187件中 21 - 30件表示
  • 城

    から見たガイウス・ユリウス・カエサル

    中近東を含めた地域では文明が興り都市が形成されるとその周囲に城壁を巡らしていたが、これは街の防護と戦時の拠点とするためだった。こうした様相は当時文明の中心であった地中海周辺ばかりでなく、例えばガイウス・ユリウス・カエサルの『ガリア戦記』には険阻な地形に築かれたガリア人の都市を攻略する様子が度々登場するように広く見られるものである。また一時的なものであるが、ローマ軍などは進軍した先で十分な防御能力を備えた陣地を構築しており、これも城の一種と見ることもできる。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見たサクラ

    財団法人日本城郭協会が、昭和49年度(1974年度)の事業として4月6日を「城の日」と定めた。平成4年(1992年)に全国的な普及キャンペーンを行い、現在では各地の城でも天守の無料開放などの行事を行うことが多くなっている。この日は、多くの城でが咲く頃でもある。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た姫路市

    姫路市は4月6日を「しろの日」と定めている。1990年から姫路城を中心としたイベント(姫路城でのイベント)を行い、通常は公開されていない櫓の内部の公開などをしている。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た広島城

    明治時代に入ると、各地の城郭は、1873年(明治6年)に布告された廃城令による破却や管理放棄に伴う焼失、更には大日本帝国陸軍による資材の接収による崩壊などが進んだ。城跡には引き続き役所が置かれたり、新たに公園や神社が設置されたことが多かったが、主要都市ではほぼすべての城跡に大日本帝国陸軍が駐屯した。それら駐屯地となった城跡は、大東亜戦争中に米軍の標的とされ、空襲や原子爆弾等により、名古屋城、岡山城、和歌山城、広島城などの戦前に国宝(現在の重要文化財に相当)として指定されていた天守や櫓、門など、多くの現存していた江戸時代以前の城郭建築が損失した。現在は、姫路城や高知城などの12城の天守(現存12天守)や、大坂城や名古屋城などに一部の櫓や門などが現存する。また、城郭の門や櫓などは、天守に比べれば、火災や戦災を免れて残存しているものが多く、ほとんどが重要文化財に指定されている。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た熊本城

    堀や土塁・石垣で囲まれた区画を曲輪・郭(くるわ)といい、城はこの曲輪をいくつも連ねることで成り立っていた。江戸時代には丸(まる)ともいわれた。防御の中心となる曲輪は本丸(=本曲輪・主郭)であり、他に二の丸・三の丸が設けられることが多かった。城によっては、櫓曲輪・水手曲輪・天守曲輪・西の丸(大名の隠居所)などが設けられることもあった。馬出(うまだし)が大規模化したものを馬出曲輪、ある城に隣接している独立性の高い曲輪は出曲輪・出郭(でぐるわ)、出丸(でまる)という。大坂の役の真田丸や熊本城の西出丸といったものがある。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た山城国

    しかし、延暦13年(794年)11月15日に“やましろ”と訓じられていた山背国が山城国に改名されると、「山城」という語を“やましろ”と読むようになる。その後、山に城を造って領国を守る時代が訪れ、中世後期には「城」は“しろ”と読まれた。文明6年(1474年)の『文明本節用集』には、「城」に“シロ”の訓がある。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見たエドワード1世 (イングランド王)

    コンセントリック型をさらに発展させたのが、13世紀のエドワード式でイングランドのエドワード1世がウェールズ支配のために多く築かせた。城門の守備塔(ゲートハウス)が従来の天守の機能を有するようになった。(図f ハーレック城参照) フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た西日本

    名称の由来は、仏教の多聞天、梵天、帝釈天(=天主)を祀ったところから命名されたものという説、城主の館を「殿主」「殿守」といったところから来たという説などがある。しかも、天守の文献上の初見は、摂津伊丹城とするものや松永久秀の大和多聞山城とするもの、また、織田信長の安土城の天主とするものなどの説があり、起源については未だに十分解明されていない。多様な形式・形状の天守が築かれたが、築城のピークは関ヶ原の戦い前後で、特に西日本には姫路城天守のように高さ20メートル前後から30メートル前後のものが築かれたのも特徴である。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た大宰府

    現在では「城」という字を訓で“しろ”と読むが、かつては“しろ”という大和言葉は存在しなかったと思われる。古代から中世初期までは、「城」のほかに「柵」という字も用い、ともに“き”と呼ばれていた(→城 (き))。たとえば、大宰府のそばにある大野城は“おおののき”であり、山形県の出羽柵は“いではのき”であった。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た室町時代

    現在の城のイメージの中心となる石垣、天守や櫓などの形式は、室町末期以降、特に松永久秀が多聞山城や信貴山城を築城した前後や織田信長が安土城を築城した前後の時代に発生したと考えられている。その後豊臣秀吉により大坂城や伏見城などが築かれ、天守に石垣、枡形や馬出しを備えた城門といった一般的イメージでの「城」が完成し、日本の城郭文化は栄華を極めた。この形式の城郭を歴史学上、織豊系城郭と呼ぶ。織豊系城郭は全国的に作られたわけではなく、その名称のように織田信長、豊臣秀吉麾下の諸大名が主に建設した。東北や関東、四国、九州の戦国大名達は各地の実情にあわせた城郭を築いている。豊臣、徳川政権は各地の大名に天下普請として自己の城郭建設を積極的に請け負わせた。このことにより、織豊系城郭の手法が広まり、一部取り入れた折衷型城郭に移行したりしている。また、地方に配置された譜代大名が純粋な織豊系城郭を建設する例も多く見られる。 フレッシュアイペディアより)

187件中 21 - 30件表示

「日本の城」のニューストピックワード