187件中 61 - 70件表示
  • 城

    から見た橋頭堡

    城の出入口を、虎口(こぐち)という。大抵は曲げられて造られることが多く、城門や虎口の正面に蔀(しとみ)や芎(かざし)と呼ばれる土塁を設けてまっすぐ進めなくすることもある。城の正面(近世城郭では通常は南)の虎口には大手門・追手門(おおてもん)、裏の虎口には搦手門(からめてもん)が構えられた。虎口は城兵の出入り口であるとともに、敵の侵入口にもなるため特に厳重に防備が固められた。虎口に塁壁で四角形の空間を形成して門を2重に構えたものを桝形虎口(ますがたこぐち)という。虎口の外側にある堀の対岸に、橋頭堡としてさらに堀で囲まれた小さな曲輪を造ることがあり、これを馬出(うまだし)といった。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た幕府

    江戸時代になり、一国一城令が発令されたため、原則一大名家に付き一城を残し多くの城は破却された。破却された城の多くは、中世的な山城であった。各大名は近世的な支配秩序を確立するために、積極的に家臣達の城を破却し、己の城下に集住させた。城は軍事拠点との意味付けより、政治の拠点、領主の権威と権力の象徴、地域のランドマークとしての意味が強くなる。さらに、家臣たちを集住させ、領国の経済拠点として商工人も集住させ、近世的な城下町が成立する。現在、城下町と呼ばれているところの多くが慶長年間に成立しているのも、この流れによるものである。近世城郭の多くも慶長年間に建設された。しかし、城や天守などが火災などで焼失することが多かったが、多くの藩は次第に財政難に陥ったり、武家諸法度などの幕府による締め付けもあって再建が許された例は数少ない。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た

    江戸時代になり、一国一城令が発令されたため、原則一大名家に付き一城を残し多くの城は破却された。破却された城の多くは、中世的な山城であった。各大名は近世的な支配秩序を確立するために、積極的に家臣達の城を破却し、己の城下に集住させた。城は軍事拠点との意味付けより、政治の拠点、領主の権威と権力の象徴、地域のランドマークとしての意味が強くなる。さらに、家臣たちを集住させ、領国の経済拠点として商工人も集住させ、近世的な城下町が成立する。現在、城下町と呼ばれているところの多くが慶長年間に成立しているのも、この流れによるものである。近世城郭の多くも慶長年間に建設された。しかし、城や天守などが火災などで焼失することが多かったが、多くのは次第に財政難に陥ったり、武家諸法度などの幕府による締め付けもあって再建が許された例は数少ない。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た武士

    中世の日本では、武士の平時の居住地への防護と、戦時に険阻な山に拠る際の防護と、2つの必要から城が発達した。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た廃藩置県

    ところで、江戸時代に存在した陣屋と呼ばれる施設や、幕末に外国船への対策として日本各地に築かれた台場や砲台も城の一種である。また、大砲戦に対応した西洋式築城の影響を受けて、五稜郭など稜堡式要塞の影響を受けて築城された城もいくつか存在するが、五稜郭以外は、工期・予算を大幅に短縮又は圧縮されてとても実戦に耐えうるものではないもの、廃藩置県により工事が中止になったものがほとんどである。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た和歌山城

    明治時代に入ると、各地の城郭は、1873年(明治6年)に布告された廃城令による破却や管理放棄に伴う焼失、更には大日本帝国陸軍による資材の接収による崩壊などが進んだ。城跡には引き続き役所が置かれたり、新たに公園や神社が設置されたことが多かったが、主要都市ではほぼすべての城跡に大日本帝国陸軍が駐屯した。それら駐屯地となった城跡は、大東亜戦争中に米軍の標的とされ、空襲や原子爆弾等により、名古屋城、岡山城、和歌山城、広島城などの戦前に国宝(現在の重要文化財に相当)として指定されていた天守や櫓、門など、多くの現存していた江戸時代以前の城郭建築が損失した。現在は、姫路城や高知城などの12城の天守(現存12天守)や、大坂城や名古屋城などに一部の櫓や門などが現存する。また、城郭の門や櫓などは、天守に比べれば、火災や戦災を免れて残存しているものが多く、ほとんどが重要文化財に指定されている。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た晋州城攻防戦

    朝鮮半島の城は、朝鮮固有の形式である山城の他に中国の影響を強く受けた都市城壁を持つ邑城(ウプソン)の2形式があるが時代が下るとともに邑城へと移行した。しかし山がちな地勢上、完全な邑城は少なく山城との折衷形式のものが多く見られる。文禄・慶長の役で日本軍の攻囲に耐えた延安城、また一旦は日本軍の攻撃を退けた晋州城はその折衷形式のものである。現在の韓国水原市にある水原城は、李氏朝鮮の独自性を狙った造りだともいわれる。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た戦闘

    城(しろ)とは、敵に攻め込まれた際の防衛拠点として設けられた構造物。戦闘拠点であるとともに、食糧や武器や資金の集積場所でもある。主要な城は指揮官の居所であり、政治や情報の拠点であった。純防衛用として山地に建築されることも多いが、街道や河川などの交通の要衝を抑え利用することも多い。城郭ともいう。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た弥生時代

    弥生時代の日本には、集落に濠をめぐらせた環濠集落や山などの高いところにつくられた要塞集落である高地性集落が数多く存在したが、政治的統一が進むにつれて衰退した。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見たノルマン・コンクエスト

    多くは木造の簡易なもので、代表的な形態がモット・アンド・ベーリー型である(図a 参照)。平地や丘陵地域の周辺の土を掘りだして、濠(空濠が多かった)を形成し、その土で小山と岡を盛り上げた。小山は粘土で固めてその頂上に木造または石造の塔(天守)を作り、岡を木造の外壁で囲んで、貯蔵所、住居などの城の施設を作るものである。これは非常に簡単に建築でき、十分な人数が有れば8日間で建築した例もある。フランス西部で多く使われていたが、ノルマン征服によりイングランド全土に建設された。 フレッシュアイペディアより)

187件中 61 - 70件表示

「日本の城」のニューストピックワード