た稜堡式

    ところで、江戸時代に存在した陣屋と呼ばれる施設や、幕末に外国船への対策として日本各地に築かれた台場や砲台も城の一種である。また、大砲戦に対応した西洋式築城の影響を受けて、五稜郭など稜堡式要塞の影響を受けて築城された城もいくつか存在するが、五稜郭以外は、工期・予算を大幅に短縮又は圧縮されてとても実戦に耐えうるものではないもの、廃藩置県により工事が中止になったものがほとんどである。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見たイギリス

    しかし、大砲、銃が使われ出すと、火薬を使った銃弾の威力は高さの優位を減少させ、大砲により高いが比較的薄い壁は容易に打ち壊されるようになった。このため要塞と城の機能は分離されるようになり、要塞は高さより、厚さを重視するものになり、永久要塞としては星型(稜堡式)要塞が、野戦要塞としては塹壕が主流となった。一方、城は防衛機能より居住性や壮大さや豪華さを重視した、優雅で窓の多いものが作られるようになる。フランス語のシャトー(château、複数形châteaux)は日本語で城と訳されているが、荘園主によるものは城郭というよりはイギリス・アイルランドにおけるマナー・ハウスに相当する。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た食品

    城(しろ)とは、敵に攻め込まれた際の防衛拠点として設けられた構造物。戦闘拠点であるとともに、食糧や武器や資金の集積場所でもある。主要な城は指揮官の居所であり、政治や情報の拠点であった。純防衛用として山地に建築されることも多いが、街道や河川などの交通の要衝を抑え利用することも多い。城郭ともいう。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た漆喰

    塀は曲輪内を仕切るほか、防御の目的で石垣・土塁の上にも築かれた。中世には土塀・板塀・塗込塀などが、近世には防火のため、漆喰塀・海鼠塀が用いられた。塀や櫓には矢・弾丸などを射出するための小窓が設けられ、これを狭間(さま・はざま)といった。その窓の形により丸狭間・菱形狭間・将棋駒形狭間・鎬狭間・箱狭間などと呼ばれ、塀の下の石垣の最上部に切込みを入れるようにあけられた石狭間もあった。その用途によって矢狭間・鉄砲狭間・大砲狭間などと呼ばれた。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た戦国大名

    現在の城のイメージの中心となる石垣、天守や櫓などの形式は、室町末期以降、特に松永久秀が多聞山城や信貴山城を築城した前後や織田信長が安土城を築城した前後の時代に発生したと考えられている。その後豊臣秀吉により大坂城や伏見城などが築かれ、天守に石垣、枡形や馬出しを備えた城門といった一般的イメージでの「城」が完成し、日本の城郭文化は栄華を極めた。この形式の城郭を歴史学上、織豊系城郭と呼ぶ。織豊系城郭は全国的に作られたわけではなく、その名称のように織田信長、豊臣秀吉麾下の諸大名が主に建設した。東北や関東、四国、九州の戦国大名達は各地の実情にあわせた城郭を築いている。豊臣、徳川政権は各地の大名に天下普請として自己の城郭建設を積極的に請け負わせた。このことにより、織豊系城郭の手法が広まり、一部取り入れた折衷型城郭に移行したりしている。また、地方に配置された譜代大名が純粋な織豊系城郭を建設する例も多く見られる。 フレッシュアイペディアより)

187件中 91 - 100件表示

「日本の城」のニューストピックワード