187件中 71 - 80件表示
  • 城

    から見た富山城

    昭和の戦前より城郭建築の復興事業、特に天守の建設が行われ、洲本城や上野城などに模擬天守、大坂城には復興天守が建てられた。昭和戦後も、昭和29年(1954年)の富山城模擬天守建設以降、「天守閣復興ブーム」や「お城復興ブーム」などと呼ばれる昭和30年代、同40年代を中心に、主に天守の復興が多く行われたが、竹下政権のふるさと創生事業が実施された1988年以降には文化庁などの方針によって史跡での再建行為が忠実なものであることが求められるようになると、平成2年(1990年)の白河小峰城三重櫓の木造復元以降は、資料に基づいた木造での復元や復興が原則となった。また、掛川城天守、熊本城の城郭建築群、篠山城大書院など、資料に基づく復元事業が行われ、この時期を「平成の復興ブーム」や「第2次復興ブーム」など呼んでいる。この時期では、天守に限らず、櫓や城門、御殿、土塁、石垣などの復元、また出土した中世・戦国の城郭を再現した事例がある。しかし、伝統的な技法での復元工事では、建築基準法や消防法等に抵触するため、門や櫓は人の立ち入りが制限されたり、天守に至っては高さや防災上の規制により建築自体ができないなどのジレンマもあったため、近代的な技法を一部導入したり、仙台城の三重櫓のように再建計画自体が断念される事例もある。復元された建物内部は、概ね郷土博物館や歴史資料館として一般開放されていることが多い。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た中華人民共和国

    中華人民共和国時代に入って、市域拡張のため、また近代化の妨げになるという批判もあり、ほとんどの都市では城壁は取り壊されたが、西安や平遥のように保存されている都市も多い。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た虎口

    城壁には市街に出入りするための城門が設けられていた。石造りの土台をくり抜き、トンネル状として(これを「闕(けつ)」という)その上部に木造重層の楼閣が建てられ、その上には門の名称を記した「扁額」が掲げられた。城門はその多くが二重構造となっており、城門の手前に敵を食い止める目的で半円形の小郭が設けられていた。これは「甕城(おうじょう)」と呼ばれ、洋の東西を問わず普遍的に見られる防御構造であり、日本城郭では「枡形」がこれに相当する。外敵が城内に攻め入るためにはまず、この甕城で足止めされることになるため、城兵は城壁や箭楼(甕城に設けられた櫓)から銃撃をしかけることができた。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た攻城戦

    城塞の技術は、15世紀 - 16世紀の火薬、大砲、銃の活躍によって大きく変化した。有史以来の防護設備、砦、城、要塞の基本は壁と塔であった。壁により敵の侵入を防ぎながら、塔から高さを生かした攻撃を行うもので、重力を利用すれば、弓矢の威力は増し、単なる石や丸太も武器と化すことができた。攻撃側は、壁を壊すための器具を工夫したが、いずれも大がかりで時間のかかるもので、守備側の優位は堅かった。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た訓読み

    現在では「城」という字をで“しろ”と読むが、かつては“しろ”という大和言葉は存在しなかったと思われる。古代から中世初期までは、「城」のほかに「柵」という字も用い、ともに“き”と呼ばれていた(→城 (き))。たとえば、大宰府のそばにある大野城は“おおののき”であり、山形県の出羽柵は“いではのき”であった。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見たロマンティック街道

    現存する城は、戦闘時や城主の居住に供されるだけでなく、権勢を誇示するために意匠を凝らして建てたものも多く残るため、地方の観光資源になっているものが多い。フランスにおけるロワールの古城めぐり、ドイツにおけるロマンティック街道は城が観光資源となっている例である。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た信貴山城

    現在の城のイメージの中心となる石垣、天守や櫓などの形式は、室町末期以降、特に松永久秀が多聞山城や信貴山城を築城した前後や織田信長が安土城を築城した前後の時代に発生したと考えられている。その後豊臣秀吉により大坂城や伏見城などが築かれ、天守に石垣、枡形や馬出しを備えた城門といった一般的イメージでの「城」が完成し、日本の城郭文化は栄華を極めた。この形式の城郭を歴史学上、織豊系城郭と呼ぶ。織豊系城郭は全国的に作られたわけではなく、その名称のように織田信長、豊臣秀吉麾下の諸大名が主に建設した。東北や関東、四国、九州の戦国大名達は各地の実情にあわせた城郭を築いている。豊臣、徳川政権は各地の大名に天下普請として自己の城郭建設を積極的に請け負わせた。このことにより、織豊系城郭の手法が広まり、一部取り入れた折衷型城郭に移行したりしている。また、地方に配置された譜代大名が純粋な織豊系城郭を建設する例も多く見られる。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た奄美群島

    沖縄県や奄美群島では、城(しろ)にあたるものとしてグスクが挙げられる。起源については聖域説や集落説など様々な説がある。内部には御嶽とよばれる聖域があるものも多い。知念森城(ちねんもりぐすく)は沖縄の歌集『おもろさうし』に神が初めに現れた城として登場する。建物や遺跡の復元整備が進められている首里城(しゅりぐすく、しゅりじょう)は、現存するものでは最大規模の遺構であり、中城(なかぐすく)や今帰仁城(なきじんぐすく)とともに世界文化遺産に登録されている。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た竹下内閣

    昭和の戦前より城郭建築の復興事業、特に天守の建設が行われ、洲本城や上野城などに模擬天守、大坂城には復興天守が建てられた。昭和戦後も、昭和29年(1954年)の富山城模擬天守建設以降、「天守閣復興ブーム」や「お城復興ブーム」などと呼ばれる昭和30年代、同40年代を中心に、主に天守の復興が多く行われたが、竹下政権のふるさと創生事業が実施された1988年以降には文化庁などの方針によって史跡での再建行為が忠実なものであることが求められるようになると、平成2年(1990年)の白河小峰城三重櫓の木造復元以降は、資料に基づいた木造での復元や復興が原則となった。また、掛川城天守、熊本城の城郭建築群、篠山城大書院など、資料に基づく復元事業が行われ、この時期を「平成の復興ブーム」や「第2次復興ブーム」など呼んでいる。この時期では、天守に限らず、櫓や城門、御殿、土塁、石垣などの復元、また出土した中世・戦国の城郭を再現した事例がある。しかし、伝統的な技法での復元工事では、建築基準法や消防法等に抵触するため、門や櫓は人の立ち入りが制限されたり、天守に至っては高さや防災上の規制により建築自体ができないなどのジレンマもあったため、近代的な技法を一部導入したり、仙台城の三重櫓のように再建計画自体が断念される事例もある。復元された建物内部は、概ね郷土博物館や歴史資料館として一般開放されていることが多い。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た

    城(しろ)とは、敵に攻め込まれた際の防衛拠点として設けられた構造物。戦闘拠点であるとともに、食糧や武器や資金の集積場所でもある。主要な城は指揮官の居所であり、政治や情報の拠点であった。純防衛用として山地に建築されることも多いが、街道や河川などの交通の要衝を抑え利用することも多い。城郭ともいう。 フレッシュアイペディアより)

187件中 71 - 80件表示

「日本の城」のニューストピックワード